これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれるビジネス

03/21
2017

bijimain
NEW

食の里山ヴィレッジ「銀の森」

講演会があり、岐阜県恵那市を訪れた時のこと。
私を呼んでくれた社長が是非にとコーディネートしてくれたのが、
地元の注目企業である「株式会社銀の森コーポレーション」だった。
そして渡邉大作会長にお会いし、
「銀の森」を見学させていただいたのだが…。

どんなものかある程度は想像していたのだが、
実際に目の当たりにして、ちょっと驚いた。
私が北海道の十勝芽室町でやろうとしていることが、
既に繰り広げられていたのである。

「銀の森」には、恵那市の食材を活かした手作りスイーツや
栗の和菓子、和惣菜・佃煮などを扱う、多種多様な店舗が並んでいる。
昔ながらのかまどがしっかり活用されていて、
和を追求した空間が食事処となっていたり、
しっかりこだわった演出が伝わってくるのだ。

ほかにも今時のイタリア風なカフェレストランや、
オリジナルの商品が並ぶ「銀の森ショップ」という物販がある。
しっかりと六次化された現地の特産物を数多く扱っているのだ。

「銀の森」には工場なども含めると全部で8つの施設があり、
これらで1つのヴィレッジを構成しているという。
製造から販売までの多様さを見ると、
さまざまなノウハウが活かされていると感じる。

実は「銀の森コーポレーション」は元々食品加工の下請けだったのだ。
しかし下請けのままでは今後を見据えたスキルも身につかないし
お客様の反応も届かないと考え、おせち料理の生産を始めたという。
やがて年間18万食ものおせちを生産する規模になり、
「銀の森ヴィレッジ」の開発に進んだそうだ。

多くの食材を活かし、
いろいろな技術が求められるおせちづくりだからこそ
さまざまなノウハウとスキルが会社に集約することになり、
最終的にお客様の顔の見える「銀の森」構想となったのだろう。
いまや「銀の森」は名古屋方面から多くのお客様を迎え入れ、
繁盛スポットとして注目されているという。

…そういえば、似たような話をどこかで聞いたことがある。
あのアウトドアブランドの「モンベル」も、
元はメーカーであり問屋だった。
ところが、辰野勇会長の大きな決断で直売店を展開することになり、
今のモンベルとなったわけ。

この覚悟しての業態転換が、
次なるステージへの大きな一歩となるということ。
「ジャパネットたかた」の高田明元社長も、
業態転換と自前主義が現在の規模にまで会社を成長させた。

経営者たちはビジネスを進めながらもノウハウや知識を集約し、
決断とともにブレイクスルーを行ったということ。
たとえ壁があったとしても、
次なるステージに上がるタイミングは必ずあるのだ。

私たちのビジネスにも、必ずや
ブレイクスルーのタイミングがやってくる。
次のステージに上がれるかどうかは、
その時に向けて知識や技術、ネットワークをしっかりと作り上げ、
覚悟してチャレンジしているかということだろう。

「銀の森」の場合は、10数年後にリニア中央新幹線が
開通すると決定したタイミングだったという。
2027年に東京~名古屋間をつなぐ線路は、
日本中のお客様を恵那市に運んでくれるに違いない。

bijimain

岐阜県恵那市にある「銀の森」

biji4

「銀の森」は8つの施設で1つのヴィレッジを構成している

biji6

「株式会社銀の森コーポレーション」の渡邉大作会長

biji2

こだわりある食事処での和食もとても美味しかった

biji3

ここでは私が北海道でやろうとしていることが既に…

biji7

恵那の特産品でもある栗の和菓子の店

ページTOPへ
選ばれるビジネス

02/20
2017

bijimain

情熱的講釈がブランディングに!

講釈といえば、私が思い出すのは「筑波山ガマの油売り」。
「四六のガマ」と呼ばれる霊力を持ったガマガエルから
油をとる方法や効能を独自の口上で伝える、
大道芸のような宣伝販売の手法だ。

ガマは自分のことをイケメンだと思っているので、
周囲を鏡張りにした箱に入れると、
自らの醜悪さに驚き脂汗を流すという。

その汗を集めて煮詰めてできたものが「ガマの油」。
効果の程を講釈師がその場でパフォーマンスするわけだ。
講釈師は一部分だけよく斬れる刀を持ち、
半紙を半分、また半分と切り裂いて、切れ味をお客様に披露する。

