これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

先取りビジネストレンド

07/14
2014

trend (2)

日本も品格 ビジネスにも品格

他国を訪れるとき、私が欠かさずしていることがある。
それは、スーパーマーケットや書店に立ち入ること。
スーパーマーケットに行くと現地の人々の生活が見え、
書店に行くとその国の興味があるものが見えてくるのだ。

先月末の台湾研修ツアーでも、
スタッフたちがお寺で参拝(祈願?)している間に
私は1人書店へ向かった。

驚いたのは、「東京」「京阪神」「北海道」などの
文字が並んだ旅行ガイドが
所狭しと平積みされていること
(「東京下町」なんて特集も…)。

ソウルや上海、バンコクを特集したガイドもあるが、
日本を取り上げた書籍が圧倒的に多い!
フムフム、どうやら台湾の人々は日本への関心が高いらしい。

2日目の夜には、台湾の若者たちとの
交流会を開催して“生の声”を聞くことができた。

これまでは、海外を訪れた際に
注目の場所や観光スポットに行き、
ガイドさんからいろいろとお話を聞くことはあっても、
現地の人々が日本にどんな思いや印象を
抱いているのかを直に知る機会はなかなかなかった。

やはり、実際に顔を合わせて話をすると
いろいろなことが見えてくる。

彼らの祖父母の代には日本語を話せる人が多く、
さらに統治時代の日本の取り組み
(都市の建設や技術の伝承など)に感謝しているという。
どうやら、その影響で日本に興味を抱く若者が多いようだ。

交流会に訪れた若者たちは
全員が日本への留学経験者であり、
もとから日本に興味を持っている人たちであるのは確かだ。
しかし、それを抜きにしても
全体的に台湾が日本に抱いているイメージは
良好というのが私の印象。

ここで頭に浮かんだのが、
「勝って兜の尾を締めよ」という言葉。
成功したり勝ったりしたときこそ、
気を引き締めて謙虚な姿勢にならなくては!

2020年のオリンピックを控え
「お・も・て・な・し」なんて
フレーズも注目されているが、
日本への評価の高さにあぐらをかかず、
日本に来た外国人に対しても
誠意ある対応をすることが必要だ。

またビジネスにおいても、
儲けばかりを考えるのではなく、
社会への貢献をテーマにした道理に適った
ビジネスを展開することが、日本の品格に繋がる。

海外との交流が増えるであろう今後。
日本の品格を今一度復活させなくては!

trend (1)

日本は大人気!

trend (2)

漢字だとなんとなく意味がわかる

trend (3)

どこもかしこも日本特集!

trend (4)

日本の書店と見まごうくらい

trend (5) -2

充実した交流会だった

ページTOPへ