これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれる仕事道

07/10
2017

ビジ達画像_テンプレート

大沢悠里流“先義徹底”の極意

「道義を優先させ、利益を後回しにする」という言葉の“先義後利”。
ビジ達でも何度も登場している言葉だが、
今回の“先義徹底”を使うのは私も初めて。
というのも、今回のビジ達に向け私がつくった造語だからだ。

デイリーのパーソナリティーを降りてから1年、
久々に大沢悠里氏と改めてお話する機会があった。
皆さんご存知大沢氏は、ラジオ番組「大沢悠里のゆうゆうワイド」を
30年間継続された名パーソナリティにして、
超ベテランのアナウンサーだ。

もう30年(?)ほどお付き合いさせていただいているが、
今回お話して、その考え方であり
行動の素晴らしさに改めて気付かされたのだ。

番組を聴いていた方は知っていると思うが、
「大沢流エンドロール」というものがある。
エンドロールをラジオで? と思われるかもしれないが、
大沢氏は番組の最後に制作スタッフや登場者の名前を
一人ひとり読み上げていくのだ。
(裏方に徹するスタッフにはこれは嬉しいよねぇ~!)

さらに、大沢氏主催のお店貸し切り懇親会なんてものも!
氏が店を1日貸し切り、番組で関わった人たちを
毎回150(?)人以上ごちそうする催しを、
それも年に数回開催するのが恒例だったという。

もっとすごいのは、
氏の番組は8時半オンエアーだったにもかかわらず、
毎朝必ず6時にはスタジオに着き、
清掃からその日の番組の準備もしていたそうだ。

これだけスタッフを大切にして“あたりまえ”を徹底してきたからこそ、
多くの関係者に支えられ、30年も番組が続いたのだろう。

これだけではない。氏はリスナーにも気を回して、
「運転しているあなた、雨だから運転に気を付けて」と呼び掛ける。
さらに、大沢氏が一度病に倒れ入院してからは、
「病院のベッドで聴いておられる方もいらっしゃると思います」
という一言も添えるようになったという。
リスナーがどんな状況で聴いているかを気遣う言葉が、
氏の番組にはあちこちに散りばめられているのだ。

こんな話もあった。氏はタクシーを使うとき、
例えば短めの距離で900円くらいの運賃だったとしたら、
運転手には1500円渡すんだとか。
タクシー運転手には大沢氏の番組のリスナーも多いそうだが、
こんな気遣いをされたら、ますますファンになってしまうだろう。

こんなさりげない“義”を常に優先した行動を
氏は“徹底”してきた。
これはまさしく“先義後利”と鍵山相談役がよく使う
“凡事徹底”のハイブリッド、“先義徹底”といえるだろう。
この“先義徹底”が、大沢氏の番組が長年愛され、
選ばれ続ける理由となったに違いない!

sengi-01

清掃からその日の番組の準備も

sgt (1)

ラジオ界の“伝説”大沢悠里氏

Exif_JPEG_PICTURE

鍵山氏の“凡事徹底”と…

sgt (3)

拙著にも登場する“先義後利”を組み合わせたのが“先義徹底”だ!

ページTOPへ
選ばれる仕事道

06/26
2017

IMG_4317 copy

We can do it! Yoshi’sの仕事道

「西海岸一のジャズ・レストラン」と呼ばれる、
サンフランシスコの日本食レストラン。
250ある席はすべて埋まり、
併設された400人規模のジャズホールも超満員!
食事もショーも、その質の高さに圧倒されたのだった…!

と、これは先日のSFベイエリア研修ツアーで訪れた
レストラン「Yoshi’s」の話。
オーナーは日本人女性であり、御年74歳の秋葉好江女史。
Yoshi’sでの食事と秋葉女史とお会いすることは、
ツアーの目玉のひとつであり、私自身も楽しみにしていた。

そして彼女は、私の期待通りに素晴らしい方だった!

約50年前、米軍将校と結婚し渡米した秋葉女史は、離婚を期に心機一転。
名門のカリフォルニア州立大学バークレイ校へ
入学を目指し、ダンスと音楽を学んだという。
そして在学中、学費を稼ぐため開いた小さなレストランが、
今では、西海岸一の大繁盛店となった。

そのパワフルな生き方に私はおおいに感じ入ったのだが、
彼女の成功は、その生き方や人間性によるところが
大きいのだろうと私は考えている。

彼女は自著『We can do it!』のなかでここまでの人生を振り返り、
“一意専心”ということばをあげていた。
これは「他に心を動かされず集中し、
ひとつの事に一生懸命あたれば、それは人の心に響く」という意味。

目標に向け、ひたすら誠実に真剣に何かを目指す。
その姿に感動した多くの人たちが力となり、
アメリカの人々に愛されるレストランを経営するまでに至った、
まさにそんな彼女の経験だからこそのことばといえるよねぇ…!