その後、刀の鈍い部分を自らの腕に当てて血をにじませるのだが、
ガマの油を塗ればたちどころに斬られたところが治るというしかけ。
効果が本当にあったかどうかは別にして、
この講釈の巧みさで皆が買いたくなってしまうということ。

そして現代版講釈師とも言えるのが、
「切腹最中」の新正堂(しんしょうどう)の主人、
渡辺仁久(よしひさ)氏だ。

皆様ご存知の通り、
私もかなり語るほうだが、
渡辺氏は私以上によく語る。
「切腹最中」ができた経緯や、
赤穂浪士との関係をお客様に情熱的に講釈してくれる。

「切腹最中」は最中からあんこがたっぷりはみ出している和菓子で、
赤穂浪士ファンの方々やこれから謝罪をしようという人々の
手土産として圧倒的支持を得ているのだ。

私も北海道での「ワインヴァレー構想」活動の際に
切腹最中を手土産にすることが多いのだが、
この見た目や商品のストーリー、そしてそのおいしさに
興味を持って召し上がってくださる方がたくさんいらっしゃる。

こうして商品のストーリーは人づてに広がっていき、
やがてメディアに取り上げられて大ヒット商品となった。

商品がヒットするには、その物のおいしさはもちろんのこと、
ストーリーや面白いネーミング、
パッケージなどのデザインも関わってくる。
そしてそこに「情熱的講釈」があってこそ、物が売れ始めるのだ。

私はこれまでにいろいろな企業や経営者に取材してきたが、
やはり情熱的講釈を展開していた主人の店は、
繁盛している確率がかなり高かった。

最近のことで言えば、北海道十勝の日高山脈のふもとで
パン工房を展開する「カントリーブラン」。
ここの主人の延與幸嗣(えんよこうじ)氏も、
これまたよく語る方なのだ。

農家しかいないような田舎の地に店をオープンさせたのは、
おいしいパン作りのために最適な水と出合えたから。
おいしいパンさえできれば人は来てくれると信じて店を続け、
今やそのストーリーはお客様に伝わって繁盛店となった。
(もちろん、そのストーリーを延與さんが語り続けたからだけど…。)

また、こんな事例もある。
10年ほど前に取材した北九州市の「卵屋(らんや)」にも、
見事な講釈師がいらっしゃった。

ここの卵かけご飯が大人気なのだが、
その理由は卵や米の産地だけでなく、
最後にかける醤油にもこだわったからだという。

そのおかげで卵かけご飯だけでも1575円ほどするが、
主人の講釈のおかげでここに来る人々が
こぞって期待する食べ物になっていた。

これらの繁盛店の事例にはこだわりのストーリーがあり、
そのストーリーの講釈師となる主人が情熱を持って語っていたのだ。

やはり情熱を持って発信することの大切さが伝わってくる。
「情熱的講釈」こそが店や商品のブランディングに貢献し、
お客様に選ばれる理由になるということだ。

biji1

新正堂の渡辺氏は現代版講釈師とも言えるほど語り上手

biji4

「切腹最中」は大人気商品だ

biji2

Mr.セイージの新正堂の最中の大ファン

biji3

カントリーブランの延與(えんよ)氏も、これまた語り上手

bijimain

バレンタインには接吻最中という企画も

ページTOPへ
選ばれるビジネス

02/06
2017

bijimain

出前館のマーケティングのツメと営業のツメ

あなたが家に居るとき、
どうにもお腹がすいてきたとしよう。
でも、冷蔵庫の中は空っぽ。
外に食事に行くのも面倒だなぁ、というとき。

スマートフォンやパソコンで「出前館」を検索し、
出たページに家の郵便番号を入力すると…。

次の瞬間には、あなたの家までの出前が可能な店の一覧が出てくるのだ。
そこには、ピザやカレー、寿司、中華、日本そば、弁当など、
出前が可能な多ジャンルの店とメニュー、
そしてなんと出前の待ち時間も表示されている。
あなたはその中から、待ち時間を考慮しながら、
好きなものを選び、支払いを済ませる。
(支払いには、カード決済の他にApple Pay等も対応)
これで、出前の注文は完了。あとは家で待つだけ。

