これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

先取りビジネストレンド

06/10
2013

trend (3)

ニューヨークでの“センス体験”

大都市を行き交う人々のファッション、店の雰囲気…。
ん~やっぱりセンスあるねぇ。

私が今いるのはニューヨークのマンハッタン。
そう、ここには“センス”がある。

街歩く人の着こなしや髪型、店の雰囲気だったり…
様々なものから時代の先端を感じるのだ。
それは、ニューヨークが、多民族・多文化が混ざり合った
独特の都市だからなのかもしれない。

これで5度目(?)となるニューヨーク訪問だが、
今回も私の好きなSOHO地区にはもちろん行ってきた。

SOHO地区はメジャーブランドのコンセプト店舗が並び、
オシャレなカフェが点在する。

五番街もブランドショップが多く有名だが、
どちらかというとコンサバ的で、オーソドックスな展示と言えるだろう。

対してSOHO地区に並んでいるブランドショップは、
コンセプトを大切にしていることもあり、商品の並べ方や演出の仕方、
室内設計にまで斬新なものが多く目につく。

同じブランドでも、見せ方に工夫をこらし、
より現代的な展示をしているところにセンスを感じさせてくれるのだ。

ここで私が向かったのは行きつけのカフェ「DELICATESSEN」
(ははっ、行きつけと言うほど来ちゃいないのだが…)。

スタイリッシュな外観で、内装は温もりのある木材をベースに、
洗練されたモダンなインテリアが
居心地の良さと大都会の刺激を演出してくれる。

中に入ると、思い思いのファッションに身を包んだカップルや
女性同士のお客さまが、テーブルで食事と会話を楽しんでいる。
空間とお客さまがいいハーモニーを醸し出し、
より一層お店のオシャレさを高めてくれるのだ。

これは、店の内装だけでなく、どのような人たちに来店して
笑顔をつくって欲しいかを想定して
設計されているからだ(私もこの店に似合う客の1人になったかも?)。

また、以前から気になっていた、
大型グルメマーケット「EATALY」も訪れてみた。
このイタリア・トリノに本店を持つ大型グルメマーケットには、
立ち飲みコーナーがあり、様々な人たちがワイン片手に談笑している。

ここもまた、人がそこに存在し、会話をしたり笑顔になることで、
絵になる空間を想定して設計されている。

このように、自らをブランディングし、成功を収めている店は、
内装や外装以外にも、そこに訪れる人(ファッションや笑顔)を
想定した上で時間と空間づくりを設計している。

これこそが、多くの人に選ばれる、
センスのある店づくりなのではないのだろうか。

今回見てきた様々な商業施設やファッションで感じることは、
センスのあるものを実際に見て体験することが大切だということ。

訪問し、それに触れるという“センス体験”をすることで、
自分の思考や今後の発想への刺激となり得るのだ。

ニューヨークは、訪れるたびに常にセンスある新しさを感じさせてくれる。
これからも様々な“センス体験”で
もっとクリエイティブに、そしてカッコよく!

trend (1)

思い思いの時間を楽しむ人々

trend (2)

ん~、店内の雰囲気もオシャレ!

trend (3)

ニューヨーカーで賑わうテラス席!

trend (4)

大胆な広告からも、落ち着きあるセンスを感じる

ページTOPへ