これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

先取りビジネストレンド

06/08
2015

trend (1)

“スニーカー女子”を見よ!

近年のスニーカーブームをご存知だろうか?
1990年代、マイケル・ジョーダンを
きっかけとしたスニーカーブームがあったが、
それをも上回る人気なのだ。

当時は男性を中心としたブームで、
高価なスニーカーを求める若者が続出したものだ。
しかし、今回のスニーカーブームの特徴は
“スニーカー女子”を生んだこと!

先日もアメ横を歩いていると、
あちこちの靴屋から
赤やピンクのカラフルなデザインが目に飛び込んできた。
色んな模様が入っていたり、
デザインも豊富だったりして、
シューズの形も実に様々だ。

このようにバリエーションが豊富になり、
ファッションに合わせやすくなったことも
“スニーカー女子”誕生に影響しているだろう。

ある新聞によると、
ABCマートでのスポーツシューズの売り上げは
昨年比23%増、伊勢丹でも20%増だという。
それほどまでに増殖している“スニーカー女子”。
う~ん、スニーカーを履いた女性もなかなかイイよねぇ…。

なんて話をしたいのではない!
マーケティングの視点から考えると、
このようなブームはイノベーター層を
きっかけに起こるものなのだ。

イノベーター層とは
いち早く商品に飛びつく消費者のことで、
全体の数%しかいない。

商品がヒットしていく過程では
段階ごとに購買層が変化していくが、
その最先端を行く人々のこと。

イノベーター層に続いて感性豊かな人々
(アーリーアダプター層)にブームが広がり、
その頃には雑誌やテレビでも取り上げられるようになる。
すると、マジョリティ層にも認知されるようになり、
今回のような一大ブームとなるのだ。

さて、ビジネスにおいて重要なのは、
我々がこの流れを察知することだ!
私が常々唱えている“パラダイムシフト75”の法則では、
75年を更に5つに分けた
15年周期で小さな変化が起こると考えている。

以前のスニーカーブームは1990年代。
それから15年経って再びブームが来た。(うんうん!)
マーケティングをきちんと理解していると、
この周期が見えてくるのだ。

今回の“スニーカー女子”のような例を踏まえ、
我々はビジネスの行先を考えなければならない。
重要なのは、周期による循環とイノベーター層の存在だ。
経営者にはこれらを察知するセンスが求められるだろう。

今回のスニーカーブームを見てもわかるように、
ビジネスやブームは常に循環している。
経営者に求められるのは、それを察知し、
ビジネスに活かして展開することだ。

さて、イノベーター層が触手を動かす、
次なるものは何なのだろうか…。

trend (1)

カラフルなスニーカー

trend (2)

女性客が多い

trend (3)

こんなデザインもあるのか!

ページTOPへ