これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

先取りビジネストレンド

05/18
2015

trend1

仙台でも里山ビジネス“秋保ヴィレッジ”

牛タンの串焼きからおにぎり、
鶏の山賊焼き、手作り抹茶ジェラート、あんこラテも…!?
(これはフードコートの商品たち)

宮城県で仲間の経営者を訪ねた際に紹介されたのが、
仙台市にある「秋保(あきう)ヴィレッジ」。

ここは、お茶をメインに、
甘味などを販売している井ヶ田製茶株式会社が運営している、
「秋保の里山」をテーマにした、直売所だ。

その「アグリエの森」という施設には、
仙台の農産物の直売所を中心に、
この地の産物を使った料理を楽しめるフードコートや、
土産物コーナー、旧秋保村をモデルにした、
様々な草花を楽しめる植物園(?)などが併設されている。

また、農産物を使ったジャムやドレッシングなどの
加工品も販売しており、
6次産業化も積極的に行っているようだ。

仙台中心部から近く、
かつ秋保温泉のすぐそばにあることもあり、
観光客から家族連れまで多くの人が里山文化を楽しむために
立ち寄りやすい施設になっているのだ
(やっぱり里山ビジネスは注目されているねぇ~)。

2014年にオープンしたばかりというが、
施設内は大盛況。

あらゆる野菜をショッピングかごいっぱいに入れる人、
フードコートで舌鼓を打つ人と来場者は色々だが、
まさに、この地域ならではの「里山」を
楽しんでいるといえるだろう。

ビジ達でも何度も紹介してきたが、
このように「里山」をテーマにしたビジネス
(“里山ビジネス”)は広がりを見せている。

ビジネスに地域の「里山」を活かすことで、
農産物に付加価値が生まれ、集客にもつながる。
それはやがて地域全体の活性化へと発達していき、
相乗効果をもたらすのだ。

例えば、全国から人が訪れるという
産直市場「グリーンファーム」や、
その場で加工・販売する6次産業に積極的に取り組み、
食のテーマパークとして人気がある「サイボクハム」。

両者に共通することは、“里山ビジネス”を実践したことで、
集客力を生み出し、地域活性化に貢献しているという点だ。

「里山」を最大限に活かしたビジネスによる相乗効果は、
地域にとっても大きな利益となるのだ。

となると、この秋保ヴィレッジの盛況ぶりも、
“里山ビジネス”による地域との
相乗効果の表れと言っていいだろう。

そして、グリーンファームやサイボクハム、
秋保ヴィレッジに多くの人が集まり、
楽しむ様子をみれば、生活者が
“本当に求めているビジネス”というのを
感じることができるだろう。

これから周辺施設との更なる
相乗効果を生みそうな「秋保ヴィレッジ」。
この施設だけでなく、
“里山ビジネス”の更なる展開に注目したい。

trend1

仙台市注目の直売所

trend2

“秋保ならでは”がたくさん!

trend3

フードコートなども充実

trend4

店内は大盛況

trend5

広がる里山ビジネスに今後も注目!

ページTOPへ