実はこれは、「出前館」という名の宅配ポータルサイト。
私も先日、操作してみてその便利さに驚いたのだ。

考えてみれば、出前の販促は、折り込みチラシやポスティングが定番。
だが、チラシをデザインし、印刷して、そして配布。
果たして、そのいまどきの費用対効果(支出した費用によって得られる成果)は
如何ほどのものなのか。
そこでこの「出前館」に登録してのレスポンスと、
そこにかかる費用との数値化比較してみると。
これがレスポンスが下がり続けるチラシとは大きく差が出たという。
この費用対効果の比較により、
多くのお店が「出前館」を選んでくれるという。

ところで、このビジ達のタイトルに出て来る「ツメ」。
最後まで行く、十分に検討し尽くして物事の決着をつける、
そんな意味がある言葉だ。
(将棋では、王将の逃げ場がなくなるようにすることもそう言う)

そこで、まずは「出前館」のマーケティングのツメ。
先程のように、しっかり数値化し、
ユーザーは楽にスピーディに注文ができ、
お店には負荷のかからないシステムにしたことにより、
このECサイトビジネスは、ぐんぐんと右肩上がりに上昇しているのだ。
当然、加盟店も多くなれば、ユーザーも喜ぶということなり、
三方善しとなるわけだ。

そして、この展開を全国にというところがポイントとなって来る。
日本の北から南まで、契約店舗を増やすために実施している
ローラー作戦の営業もまさに、将棋のようなツメだ。
(北海道の帯広で検索してももちろん、出前の店は出てきた)

やっぱり、いまどきのECサイトビジネスでも、
“マーケティングのツメ”と“営業のツメ”の両方が
いかに大切かということ。

そういえば、私の経営者仲間の「宿泊予約経営研究所」(通称・宿研)の
末吉社長も同じことを言っていたような…。
インターネットを通じて、宿泊施設の利用促進を最大にするサポートを事業とする“宿研”で、
いかに施設の登録数をあげるか。
彼は、やはり常にマーケティングを駆使した良質のサービスを持ちながらも、
一方では、その対象となる宿泊施設をいかに多くするかの営業展開が
ビジネスにおいては、いかに大切かを語っていた。

「マーケティング」と「営業」、この2つのツメがないと
Webのビジネスであっても、うまくいかないということ。
(そうなんだよねぇ~)

さて、あなたのビジネスはどうだろうか。
う~む、もしかしたら、ちょっとツメが甘いんじゃない?!

bijimain

「出前館」を運営する夢の街創造委員会株式会社の中村利江社長

biji1

いまどきのECサイトビジネスでも、 “マーケティングのツメ”と“営業のツメ”の両方が大切

ページTOPへ
選ばれるビジネス

12/26
2016

bijimain

エコノミービジネスと“ソーシャルソリューションビジネス”

最近のテレビのおしゃべりはどうも聞き取りづらい。
努力よりもバカげたことを平気で言う度胸が重視され、
発声訓練もしていない素人がもてはやされるからだ!

…なんて憤っていたら娘に音量の大きさを指摘され、
これはどうやらタレントの発声が悪いのではなく
自分の耳が遠くなったのでは? と気づき、
医者にも20代の頃の半分しか聴こえていないと言われたのだった…。

こんな調子で90歳を超えて感じる時代とのズレを
ユーモラスで痛快な書き口で描いたエッセイ本、
佐藤愛子著の『九十歳。なにがめでたい』。

へぇ~、私の母と同い年! と思わず手に取ったのだが、
このエピソードを読みながら思い出したのは、
私の経営者仲間であり、ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社の
代表取締役、中石真一路氏のこと。

彼が開発した、難聴者のコミュニケーションを助ける
スピーカーcomuoon(コミューン)は、
いま聾(ろう)学校はもちろん、役所、病院、銀行に証券会社と、
様々な場で活躍し注目を集めている。
コミューンがこれほどまでに評価されているのは、
耳の遠い高齢者でもクリアな音が聴けるようつくられたからだ。

日本の難聴者は現在2000万人とも言われ
高齢化が進む日本を思うとコミューンが活躍する場は
今後ますます増えてゆくに違いない。

私は経済性・利潤を追求するビジネスをエコノミービジネス、
対して社会の課題を解決すべく新たな技術を開発し、
意味のあるサービスを展開するビジネスを
“ソーシャルソリューションビジネス”と呼んできたが、
このコミューンはまさに
“ソーシャルソリューションビジネス”と言えるだろう。

