これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

03/21
2017

里山志向の目覚めフォーラム_0313-1
NEW

「里山と生きる協会」発足記念イベント決定!

1、ワイナリー構想考えました。
2、ワインぶどうの苗、調達し、植えてみました。
3、会社&研究会 設立しました。
4、「&里山生活」「里山スタイル」始めました。
5、メルロー、ピノノワールなどのヨーロッパ種も、
調達し、植えました。
6、ここで視察に行くなら、もちろんフランス ボルドー
でしょう…ということで、シャトー・マルゴー、
シャトー・オー・ブリオン 訪問しました。
7、奥田政行シェフを招いて、
地元で食のイベントもしてみました。

そしてそして、ついに「里山と生きる協会」発足ということに。
いや~、丸2年とちょっとで進むこと進むこと。
2015年の構想時には、
もちろんこれらの具体的なスケジュールはなかったわけで…。

やっぱり“動中の工夫”がいかに大切かということ。
具体的に行動してみて気づくこと、
見えることが本当に多いんだよねぇ~。
その時の周りの人たちの顔つきを見て、
その状況で発想する次なる一手は、
現実味もあり 奏功することが多いのだ。
そして、“里山と生きる協会”発足という展開に!
当初に発想したワイナリー構想には、
“協会”の設立計画はもちろんなかった。

それでもここまで来て、
その目的をふと考えると…、地元地域の活性化もあるが、
本当にしたかったことは、この日本のめぐみ“里山”を大切して、
いかにサスティナブルに展開するかということ。
だからこの“里山と生きる協会”発足に至ったのだ。
“藻谷さん、石坂社長 ご協力ありがとうございます”
平議員も発起人になってくれるという。
そして、東川町の松岡町長も、
このイベントのために北海道から来て
登壇してくれることになったのだ。(すばらしい!)
日本を美しくする会の、
我らが 鍵山相談役も応援してくれるという。

実は、あることを順調にすすめたいなら、
もっと上の方の大きなステージで
注目されることがポイントだという
“三角コーン力学”があるのだ。
(中島流の力学なわけだが…)

この“力学”からすれば、
この“里山と生きる協会”の発足は、
いろいろな意味でワイナリー構想にも、
奏功してくれるはず。
(うんうん)

それはともかく、
“動中の工夫は、静中の工夫に勝ること、幾千億倍”なのだ。
白隠禅師、そして鍵山相談役、
すばらしい言葉をありがとうございます!

7月6日(木)18時、
さまざまな“動中の工夫”が展開されます!
ぜひ予定しといてください。

里山志向の目覚めフォーラム_0313-1

7/6「里山と生きる協会」発足記念イベント開催!

里山と生きる協会簡易資料0310-1

ワイナリー構想から2年…ついに協会の発足へ

synmain

ワインぶどうも順調に育っている

里山志向の目覚めフォーラム_170322-2

イベントの詳細はこちらから

ページTOPへ
モバイルショット

03/13
2017

mobamain1

“スパカツ”から拡大しない戦略へ!

スパカツ!? カツスパ!?
なに、それ?
「釧路に来たら、スパカツ!」なんてフレーズまで
Webに発信されているではないか。
十勝、釧路地域では人気のご当地グルメらしい。

私は、十勝の清水町にある「とんかつのみしな」で初体験。
(あつあつの鉄板に盛られたスパゲッティと大きなロースカツ。
そしてその上からあつあつのミートソースが…)

とんかつの自慢の店ということで、
とても美味しくいただいたわけだが、
ご覧のようにボリュームもスゴい!
お陰様で、おなかはパンパン。

私的には、もう世の中のグルメは、出尽くした感があったのだが、
その組み合わせやこだわりによって、
まだまだ出てくることを予感させる“スパカツ”だったのだ。
そしてこの「とんかつのみしな」、かなりの人気店だという。

国道に面してこそいるが、
その周辺は街ではなく、畑ばかり。
すなわち、この店が目的でみなさん来店しているということ。
てことは、地方の単独店は、ダイソンではないが、
かなりの吸引力がないとやっていけないのだ。
ほどほどのメニュー、ほどほどの味では、
お店として継続していけない。

先のビジ達でも紹介したニトリやダイソー、
しまむらなど地方出身の企業が活躍しているように、
この地方で継続的な集客力がある店は、
都市部でも成功するかもしれない。

でも、しかしだ。それだけでは成功しないのが実際。
ニトリやしまむらにしても、地球規模の視点を持って、
センスを磨いているからこそ、
多くの人たちに選ばれているということ。

“スパカツ”にどう地球規模のセンスをトッピングするか…。
う~ん、難しい。
やっぱり、“スパカツ”をワールドワイドなグルメに
仕立て上げるのは難しいかもしれない。

