これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

04/24
2017

moba1
NEW

76歳の“100キロ”トップウォーカー

“いま先頭の人がゴールしました!”
えっ!? まだ今日なのに…
えっ!? そのランナーは76歳だって!?

そのランナーは…、いやそのウォーカーは、
100キロを歩いて来たとは、思えない表情と所作で、
私たちの前に現れたのだ。
なんと100キロの距離を14時間25分ほどで完歩。
てことは…時速6.9キロということ。

途中には9カ所チェックポイントもあり、
当然、簡単な栄養補給もしなければならないわけで…、
歩いているときのスピードは、
なんと時速7キロ以上ということになるのだ。スゴ~いスピード。

私も時速7キロで数時間ならチャレンジしたことがあるが、
それをず~っと続けるのは不可能。
そして、それをやってのけたのが76歳の
ちょっと痩せぎみ体型のおじさん(年齢からならおじいさん)
なのだからもっと驚くわけだ。

「ちょっと雨と風が強くて、大変なところもあったけど…
今日は途中迷わずゴールできたのでよかったよ」だって!
その話にも、余裕が感じられる。

先程、“まだ今日なのに”と表現したのは…
土曜の朝9時に大網白里市(大里総合管理)をスタートし、
100キロの道のりを歩き、その日の23時25分にゴールしたからなのだ。
普通ならば当然、その日のゴールは難しいはず。
実際、2番目にゴールした人は、
翌日曜日の午前1時頃なのだから。
(この人だって十分速い)

とにかく、100キロ歩きは、
長時間のチャレンジを強いられるだけに、さまざまなドラマが待っている。
自分の思い描いている通りに
スムーズにゴールすることはまずできないといっていいだろう。

雨も降るし、風も吹くし、4月の朝方の寒さも堪えるし、
必ずや身体の部位がどこかしら痛くなってくる。
その痛い部位は、時間が経つにつれて移動して来るのだ。
もちろん、それだけではない。
夜通しず~っと歩き続けるわけだから、眠気もやって来る。
しかしこれらは、あくまでフィジカルな要素でしかない。

ここに時間と共に気持ちの変化がプラスされるから大変。
“何で、こんな大変なことやってるんだろう?”
“リタイヤしちゃったほうがいいんじゃ…”なんて、
時間が経つにつれて、
どんどん雪崩れのように気持ちの変化がやって来るのだ。

100キロ歩きは、まさに“自分を試されている”と言っていいだろう。
もしかしたら人生の集約版!?
人生はリタイヤできないが、
100キロ歩きはついリタイヤできてしまうシュミレーションのようなもの。
そこには、肉体的にも精神的にも、
試練がたくさん待ち続けているのだ。

ところがところがだ、
そこには一緒に歩く仲間がいて、各チェックポイントには、
このイベントをサイドから支えてくれるサポーターと美味しいご褒美が待っている。
これがあるから、私たちは100キロを歩き通せるということ。

人は、いっしょに歩き、支えてくれる人がいるから
人生を楽しく歩けるわけ。
そしてビジネスも、さまざまな人が協力してくれ、
苦楽を共にするから、その先に進められるということ。

この100キロ歩きには、
さまざまなものが集約されているということだ。
さて、来年の4月の100キロ歩きにチャレンジしたくなった人も多いことだろう。
4月の21、22日の土日は空けておこう!

10年後、トップのおじさんのように70代となって、
また100キロにチャレンジできるだろうか。
そして、20時間を切ることは…
まぁ~、それは70代になってから考えようっと!

moba4

今年も沢山の人が参加した房総半島での100キロ歩き

moba1

スタート時は元気で、笑顔も多いのだが…

moba3

フィジカルにもメンタルにもだんたんと変化がでてくる

moba5

支えてくれる人たちがいるから歩き通せるのだ

moba

ゴールにはこんなに清々しい顔に

moba6

来年の4月21日22日は空けておこう!(写真は常連の覆面レスラー)

ページTOPへ
モバイルショット

04/17
2017

moba3

郷に入っては、トゥクトゥクに従え!


