これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

先取りビジネストレンド

04/20
2015

trend (1)

注目の“ソリューションビジネス”

最近注目しているもののひとつに
“ソリューションビジネス”というものがある。
これは、現状の問題点を提示し、
それを解決(solution)する施策を
提示するビジネスのこと。

ビジ達でも紹介した
「パラダイムシフト75」にもあるように、
社会の価値観(パラダイム)は
75年の周期で変わっていく。
そして、現代はまさにパラダイムの変わり目だ。

これまでの日本は経済優先型であり、
儲けることを目的としたビジネスが多かった。
しかし、その中で浮かび上がってきた
「環境問題」や「少子高齢化」などの社会問題は、
今後解決しなければならない課題だろう。

つまり、今後求められるビジネスは、
目先の利益を追うものではなく、
それらの問題に対する
“ソリューション(解決型)ビジネス”なのだ。

では、どのような
“ソリューションビジネス”が挙げられるだろうか。

そこで、近年注目されている
ソリューションビジネスを実践している企業をご紹介したい
(もちろん、ビジ達ではおなじみの企業がほとんどだが…)。

・株式会社マイファーム
…日本に多く点在する「耕作放棄地」を活用し、
都心の生活者への農業体験で食の大切さや
農業への理解を広げるビジネスを展開。


・「産直市場グリーンファーム」
…その地域の豊富な里山の幸を活用した
直売所を経営することで、
地域経済の活性化につなげている。
また、それによる地域の人々の仕事を増やし、
雇用創出にも一役買っている。

・認定NPO法人フローレンス
…どうしても仕事をはずせない共働きの家庭において、
急な病児の世話や障がい児保育など、
「育児」という視点で様々な問題の解決を提案している。

・大里綜合管理
…元々は不動産ビジネスを行っているが、
地域貢献を第一に掲げ、学童保育や街頭清掃など、
地域密着型のさまざまな施策に取り組んでいる。

まだまだ紹介したい企業はたくさんある。
もちろん、私が度々お話している“里山ビジネス”も、
ソリューションビジネスだ。
里山の活用による地域活性化は、
地方の疲弊と環境破壊が深刻化している日本において
必要なビジネスだといえるだろう。

とにかく、すでに様々な視点と
アプローチで現状の問題に対する
“解決策”を提案している企業は多い。

これらが近年注目されているのは、
儲けるためのビジネスと違い、
視野がひろく、社会全体を見通しているビジネスとして
大きな価値があるからだろう。

ビジネスの鍵となる“solution”が、
今後どのように展開されるかさらに注目したい。

trend (1)

儲けるだけの時代は終わった!

trend (2)

時代は次のステージへ

trend (3)

産業廃棄物処理から見える仕事道

trend (4)

時代に求められる里山ビジネス

trend (5)

地域活性化へつなげる産直市場

trend (6)

“期待されるビジネス”とは?

trend (7)

地域貢献を掲げ、選ばれ続ける!

ページTOPへ