これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

先取りビジネストレンド

11/25
2013

trend (1)

圧倒! ポール・マッカートニー

  ライブ時間、2時間40分。
  ず~~っと出っぱなし!
  ず~~っと歌いっぱなし!

  先日、ポール・マッカートニーの
  東京ドーム公演に行ってきた。
  これは、そのライブでのこと。


  世界屈指のマルチプレイヤーと
  称されるポール・マッカートニー。

  ギターやピアノ、ウクレレなど
  多彩な楽器での演奏はもちろん、
  その歌声には素晴らしいの一言。

  また、「コンバンハ、TOKYO!」
  「ニホンゴ、ガンバリマス」 
  「モット聴キタイ!? TOKYO!」
  などと観客に向けて日本語を投げかけ、
  ライブ会場を盛り上げていた。

  何より驚いたのが、冒頭にもあるように、
  ライブの間はずっと
  「出っぱなし・歌いっぱなし・演奏しっぱなし」だったこと。

  2時間40分でアンコールを含め37曲(ひぇ~!)を、
  喉が枯れることなく歌い続けたのだ
  (ちなみに、私は3曲歌うともう喉は悲鳴をあげてしまう)。

  そんなポール・マッカートニーは、
  デビューから50年以上が経過。
  なんと、現在71歳だという。
  まだライブを続けなければならない理由はないはず。

  それでもなお、クオリティの高い公演を
  続けてくれるプロ意識には圧倒されるばかり。
  もう“ミッション”と捉えているのだろう。

  かなり広いライブ会場である東京ドームには、
  ステージの背景にスクリーンが設置されている。

  そこには、ポール・マッカートニーの
  表情も分かるような大きな映像ビジョンが流れるなど、
  観客が喜ぶ工夫がされていた。

  そして、ポール・マッカートニー以外の
  メンバーは4人のミュージシャンたちだけ。

  ダンサーも、その他のゲストミュージシャンも一切なし。
  それでも十二分に楽しめ、感動するライブとなったのは、
  ポール・マッカートニーの圧倒的実力とサービス精神だろう。

  ポール・マッカートニーは関係者に
  「ライブが大好き。限界も感じない」と話し、
  ステージに立つ意欲を持ち続けているという。

  6万人の観客を71歳で熱狂させる
  ポール・マッカートニーのライブを体感していると、
  ミュージシャンとしての大義さえも感じとれた。

  この年齢になっても、完成度の高い演奏と素晴らしい歌声を
  ライブで届け続けようとする姿勢は、
  まさにプロミュージシャンとしての“仕事道”と言えるだろう。

trend (1)

ようこそ、日本へ!

trend (2)

いやぁ~圧巻だった!

trend (3)

さすが、オーラが違う!

ページTOPへ