これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

先取りビジネストレンド

08/01
2016

tremain

麺なし“野菜たっぷりちゃんぽん”の存在理由

このビジ達で、『「リンガーハット」が選ばれる理由』
を発信したのは、1年以上前の事。
その時は「野菜たっぷりちゃんぽん」について取り上げた。

「安心安全と健康」を掲げたリンガーハットは
「野菜たっぷりちゃんぽん」で使う野菜をすべて国産化したのだ。
料金は大幅アップしたが、売り上げは下がるどころかうなぎ上り。

安心安全を重視した真摯さが評価された、という話だったが、
再び私がリンガーハットを取り上げた理由とは…。

今回は、“ふうふう、つるつる”という食べ方が
できないちゃんぽんを食べてきたのだ!
その名も、ちゃんぽんなのに麺が入っていない
「野菜たっぷり食べるスープ」!
うん、まあおいしかったけど…。

この、まさかの麺全部抜き“野菜たっぷりちゃんぽん”
が注目されている。
ヘルシー&低糖質でボリューミーな野菜スープで、
国産野菜がたっぷり480g入って640円(いい値段だねぇ…)。

麺半分、とか麺抜きでなど、
健康を気にするお客様の声からこのメニューは誕生したという
(お客様の声なくして、つくれないメニューだとは思う)。

キャベツともやしのシャキシャキ感はとても良かった
(が、やっぱり麺はあったほうがおいしいと感じたのだった…)。

私がお邪魔したのはお昼の12時少し前。
カウンターにはすでに利用客がいっぱいで、
振り返るといつの間にか行列ができていた。
この繁盛ぶりからも、安さよりも安心・安全を追求した
「野菜たっぷりちゃんぽん」という
リンガーハットにしかない存在理由で選ばれていることがわかる。

お客様の健康に配慮した店は
働く人たちにとっても
安心して働ける環境が整っている店だとも言えるだろう。

片や、安いだけで安心・安全が二の次のチェーン店は、
働く人たちにとってもよい環境をつくろうとはしていない。

つまり、リンガーハットは訪れる人にも、
働く人にとっても存在理由があるよい店なのだなぁ…
(残念ながら、いまだ経営者インタビューはできていないけど…)。

そんなことを考えて、思い至ったのが
生活者の買う“権利”と“責任”について。

一見、どこの店で何を買うかというのは生活者の“権利”に見える。
だが、生活者がどこで何を買うかの選択が、
その商品やサービス、経営の存続や、
会社の経営方針の方向性をも決めているってこと。
つまり、私たちがどこで何を買うのかは
ある意味、権利であり責任でもあると言えるのではないだろうか。

今後も、お客様の安心・安全を最大限考慮してくれる店や会社を、
“生活者の権利と責任”を意識しながら選んでいきたいものだ!

tre1

お昼時のリンガーハットには行列が…

tre2

店内も満席だ!

tre3

大ボリュームの野菜スープ

ページTOPへ