家具やファッションと違って食品や料理ものは、
その地の文化であり、地域性が出てくるものだからねぇ~。
地域によっての人の好みもあるし…。
“スパカツ”は北海道の道東での
ご当地グルメってことでいいのかも…。

ムリして全国区にしない方が経営している人にとっても、
負荷がかからず長くやっていける秘訣なのかもしれない。
(来てもらって現地で味わってもらう、
まさにご当地グルメってこと)

ということで、帯広・釧路周辺に来たら
美味しい“スパカツ”の店を探して味わって欲しい。
この地で食べるから、美味しい“スパカツ”なのだから。

そこで今回の学び。
何でも、拡大することが常識であり、
あたりまえのように語られているが、実はそうではないのだ。
下手に拡大しない方が、
お客様にとっても、お店側にとっても、幸せなことってけっこうある。

“拡大しない戦略”も選択肢にあることが大切!

mobamain

スパゲッティと大きなロースカツ。 そしてその上からあつあつのミートソースが…

moba2

十勝の清水町にある「とんかつのみしな」のご主人

ページTOPへ
モバイルショット

03/06
2017

mobamain

高級マンゴーへの逆転の発想!

「ここに 2 万円を超す“白銀の太陽”がなっていたんですよ。
そう、日本橋の千疋屋さんでも売っている
高級マンゴ ーのことですよ。信じられないでしょうけど...。」 
(出荷してしまったので...と
ヒゲのオジさんは熱く語るが ...)

なぜ、人は信じられないと思ってしまうのか!? 
このヒゲのオジさんの話だから
信じられないわけではなく、
 このビニールハウスの外には
まだまだたくさんの雪が残っているからなのだ。
(ヒゲの中川社長、ごめんなさい)
 ここは、真冬には氷点下 20 度を
超える日が続く北海道の十勝地方。

まぁ~普通に考えれば、この地でマンゴーなんて
つくったりしないわけだ。
なのになぜ、チャレンジしビジネスとしても成立しているのか!?

ひと言で言えば、“逆転の発想”。
この地だからこそできる逆転の展開がいくつもあるのだ。

逆転その 1。冬にマンゴーを出荷。
 そう、敢えてクリスマス時期に完熟を目指してつくり
沖縄や宮崎に対抗している。
もちろん、希少価値性も高くなるわけだ。

逆転その 2。冬場の大量の雪を活用し、夏を冬に! 
冬は近くの温泉を活用し、
ビニールハウス内を南の島の夏状態にしている。
マンゴーの木はいつの間にか、
季節を履き違えてこの北海道の地で
元気に過ごしているのだ。

逆転その 3。外が寒い時期に実を成長させるので
病気や虫の心配がなく、農薬もほとんど使わないという。

 他にも、自然エネルギーに
こだわった生産をしているなど、
ノラワークスジャパンの中川社長は、いろいろなチャレンジをして、
ベンチャーな農業ビジネスを実践している。

すばらしい逆転の発想。
実は、私たちの周りにいろいろな
科学技術が増えてきたことによって、
これまでの常識に捉われなくていいビジネスシーンが
数多く出て来ているのかもしれない。 
それに気づいた人は、それまでの常識を超えたビジネスモデルで
新しい時代にチャレンジしているということ。

もしかしたら、私たちが取り組んでいる
Memuro ワンヴァレー構想も
(極寒の地での)これまでのぶどう生産の常識を超えた
アプロ ーチであり、
思ってもみない逆転の展開が待っているのかもしれない。

ウッフッフッフッ、
これからの“動中の工夫”こそが大きな逆転劇を生み出す⁉︎

mobamain

ノラワークスジャパンの中川社長

moba1

中川社長はいろいろなチャレンジをしてベンチャーな農業ビジネスを実践している!

moba3

ビニールハウスの外にはまだまだ雪が残っている

moba2

しかし、ビニールハウス内の温度は南の島の夏状態!

ページTOPへ
モバイルショット

02/27
2017

mobamain

“私たちは働いて生きていく”

ジャガイモの皮むき、窓清掃、食品トレイの選別。
このデモンストレーションが会場の人たちを感動させた理由。それは…

この25日(土)、新宿中央公園そばの会場で、
“就労キャリア教育観光事業”発信イベントが開催された。
タイトルを見ていてもどんなイベントなのか理解するのも難しい。
北海道十勝にある芽室町(私の出身地)が深く関わり、
私の知る人たちがプレゼンテーションすることもあって参加させてもらったのだが、
とにかく期待を超えて感動させてもらえるすばらしいイベントだった。
小泉元首相風に言えば、“感動した!”の一言。

いや、本当のことを言えば、それほど期待していなかった
と言った方が正直なところ。

芽室町長の話、プロデュースした人の話、
記念講演といろいろとあったのだが、
何といっても会場の人たちが注目し、
目頭をおさえる人もいて、
大きな拍手が沸いたのが、
ジャガイモの皮むきの実演だったのだ。

