これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

先取りビジネストレンド

06/22
2015

trend2

エプロンと刺繍の専門店

店内には様々な刺繍が施された
エプロンや鍋しきなどのキッチン用品、
タオルやベビー用品などが飾られている。

さらに、店頭では女性スタッフがミシンで刺繍を施しており、
その姿に惹かれ、思わず足を止め見てみることに。

これは、先日のイタリア研修で見てきたフィレンツェにある
「Ricami Veronica(リカーミ・ヴェロニカ)」というお店。

ここはエプロンと刺繍の専門店(これは私の印象だが…)で、
エプロンやタオルなどに刺繍を施して販売している。
調べてみると、イタリア国内に7店舗も展開している人気店のようだ。

その最大の特徴は、購入したものを
店頭にいる女性スタッフに渡して
刺繍して欲しい名前(?)を告げると、
目の前で刺繍してくれるというところ。

購入品に好きな色の糸で刺繍を施せば、
たちまち自分だけのオリジナルグッズになる。
イタリアでのお土産にうってつけというわけだ。

ここで私が注目したのは、この店の“ビジネスの絞り方”。
ビジネスにおいて、あれこれ手を出すのではなく、
あえて方向性を絞る(特化する)ことは、
強いブランディングにつながるのだ。

リカーミ・ヴェロニカでは、
「エプロン・キッチン用品・刺繍」という、
女性をターゲットにした方向性が、
可愛らしい刺繍の柄や店内の雰囲気に表れている
(だから私も気になったわけだが…)。

そして、それらの商品は、
プレゼントやお土産に最適なだけでなく、
ブランド全体のイメージづくりにも一役買っている。

また、ただ可愛い商品があるだけではなく、
店頭で若い女性職人がミシンを使って
刺繍作業をしている姿は多くの一目を引きつけ、
他店との差別化にもつながっている。

このように、ビジネスを展開する場所において、
どんなビジネスが求められているのかに注目・特化し、
魅せるアプローチはブランド力を高めることにもなるのだ。
その際、大切なのは、“何に特化するのか”を見極めること。

イタリアという地で職人技を活かし、
お土産にも最適な刺繍商品を販売するリカーミ・ヴェロニカは、
まさに目の付けどころが良いビジネスだといえるだろう。
この見極めこそ、繁盛店に必要な要素なのだ。

そういえば、このときはビジネス視点で見ていたので、
この可愛いエプロンを帰国後のお土産にすることを忘れていた。
う~ん、惜しいことをしたなぁ。

イニシャル入りのエプロンをお土産にしていたら
「このエプロンをつけた君の姿を見てみたいなぁ~」なんちゃって…。

trend1

まさに職人技!

trend2

気になって見てしまう店内

trend3

イタリアで選ばれるビジネスとは?

ページTOPへ