これまでにビジ達でご紹介してきたものでは、
破れない服や事故を起こさない車を実現する人工繊維
「クモの糸」を開発したスパイバー株式会社の関山和秀氏。
ミドリムシを様々な問題解決のために
展開した、株式会社ユーグレナの出雲充氏なども、
社会に存在理由のあるビジネスを展開している。

そして、まだお会いしたことはないが、
紙やプラスチックをつくれる、石灰石が原料の新素材を
開発した株式会社TBMの山﨑敦義氏の仕事も、
先に述べたお二方と同じく“ソーシャルソリューションビジネス”と言える。

かねてより、時代の価値観は75年周期で変化すると
提唱してきた理論“パラダイムシフト75”。

今はまさにその境目なのだ。
これまでの利益優先から、人としての道義を優先する時代への変遷が
“ソーシャルソリューションビジネス”の広がりに
現れているに違いない!
(そう思いたいものだ…!)

biji4

佐藤愛子氏のエッセイ本『九十歳、なにがめでたい』

biji3

ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社の中石真一路氏

biji2

comuoonは様々な場で活躍している

biji1

新パラダイムシフト75

bijimain

今がまさに“ソーシャルソリューションビジネス”への境目なのだ

ページTOPへ
選ばれるビジネス

11/21
2016

bijimain

“十勝スイーツヴァレイ”の理由

「なっ…ない!」
というシーンはすでに2回連続。
とかち帯広空港の「六花亭」のお土産売り場にあるはずの
どら焼きが売り切れてしまっているのだ。

月1回の北海道出張の帰りのことである。
私がいつも乗る東京行きの飛行機は13時台。
ということは12時過ぎには空港に着いているのだが…、
その時間にはもう売り切れているのだ。
このことだけでも、このどら焼きがどれだけ人気か皆さんにも伝わるだろう。

この「六花亭」のどら焼き、本当に美味しいのだ。
どら焼きで有名な老舗「うさぎや」のものも食べたことがあるが、
やはり私には「六花亭」が一番!
そんなわけで出張の帰りには、
東京で首を長くして待っている人たちのために
どら焼きを買って帰ろうとするのだが…、なかなか難しい。

そんな話を、帰る前日に街中の「六花亭」店舗で話したら、
なんと「今ここでご注文いただければ、空港でご用意しておきますよ」とのこと!
その日につくられたものを空港で受け取れるようにしてくれるという。
(すばらしいサービス!)

小豆や大豆はもちろん、小麦、
乳製品であるバター、チーズ、生クリーム、
そしててんさい糖など…、ここ十勝にはお菓子づくりの素晴らしい食材が揃っている。
そんなこともあってか十勝には共に何十年も続く
人気の大きなお菓子店の2社、先程の「六花亭」と「柳月」がある。

この2社が切磋琢磨して競い合うことで、
より美味しいお菓子が創り続けられているということ。
そして近年、次なるお菓子店もそこに入ろうと
質を追求しながら台頭して来ている。
先日立ち寄り、注目のロールケーキを購入した
「あさひや」もそのひとつなのだろう。
(思わず1人で1本を食べてしまった。ごちそうさまでした!)
うんうん、日本の十勝はスイーツヴァレイといえる地域なのだ。

私と同じく十勝の芽室町出身である「スイーツ親方」こと芝田山親方。
親方がスイーツで注目されたのも、
十勝の美味しい食材でつくられたお菓子を食べて育ったことも
その理由にあると語っていた。
やっぱり、十勝のお菓子は和菓子も洋菓子も本当に美味しいのだ。

この土地だからこそ、お菓子の競合ができる。
そして、切磋琢磨し合うその競合状況が
サービスや質の高さに繋がっているってこと。
私たちのビジネスでも良きライバルを持ち、
多くの中から選ばれるように日々追求を重ねていくことが、
存在理由となり継続に繋がるということだろう。

そして十勝を訪れた際には、
是非皆さんもこの十勝スイーツヴァレイの美味しさを味わっていただきたい!

bijimain

「六花亭」のどら焼きはMr. セイージも大好き!

biji3

良質な素材にこだわりお菓子づくりをしている「六花亭」

biji4

坂本直行氏による草花のモチーフのパッケージも有名だ

biji2

「あさひや」のロールケーキも美味しかった

biji1

皆さんにも是非、十勝スイーツヴァレイの美味しさを味わっていただきたい!

ページTOPへ
ページTOPへ