作業着を着た8人の若者が横一列に並び、
BGMと共にジャガイモの皮むきを始める。
わずか5分ほどの実演だったのだが、この皮むきのスピードが速く、
いつもどれほどの集中力を持ってやっているかが窺われる手際のよさ。

すばらしい!
デモンストレーションの5~6分間の終了を待たず、拍手が湧いたほど。

この職人ワザの8人、実は障がいを持っている若者たちなのだ。
私たちと変わらない、いやそれ以上の可能性を持った若者たちだということ。
窓清掃の実演の茨城県からの若者たちも、
広島県の尾道からの食品トレイ選別の彼らも、
みんな障がいを持った仲間たちだったのだ。

だから参加者の多くが、その職人ワザと言える程の腕前を
目の当たりにして感動したということ。
十分、彼らは、私たちと共に一緒に働いていける。
そこで、このイベントのスローガンも“私たちは働いて生きていく”だったのだ。
(これを私たちも、もっと理解して行動しないとねぇ~)

それにしても、東京でのリアルなデモンストレーションのために、
彼らはもちろん、関係者もいろいろと大変だったことだろう。
(みなさん、東京までお疲れさまでした)

イベントとしても、参加者も多く大盛況で、
意味のある企画催事となったはず。
そして、
実のところ、私たち健常者の方が、
これらの触れ合いイベントにより、
多くの気づきをもらえるということなのだ。

芽室の“九神ファーム”のみなさん、
来週芽室町で会おう!
手土産は、東京新橋の名物和菓子『切腹最中』。
なぜ『切腹最中』かだって!?
芽室町の小豆の“あんこ”がたっぷり入っているからねぇ~。
美味しい逆輸入の名物ってこと。
お楽しみに!

moba3

デモンストレーションではジャガイモの皮むきや

moba1

窓清掃や

moba2

食品トレイの選別をみせてくれた!

mobamain

その職人ワザとも言える、手際の良さに会場からは大きな拍手が!

mobamain

期待を超えて感動させてもらえるすばらしいイベントだった。

ページTOPへ
モバイルショット

02/20
2017

mobamain1

“日下の灯”にならないように

<Mr.セイージ>
はい、両手でこう持って…と。
え~、そこまで手とり足とりしてくれなくても…。
(うれしいけど…)
ここのおネエさん優しいねぇ。
また、来ちゃおうかなぁ~ふっふっふっ。

(何がふっふっふだ)
なぜか、Mr.セイージにはみんな優しい。
残念ながら、私本人にはここまで
近づいて来てはくれない。
それはともかく、Mr.セイージのような動機で
Gymに通っている人もいると思うが、
とにかく継続して通うことで、
当然だが、筋力も維持出来るし、
健康にもいいのは間違いない。

そして、程よい負荷であり、ストレスをかけることは、
肉体はもちろん精神的にも必要なのだという。
だから、中島流の“ビジネス筋トレ”“経営筋トレ”
という話になるのだが…。

ここで話したいのは、これら筋トレの話ではない。
Mr.セイージがうらやましいという話でもない。
なぜ、Gym通いを含め、ルーチン化した
小さなチャレンジが必要かということ。
なぜ、手間をかけやり続けなくちゃいけないのかだ。

そこで…「日下の灯(にっかのとう)」という言葉を知っているだろうか。
太陽の下では蝋燭に火をつけても何の役にも立たないということ。
(明治時代を代表する臨済宗の宗匠の言葉という)
すなわち、たくさんGymに通い、
筋トレをしてフィットネス状態を継続したとしても、
“週の攻防 死×守=16時間”を徹底して実践したとしても、
それでは太陽の下での蝋燭と同じということ。
何らかの実践であり、
次なるチャレンジに活かさない限り、
意味がないということなのだ。

まぁ~ときどきいるからねぇ~、知識をひけらかしたり、
とった資格の数を自慢したりする輩が…。
スゴい人たちを知っていると、あちこちで吹聴している人もいるし…。

日々のビジネスでの体験も、
出会いによって得た人的ネットワークも、
本を読んでの知識も、次なる実践に活かさないことにはねぇ~。
なぜ鍛え学んでいるか、ということの答えは、
その先の次なるチャレンジのためということ。
できればより社会性あるチャレンジのため、
がいいかな!?

Mr.セイージも分かったかな?
その Gymでの筋トレも実践に活かさないことにはね。

<Mr.セイージ>
「こうやってチャレンジしてるのも、
あんたの呼び水役をやるためだけど…」

mobamain1

なぜか、Mr.セイージにはみんな優しい

死守16時間

死×守=16時間もチャレンジに活かさない限りは「日下の灯」なのだ

ページTOPへ
ページTOPへ