お客「〇〇レストランまで1ドルで行ってくれる?!」

ドライバー「何言ってるんだ、2ドルはもらわないと…」

お客「え~そう分かったわ。じゃ1ドル50セントで!」

ドライバー「だめだって、2ドルだよ~」

お客「じゃ、バ~イ!」

(日本語では、こんなやり取りだったはず)

というわけで私たちの交渉は決裂となったわけだが…
この交渉相手は“トゥクトゥク”のドライバー。

とにかく、日本でいうところのタクシーはめったに出会うことはなく、
街中は“トゥクトゥク”でいっぱいなのだ。
基本ルールとして、メーターも付いていない
“バイク+リヤカーゴンドラ”のトゥクトゥクを利用するなら、
乗る前の価格交渉が大切だという。

現地語のクメール語が話せないお客は、外国人価格帯となる。
わかり易く言えば、乗車代が高くなるということだ。
今回のツアーでは、このトゥクトゥクで
約60分間の街中一周コース5ドルも体験させてもらった。
(うんうん、リーズナブル!)

いやいや、このトゥクトゥクがカンボジアではお得だよ…
という話をしたいのではなく、
「郷に入っては、郷に従え」ということ。
この地ならではの、トゥクトゥクに乗って風を受け、
多くの人たちでごった返すプノンペンの街の若きエナジーを感じたとき、
この国のその先の可能性をも知ることができるのだ。

カンボジアの人口は、1千6百万人と、周りの国と比較すると少ない方。
そして、その人口の平均年齢はというと、なんと23.9歳だという。
(若~い!)
平均年齢がかなり若い国と思っていたベトナムが30歳。
それを大きく上回っているのだ。

ところで、なぜこんなに若い人たちが多いのか!?
これについては、ベトナム戦争から端を発し、長く続いた厳しい内戦が大きく影響している。
(ここでは、これ以上触れないが…)

その多くの市民が犠牲となった内戦から時間が経ち、
今やっと国が安定して来たことで、経済活動が活発化してきたところなのだ。
そして、現地通貨も流通しているのだが、中心通貨はなんとUSドル。
だから、多くの外国資本がせきを切ったように、入って来ようとしているのだ。

今回の視察では、オープンして半年という東南アジアで最大級のイオンモールも訪問して来た。
本当に多くの若いカンボジア人でモールは連日いっぱいになると聞いた。
まさに先程の平均年齢23.9歳を考えると、
これから数十年は発展し続ける国なのだろう。
一年経って訪れても、その変わりように多くの人が驚くという。
お~平均年齢が47歳という日本と大きな違い。

今回、こんな風に“郷に入ったら、郷に従え”ということで、
いつものように中心街の早朝ランニングもし、
トゥクトゥクにも何度か乗せてもらったことで、
大きく変貌しようとしているカンボジアを体感することができたのだ。
(荒木社長、いろいろとありがとうございました)

さて、この“トゥクトゥク”でいっぱいのプノンペンの街は、
私が次に訪問する頃には、どんな乗り物に変わっているのだろうか。

moba1

カンボジアの街中はトゥクトゥクでいっぱい!

moba5

荒木社長ありがとうございました!

moba4

次の訪問時には、どんな風に変わっているだろうか

ページTOPへ
モバイルショット

04/10
2017

moba1

ビジネスは先手必勝か!?

あるパーティーで初めて出会い、意気投合し、その1ヵ月後には結婚を決めた!
なんて話は、ときどき耳にするが…
やっぱり決断の早さも含め、先手必勝なのか!?

