これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

先取りビジネストレンド

06/12
2017

tre1

SFベイエリアから観た“アンバランス”

いま、サンフランシスコで不動産価格が上昇し続けている。
と同時に、スタートアップ企業や名だたるIT企業が
次々とサンフランシスコに集結しているんだとか。
なぜイノベーションの機運が
かの地で高まっているのだろうか…!?

その答えを確かめるため、
毎年恒例の海外研修ツアーとして、
今年はサンフランシスコを訪ねてきたのだ!

サンフランシスコでは1LDKの家賃は
5年で20万円から40万円、実に2倍に高騰した。
1戸建てだと、中古でも1億円超えがざらだという。

サンフランシスコでは年収20万ドル
(日本円にしておよそ2200万円)を超える人たちが
大勢集まってきているのが、この不動産価格上昇の背景なんだとか。
もっとびっくりしたのが、
ベイエリア周辺のIT企業の初任給が、なんと年収1200万円!

…と、これがイノベーションの最先端
サンフランシスコ、ベイエリアの現状なわけだが、
ここで気付いたのが、世界にまん延するアンバランスさだ。

これまでビジ達で“Think Global, Act Local”
(地球的規模で考え、地域で行動せよ)、
そして“Think Long range, Act Tomorrow”
(ロングレンジでものごとをとらえ、明日の行動を考える)
というキーワードをご紹介してきたが、
この状況は、地球規模で考えてもロングレンジの時間軸で考えても
あまりにアンバランスではないだろうか。

地球規模ではごく狭い一地域のサンフランシスコに、
数々の巨大なIT企業が本社を置いている。
そこでは最先端の情報や優れた人材が集結し、
“未来の効率”が日々創り出されている。

一方、同じアメリカ国内においてさえ
仕事がなく、生活が立ち行かないほどの貧困地域もある。
ましてやアメリカ以外の国と比較すれば、その差はさらに大きくなる。

このようなビジネス・生産力・国力のアンバランスさは、
「地球規模」で考えると格差を助長し、
やがて不公平感が世界全体に広まることになるだろう。

そしていま年収2000万円の高給取りたち。
「ロングレンジな時間軸」で考えると、
これを長く継続することは難しく、肉体的にも精神的にも
不健康なアンバランス状態となることは間違いないだろう。

そう、まさに人類全体がアンバランスとなっており、
地球規模で“病気状態”になっていると思えてならない。
今回の海外研修で、やはり海外に身を置くことで
地球規模で物事が観えて、自分たちを、
日本を客観的に観ることができると実感したのだった!

tre1

facebook本社にて

tre2

Apple本社にてパチリ

tre3

こちらはGoogle本社のロビー

tre4

ロングレンジな視点で見てみよう

ページTOPへ