やはり『We can do it(みんなできるさ)』と、
“一意専心”、どちらも通底する心の持ちようは同じ、
真剣にチャレンジを徹底すれば、
まわりはそれを見てくれるということなのだろう。
非力と思われがちな日本人女性が異国の地でたった一人、
これほどの結果を出せた理由は、
そこにあるにちがいない。

“一意専心”でさまざまな困難を
ブレイクスルーし、多くの人に支持される。
これがYoshi'sの、そして秋葉女史の“仕事道”なのだなぁ…!


sgt2

活力あふれる秋葉好江女史

sgt3

超満員のYoshi's!

sgt3+

sgt4

sgt4+

sgt5

sgt6

sgt7

秋葉女史の著書『We can do it!』

ページTOPへ
選ばれる仕事道

05/15
2017

sgtmain

新宮運送の“風を起こさない運転”

会社がどうにもうまく回らない。
何かいい手立ては…!? と、
悩んでいた中で出会ったのが
鍵山秀三郎氏の『掃除道』。

すぐに全てがよくなるわけでは当然ないが、
その社長はとにかく徹底した掃除を心がけ、
雨の日もガードレール磨きを率先して行ってきた。
今では会社全体に掃除の習慣が行き渡り、
最寄駅2 つのトイレをお借りして
掃除も実践してきたのだという!

これは、「日本を美しくする会」の企業見学会で訪れた
兵庫県の運送会社、新宮運送の木南社長のエピソードだ。

グループ企業の視察の後に
木南社長にお話してもらったわけだが、
そんな掃除道の実践から生まれたのが
運送会社としての存在理由からくる活動。

まず、新宮運送だから掲げる
「無事故・無違反・無トラブル4,000日運動」。
並大抵のことではないこの運動、
なんと16人もの達成者がいて、
しかも、8,000日の記録保持者も2名いるんだとか!

それから、「運転の質」を徹底追求するため
木南社長が掲げた、“風を起こさない運転”
というキーワード。
これは経営理念の中にある
「心のこもった仕事をする会社」
を実践するための行動指針といえる言葉だが、
次のような掃除中の体験から生まれたという。

道路脇にいるとき大きなトラックが走り抜けると、
当然巻き込むような強い風を浴びることになる。
だが、木南社長が道路脇の草刈りをしていたとき通った
とあるトラックは、風を全く感じさせなかったという。
そこから発想したのが、“風を起こさない運転”なのだ。

「無事故・無違反・無トラブル」
は言ってみればハード的要素だが、
“風を起こさない運転”は、「心のこもった会社づくり」
に至るためのプロセスも含めたテーマだ。

ブランディングにつながる日常業務の実践を考えると、
必ずや良いキーワードや理念が
必要になってくると言えるだろう。
そこでの“風を起こさない運転”は
運送会社ならではの質を語るキーワードであり、
新宮運送が見つけた“仕事道”といえるだろう!

木南社長には何度もお会いしていたが、
実際に会社に伺ったのはこれが初めて。
そこでこんなお話が聞けたのだから、
やはり直接出向けば、
そこには必ずや素晴らしい出会いがある。
これも“一期一会”ということだろう。

sgt2

エンジンの構造について教わる様子

sgt3

車の下に入るという滅多に出来ない経験も!

sgt4

帰りを待つ2匹のカエル

sgt5

目指せ! 無事故・無違反

ページTOPへ
選ばれる仕事道

02/13
2017

sgtmain

「北の住まい設計社」のこだわりヴィレッジ

北海道の大雪山のふもと、
東川町の中心地から少し離れたところに、小さな廃校がある。
そこが「北の住まい設計社」の工房だ。

私がこの名前を初めて聞いた時、
てっきり住まいを中心に建築物を
提供する会社だと思っていたのだが…。

先日、東川町を訪問した際に見学させていただいたところ、
なんとそこには廃校を活用した工房のほかに、
おしゃれなカフェ&ベーカリーのお店があったのだ。

店内には大きな窓から光を取り入れたカフェスペースが広がり、
洗練されたインテリアが心地よい空間を生み出している。
パンだけでなく、地元の農産物を加工したジャムやコーヒー豆など、
選り抜きのこだわり食品が一緒に販売されている。

カフェの方では北海道産の小麦を使用した
パスタやニョッキを出しているという。
季節の素材にこだわったメニューは、
北海道の野菜や肉、牛乳を基本に、安心安全にも配慮していた。
味付けも調味料をあれこれと入れず、
素材の味を活かした調理法にしているそうだ。
(すばらしい!)