私のちょっと苦い経験からは、結婚相手の選び方やタイミングを
アドバイスすることはできないが、
ビジネスにおけるアプローチについては、任せてもらいたい。

まぁ~結婚については、かなりの時間が経過しないと、
よかったかどうかはわからないだろうが…(!?)、
ビジネスは“先手必勝”であることは間違いない。
とにかく早く情報を入手し、行動に移すこと。

先日、私も関わる東京でのあるイベントで、
農業総合研究所の及川社長の講演を聴き、“これだ!”という思いを持って、
その後の懇親会の場で直接話をさせてもらった。
そして3週間後には、アポを取って会社訪問し、
提携も含めた具体的ビジネスの話に。

そしてなんと、出会いから1ヵ月後には、
北海道・十勝の芽室事務所で、もっと現実レベルの話を
させてもらうことになったのだ。

ここには“タイミング”というものが存在する。
たまたま、この4月に及川社長が北海道の十勝を訪問する予定が組まれていたのだ。
すなわち、初めてお会いし、この1ヵ月の中で具体的な話をしない限り、
この4月の会議は設定できなかったということ。

スゴいスピードとタイミング!
やっぱり、先手必勝なのだ。

もちろん、及川社長の人柄とその思いも知り、
ビジネスモデルも理解させてもらったからの行動ではあるのだが…。
やはりビジネスは決断と行動である。
このビジネスが今後どう発展していくのかはこれからだが、
次なるステージの入り口に立ったことは間違いない。

ビジネスは、先手必勝。
特に今の時代、新しいパラダイムへの移行期(中島流“パラダイムシフト75”)でもあり、
いかに早く次なるステージの情報をつかみ、
そこに向けて行動するかがポイントだからだ。
たとえ、そのチャレンジがうまく行かなかったとしても、
そこでの経験は次なるチャレンジに活かされることは間違いない。
すなわち“リスク回避力”の増強となるのだ。

さて、4月の中頃を予定している芽室事務所での会議は、うまく行くだろうか。
(残念ながら、私は会議に参加できないが…)
毎月、北海道の十勝を訪れているわけだが、
来る度に常に何かが前進している。
そろそろ越冬したヨーロッパぶどうの苗から待望の新芽が出始める頃…。

とにかくこの季節、いろいろなワクワク感でいっぱいだ!
さて、そろそろビジネス以外でも…
思わず意気投合し日々ワクワクしたいものだが…
(((o(*゚▽゚*)o))) ははっ!?

moba1

農業総合研究所に訪問させていただいた

moba3

農業総合研究所の及川社長

moba5

農業総合研究所は「農家の直売所」というインショップ形式の委託販売システムを運営している

moba6

ワイナリー構想の進捗状況を発信する「里山スタイル」

ページTOPへ
モバイルショット

04/03
2017

mabamain

守らなくてはならないもの!!

“どうしてくれるんだ、どう責任を取ってくれるんだ”
と電話の向こうから罵倒する取引先。半泣きになりながらも
“すみません、すみません”とひたすら謝る女性スタッフ。

その様子を目にした当時の鍵山氏は、
あまりの状況に電話を代わったという。
クレームの内容は、お客様が来店する時間までに、
約束の商品が届かなかったこと。
クレーム電話の主は、納品先のお店のマネージャーだとか。
そこで鍵山氏は、本来のお客様が店にいることを知ると、
電話に出てもらい、直接ご迷惑をかけたことを詫び、
明日昼までに必ず届けることを約束し納得してもらった。

そして鍵山氏は、納品先のマネージャーに再度代わってもらい、
商品の代金はもちろん、これまでの売掛金も不要であることを伝え…
加えて、解決することより
ひたすら人を罵倒するようなお店とは今後取引きをしたくないことを告げ、
取引停止の旨を伝えたという。
(スゴイ!)

