これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

先取りビジネストレンド

06/16
2014

trend (3)

ジョニーウォーカーの革新

モルト(大麦)ウイスキーの香りを楽しみながら、一口。
そこに水を数滴だけ垂らしてからまた一口。
すると…ん~! マイルドになって美味しい!

先の海外研修ツアーで
最初に訪れた都市・エジンバラ。
この都市を選んだ最大の理由は、
スコッチウイスキー製造の現場を見たかったからだ。

そこで選ばれたのが「グレンキンチー蒸留所」。
ここでは、モルトウイスキーの
製造工程や歴史を学び、
試飲もさせていただいた
(その様子は冒頭でお伝えしたとおり)。

グレンキンチー蒸留所での
ウイスキー製造はこのように行う。

まず、酵母を入れた大麦を
ビール状態になるまで発酵させ、
2度蒸留する(ちなみにこの蒸留酒をスピリッツという)。

その後、樽に詰めて
最低8年寝かせて熟成させれば、
極上のウイスキーが完成するというわけ。

このとき、熟成のための樽は
中古樽なのだという。

そのため、アメリカから
たくさんの中古樽を仕入れているそうだ
(へぇ~、中古樽がいいんだ)。

さて、そんなプロセスによって製造される
スコッチウイスキーだが、
こんな面白い話があった。

ウイスキーといえば、世界レベルで定番なのが、
私の学生時代から有名で
あの「ストライディングマン
(闊歩する紳士のイラスト)」が
シンボライズされている
「ジョニーウォーカー(黒ラベル・赤ラベル)」。

実は、ジョニーウォーカーは、
世界にブレンドウイスキーを
広めることに貢献したお酒だという。

創始者であるジョン・ウォーカー
(本当は息子の方?)は、
紅茶をブレンドするように
ウイスキーもブレンドしてみようと考えたのだという
(その少し前までは、モルトウイスキーと
グレーン(小麦)ウイスキーのブレンドは
違法だったらしいが…)。

まさに、ウイスキーのブレンドは
ここから始まったのだ(へぇ~)。

それにしても、
ジョニーウォーカーのブレンドが発端となって、
世界のブレンドウイスキーの“あたりまえ”になり、
そのジョニーウォーカーが
現在も世界で一番売れている
ウイスキーのブランドになるとは驚きだ。

このように、それまでの常識から
新しい“あたりまえ”をつくることは容易ではない。

しかし、どの時代のどのビジネスにおいても、
新しいことに挑戦しないことには、
新しい“あたりまえ”は生まれてこない。

チャレンジするからこそ、
うまくいこうがうまくいかなかろうが、
それまでと違う環境へと前進することができるのだ。

よし、グレンキンチーのモルトウイスキーも入っている
ジョニーウォーカー黒ラベルを飲みながら、
次はどんなビジネスの挑戦をしようか考えてみるとしよう。

trend (1)

スコッチウイスキーに期待高まる!

trend (2)

土産コーナーにも興味津々

trend (3)

風情ある樽の上でご満悦

trend (4)

ウイスキーの香りが立ち込める…

trend (5)

深い歴史を持つスコッチウイスキー

trend (6)

試飲タイムが待ちきれない!

ページTOPへ