これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

先取りビジネストレンド

02/09
2015

trend (3)

ピケティ『21世紀の資本』

日本語版で700ページ以上、価格は6,000円近く!
(ヒエー!…いやいや、価格のことじゃないよ!)

そんな経済書が、いま世界的ベストセラーになっていることは、
きっとビジネスに関わる皆さんならご存知のはず。

そう、トマ・ピケティという
フランスの経済学者が書いた『21世紀の資本』のことだ。
先週のモバイルショットでも少し触れたが、
いま本屋に行くと経済書のコーナーに
この本がずらりと並んでいる。

現在の資本経済がもたらす
格差について書かれたこの本では…
というといかにも読んだみたいだけれど、
実はまだ読んでいない!(エッ??)

ただし、本を解説した書籍や雑誌、番組は
しっかりチェックしたからご安心を。

この本で取り上げる最も大きなトピックは、
「現在の資本主義は格差を拡大し、固定してしまっている」
ということだ。

ここで言う資本主義というのは、
不労所得による資本が幅を利かせている状態のこと。
たとえば、米国で上位10%の富裕層が総所得に占める割合は、
1980年に34%程度だったのに対し、
現在は50%近い水準にまで急上昇している。

戦争などの不幸な出来事は
経済的な格差を縮小する方向に傾くが、
この資本主義はその縮小分をあっという間に
取り戻してしまう勢いなのだ。

ここで不等式「r>g」が登場する。
つまり、株や不動産・債権などの投資による資本収益率=rは、
平均的労働者の所得に大きく関わる経済成長率=gを
上回り続けているというのだ。

つまり、ピケティ氏が言いたいのは、
現在の資本主義では格差の是正が望めないということ。

これまで、米国の経済学者の多くは、
「自由市場においては、
誰もが格差をなくすチャンスを持っている」と考えていた。
そこにピケティ氏の
「資本主義である限り、格差は無くならない」という本が
現れたものだからビックリ!!
たちまち大ベストセラーになったのだ。

このままでは、世界全体の格差はどんどん拡大し、
固定されていってしまう。

ピケティ氏は、それでいいのだろうか?という
警鐘を鳴らしている。
そして、その警鐘に共鳴する人が多いからこそ、
この分厚い本が世界的ベストセラーになっているのだ。

何より、この格差社会の問題は、
ビジ達で何度も語ってきたこと。

ピケティ氏のように経済学的視点から
論理的に語ることはもちろんできないが、
今の日本でも、富裕層とそうでない人たちの格差だけではなく、
都市部と地方との地域格差、業種による格差が明確に表れている。

これこそ、まさにピケティ氏が語っている
今の資本主義の構造的問題の表れに違いないのだ。

多くの人が危機感を持てば、
かならず現在の経済至上主義はひっくり返る時が来る。
そして、次なる新しい社会的システムがやってくるはず。
そう、“パラダイムシフト75”で私が言っているとおり、
今こそ価値観の大きな転換期!

…アレ? 本の話がいつのまにか持論に?
いやいや、それだけ価値観の転換が
差し迫っているということ。
ピケティ氏の指摘により、
多くの人が現在の歪みに気づいたことだろう。
転換期は、もうすぐそこなのだ。

trend (1)

話題の大ベストセラー!

trend (2)

書店には関連書がズラリ

trend (3)

しかし分厚いぞ…!

ページTOPへ