このエピソードを聴き、
私たち経営者が“守らなくてはならないもの”というフレーズが頭に浮かんだ。
社員を守るのはもちろんだが、
それも含め会社としてしっかりとした“プライド”を持つこと。
すなわち、取引きにおいても、絶対譲れない価値観を
しっかり持つことの大切さを知ったのだ。
もしかしたら、つくる製品やサービスの品格もそれに準ずるかも知れない。

私の座右の銘である“美しく、生きる”も、
私にとって戒めであり、そして“プライド”と言えるものなのかも知れない。
(このフレーズは自分に対してはもちろん、
人との関係においても徹底しなければならないということ)

先程のエピソードには続きがあった。
鍵山氏からの“取引停止”の言葉を耳にしたその取引先のマネージャーは、
“偉そうなこと言いやがって…社長を出せ!”と息巻いたという。
そこで鍵山氏はひと言“私がその社長です”と。

今回のエピソードを聴き、鍵山相談役からは、
経営者たるものの“プライド”を学ばせてもらった。

mabamain

鍵山秀三郎相談役

moba1

お話しさせていただくたびに沢山の気づきと学びが生まれる

DSC08860

今回のエピソードを聴き、経営者たるものの“プライド”を学ばせてもらった!

ページTOPへ
モバイルショット

03/27
2017

mobamain

料理人とさくらんぼとフンの関係


「あなたは、さくらんぼの気持ちがわかってないなぁ~」
と言って席を立ち帰ってしまったお客様がいたという。
奥田シェフはそこからさくらんぼの気持ちをわかろうとして、
さくらんぼ畑を訪れ、あれこれ考え…、そして行き着いた料理は…

奥田シェフとはもう10年来の付き合い。
そして度々、声をかけ、イベントや取材で協力してもらっている。
なのに会う度に、次なるユニークな発想であり、行動に驚かされる。

「さくらんぼの木の側に立ったんですよ。
するとやっと、さくらんぼが赤く目につくカタチでぶらぶらしてるのは、
鳥や動物たちに食べてもらいたいからということに気づいたんです。
そう、美味しく食べてもらい、フンをして、
種をあちこちに拡散してもらいたいわけで…」

だから火を入れて、タルトにしてしまっては、種は死んでしまうし、
本来の美味しさも失ってしまう。
そして、デザートでも、
さくらんぼより甘い生クリームをつけてはダメで…という料理にたどり着いたという。
ほ~さすが!
料理人 奥田政行氏は、そこまで考えるんだ。

いま読んでいる生産性を上げるための、
MBA取得のコンサルタントの話と大きく違う。
この本はこれで目先のビジネスを考える上では
ついつい納得してしまうわけだが…、
ここには社会性であり、地球規模のヒューマンな考え方が欠落しているのだ。
(ワ―ルドワイドだけど、地球規模ではない)

それはともかく…、奥田シェフはこんな話もしてくれている。
若い人たちが入社してくるにあたって、“プロの料理人になってもらいます”と。
料理人の役割は何なのか、この職業の宿命とは…を語り、
“人間”よりも“プロ”を優先してもらう覚悟を持って
入社してもらおうとしているのだ。
(だから、今の政府の動きに対して、
日本ならではの職人がいなくなり、国力を失うとまで言っている)

この話によって半分くらいの若者が入社をあきらめるという。
(お~そんなに!)
それでも語る理由は、この仕事はそのくらい歴史を見ても、
社会的にも重要な役割を担っていることを解って、
追求して欲しいと思うからなのだろう。

そのくらい自分の仕事に対する理解と誇りがない限り、
続かないし、ついつい経済性に走ってしまうからねぇ~。
その仕事の役割であり “宿命”。
やっぱり、そこがわからず仕事についてしまうと、
追求できずに ラクな方へ流れてしまうことになるということ。

おっと、私たちの業界の役割であり
存在理由をしっかり追求しておかなくては…
そして働く人たちに 共有しておかないと、会社はブレることになる。

そうそう、里山を活かした料理人 奥田シェフには
“里山と生きる協会”をしっかりと応援してもらわなくては…。

moba1

奥田政行シェフ

moba3

奥田シェフには、度々イベントや取材で協力してもらっている

mobamain

会う度に、次なるユニークな発想であり、行動に驚かされる。

moba2

自分の仕事に対する理解と誇りがあるからこそ、こんなに素晴らしい料理が生まれるのだ

ページTOPへ
ページTOPへ