これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

先取りビジネストレンド

03/24
2014

trend1

「まなびラボ広尾」の可能性

中に入ると、大小いくつかのオフィススペースが…。
7~8人の会議室も2ヶ所、
そして大きなコワーキングスペース。
10コマくらいに分割された
レンタルオフィスも存在するのだ。

そしてユニークなのが、
映像を撮ることができる
スタジオを完備していることだ。
これにより、webを通じて
セミナーなどを配信することもできるという。

最近注目されている働き方の1つに“コワーキング”がある。
これは、さまざまな分野で独立して働く人たちが
同じ空間を「働く場所」として共有するというもの。

渋谷だけでも20軒以上もの
コワーキングオフィスが存在しているという
(中には猫がいるネコワーキングオフィスなんてのも…)。

そこで今回、渋谷区にある
コワーキングスペース「まなびラボ広尾」
を視察させていただいた。

「まなびラボ広尾」では、
利用者が共有スペースを活用したり、
またはセミナールームで成果を発表したりすることで、
他の利用者と刺激しあう
「まなび」を大切にしている。
また、それをコワーキングならぬ
コラーニング(共有ラーニング)としているそうだ。

活用例としては、
都心から離れた場所に本社がある人が
都心でのビジネスの拠点として利用したり、
起業家がビジネスの立ち上げの場所にしたりと
利用者と目的はさまざま。

また、一人で集中して仕事をする場所がほしい時に
あえてオフィスを出て使用する、
なんてこともあるようだ
(仲間の社長がよくここで仕事をしているという)。

このように、いまや大きなオフィスを構える必要はなく、
ある程度のスペースと、
連絡が取れたり作業を行える機材が揃っていれば、
仕事は十分成立するのだ。

ちなみに、「まなびラボ広尾」はオープンして間もないが、
すでにオフィスの半分以上が埋まっているという。
働く場所にこだわる時代は
過ぎ去りつつあるのかもしれない。

逆に、自社ビルをオフィスにしていることにより、
フレキシブルな行動力や発想が
出にくい原因になることもあるだろう。

これからは、それぞれ違うビジネスを展開する人達が
空間の共有を通して刺激し合い、
相乗効果を生み出す。
そんなビジネスが広がっていくのだろう。

trend1

どこかリラックスできる空間だ

trend2

ネットも使えるという

trend03

互いに刺激し合うことで相乗効果を生み出す!

trend4

動画配信もできるのだ!

trend05

“まなび”がビジネスの形なのかも?

ページTOPへ