これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

先取りビジネストレンド

04/15
2013

trend (3)

新パラダイムシフト15(いちごー)

「時代の価値観は75年周期で大きく変わる」。
私はこの法則を “パラダイムシフト75” と名付け、
これまでのビジ達でも何度もお話させていただいた。

さて、そんな“パラダイムシフト75”だが、さらに細かく15年周期で
切り分けてみると、経済動向における時代の転換期を割り出すことができる。
それが“新パラダイムシフト15(いちごー)”だ。

できれば、図表をご覧いただきたいのだが…。
(Webマガジン『ビジネスの達人』にて公開中!)
75年周期としても、15年周期としても、今まさに新たな時代への
転換期を迎えようとしていることをお分りいただけるだろう。

では、これからどんな時代に突入していくのだろうか。
私は次の15年を、“ヒューマン経済・良知の発現時代” と名付けている。

今までは、即物的なお金やモノを優先し、安さや利便性、
効率性を重視する経済が主流の時代だった。

しかしこれからは、人と人との結びつき(絆)を重視する経済、
“心の満足度”が価値を持つ、より人間的な経済へと
移り変わっていくだろうと思うのだ。

つまり、「あの人だから買いたい!」、
「あの店だから買いたい!」というように、
生活者が“絆”や、その“信頼感”を基に
商品を選ぶ時代になるということだ。

そんな時代の兆候は、少し前にビジ達でもご紹介した
『Mart』という主婦向けの生活情報誌からも垣間見ることができる。
『Mart』は、「心の豊かさ」という観点から
商品に新たな価値を見出す、今注目の情報誌だ。

これまでは、お金をかけた派手な装飾、量の多さ、低価格化、
あるいは利便性の追求、といった商品の訴求方法が一般的だった。

しかし『Mart』では、「もっと生活を遊んじゃおう!」と題して、
料理、メイク、ファッション、インテリアなど、
日常で接する生活物にちょっとしたアイディアや専門性を加えることで、
生活者の心の満足を演出しているのだ。

あまりお金をかけずに時間と手間をかけ、
アイディアをもって新たな価値を生み出すといったスタイルは、
まさに私が考えるこれからの経済の在り方である。

紙媒体が衰退の一途を辿る現代において、20万部以上を発行し、
読者を獲得し続けている『Mart』。
より生活者に近い“読者会員”を様々なかたちで活かした誌面展開も、
多くの読者の共感を呼ぶ理由なのだろう。

人と人の絆や、心の満足度が価値を持つ時代が、もうすでにやってきている。
当然、今後のビジネスの在り方も、
その価値観の変化に合わせて変えていかなければならない。

trend (1)

75年周期の大転換

trend (2)

心の豊さを育てる今注目の情報誌

trend (3)

これぞ、新パラダイムシフト15(イチゴ)だ!

ページTOPへ