このお店も「北の住まい設計社」が運営するものだが、
あくまでも事業の一部。
先に紹介した、廃校の工房でつくる家具が本題なのだが…。

案内された建物に入ると、
目に飛び込んできたのは積み上げられた大量の木材。
何年も手間暇かけて乾燥させているそうで、
家具作りの材料も地元産にこだわっているという。

さらに別の部屋へ歩を進めると、
なんとそこはショールーム&ギャラリーというスペース。
ここは家具や生活雑貨を展示、販売している部屋で、
これを目当てにお客様が山奥まで来るそうだ。

ここの家具がそれだけ注目されていると
大手流通業者も来るようだが、
「北の住まい設計社」はそういった話にはまず乗らないという。

自分たちのこだわりを理解し、
それを望むお客様にしっかり伝えて
販売してくれる流通でないといけないのだ。

現在は直営店と理解あるパートナーのみに卸していて、
経済優先型の現代ビジネスにおもねらない企業展開をしている。
材料調達から家具作りまで、手間をかけてじっくり仕上げているのだ。

やっぱり、ここまで地域がものづくりにこだわらないと、
多くの人が選んではくれないということ。
そして、このカフェ&ベーカリーからショールーム、
いくつもの工房から木材管理建屋までとらえると、
もうそこはひとつのヴィレッジなのだ。

私たちも北海道芽室町で「土と太陽のヴィレッジ」
という計画を立てているが、それはワイナリー構想を中心にしたもの。
「北の住まい設計社」は家具づくりを中心にヴィレッジを展開していて、
そのこだわりと展開の仕方は私の期待を上回る素晴らしさだった。

「北の住まい設計社」がこの地に越してきて30数年が経つというが、
この場所を選んだことも、ものづくりの隅々まで
こだわっていることも、すべてに理由があった。

このこだわりこそが、
多くの人たちが今後も選んでくれる理由となるはず。
これぞこだわりのヴィレッジ、
こだわりの「仕事道」と言えるだろう!

sgtmain

「北の住まい設計社」の則末氏と渡辺氏

sgt2

廃校の中に工房がある

sgt3

雑貨が展示・販売されていたり…

sgt4

もちろん家具やインテリアも!

DSC07254

大きな窓から光を取り入れたカフェスペース

sgt1

敷地内には、家具づくりの材料となる大量の木材が

sgt5

ものづくりにこだわった、ここはもうひとつのヴィレッジなのだ

ページTOPへ
選ばれる仕事道

01/04
2017

DSC08860

謹賀新年2017                 今年も“箸よく盤水を回す”が極意

「箸よく盤水を回す」
昨年12月のビジ達が700号を迎えた記事での言葉を、
皆さんは覚えているだろうか。

満杯のたらいの水(盤水)を箸一本で回しても
最初は箸しか回らない。
ところが、その箸を回し続けると、
周囲の水が少しずつ少しずつ回るようになる。
そこで、さらに諦めずに回し続けると、
輪が広がり、最後にはたらいの中の水全体が
大きな渦となって回るようになるという意味だ。

以前、紹介した本『東川スタイル』の舞台である北海道・東川町。
ここは30年前に“写真の町”として宣言し、
試行錯誤のさまざまな活動の末に注目される町となった。
その結果ここ20年間で町の人口は14%も増え、6900人から8100人に。
全国各地で人口減が進む中にあって、注目に値する町なのだ。

そして、私の友人でもある鎌倉新書の清水祐孝社長は、
20年前に60万円もするセミナーに参加していたという。
そこにはあの楽天の三木谷社長や、
ネットエイジの西川社長もいたんだって。

「いいお墓」「いい葬儀」「いい仏壇」をキーワードに、
その業界のプラットホームづくりをすすめることで
昨年、めでたく上場をはたした。
他の2人の社長も、20年前のそのセミナーに参加したことにより
新しいビジネスを作り上げて現在の活躍に至るのだ。

ここで、重要なのはどちらも20年、30年も前に
その種をしっかり蒔いていたということ。

目先ではなく、未来を見据えて
何らかの動き、チャレンジをし始めない限り、
「その時」はやってこない。
やっぱり時間をかけ、根気強く決して諦めないことが大事だってことだよねぇ。

小さな努力で大きな成果ではなく、
大きな努力をもってして小さな成果を確実に掴む。
「箸よく盤水を回す」という言葉をビジネスの極意として、
今年のセミナーや講演会でも発信していこうと思う!

DSC08860

今年もよろしくお願いいたします!

ページTOPへ
ページTOPへ