これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

03/06
2017

synmain

Memuroワインヴァレー構想は “万華鏡プロジェクト”

「アイデアは新しい組み合わせ、まさに万華鏡のようなもの」。
こんな風に例えている本を読んだ。

たくさんの形・色のガラス片が底に入った筒を
プリズムを通して眺めると、
あらゆる種類の美しい幾何学模様を描き出す。
筒を回すだけで、次々と新しいデザインパターンが生まれる
万華鏡のことは、もちろんみなさんもご存じだろう。

さて、その本ではさまざまな情報の欠片を組み合わせて
アイデアをつくり出すことを万華鏡に例えていたわけだが、
ここで私はアイデアではなく、私がいま展開している
“Memuroワインヴァレー構想”のことに考えが及んだ。

“Memuroワインヴァレー構想”は、
まちづくり、ワイナリーづくり、
都会の人と十勝地域を結ぶための「&里山生活」や
アグリツーリズムなどの施策、
それら施策を実現するための十勝の農家や地域の人々、
そして専門家の人たちとのつながり…
というように、実にさまざまな要素から成り立っている。

私には、これらすべての人と地域とモノ・コトなど、
さまざまな要素を組み合わせてつくりあげられる姿が
“Memuroワインヴァレー構想”であり、
まるで万華鏡の複雑で美しい
デザインパターンのように思えたんだよねぇ…。

ある大きな目的を持ったとき、まず万華鏡の筒の中へ
それらに関わる知識やノウハウ、人的ネットワークを入れてみる。
そして、戦略や戦術を考えながら回してみるのだ。
(もしかしたら、戦略・戦術もつなぐ
媒介として入れ込むのかもしれない)

すると、いろいろなガラス片が絡み合い、
きれいな万華鏡の世界が広がるはず。
(まあ~きれいであればいいというわけではないだろうが)
思いもよらない展開、模様がつくりあげられるかもしれないのだ。
そして、そんな風にできあがるプロジェクトを、
中島流“万華鏡プロジェクト”と呼ぼうと考えたのだ!

さらに、万華鏡の中のガラス片たちだけではなく、
デザインパターンを構成するプリズムの形・角度といった仕組みは
そのときの情勢や時代背景といえる。
質の高いプロジェクトを展開するには
当然、それら時代背景を考えた仕組みにも着目しなければならない。

さて、私は“Memuroワインヴァレー構想”を
“万華鏡プロジェクト”としたわけだが、
実は私たちのビジネスそれ自体も、
大きな“万華鏡プロジェクト”
のひとつと呼べるのではないだろうか。

私たちのビジネスがどんなデザインパターンを描くのか…。
美しい模様を演出できるビジネスを、
これからも展開していきたいものだ!

syn1

“Memuroワインヴァレー構想”は実にさまざまな要素から成り立っている。

syn2

“Memuroワインヴァレー構想”は “万華鏡プロジェクト”なのだ!

synmain

おかげさまで着々と進行中

syn1

美しい模様を演出できるビジネスをこれからも展開していきます!

ページTOPへ
シナジースペシャル

02/06
2017

synmain

ビジ達流“セレンディピティ”の招き方

ビジ達でも何度かご紹介してきた“セレンディピティ”。
これは、課題意識を持つことで情報感度が高まり、
思わぬタイミングでよいアイデアを思いつく、
ということを指すことばだが…。

たとえばフレミングは、ブドウ球菌の研究中
実験器具にカビを生やしてしまったことがきっかけで
抗生物質ペニシリンを開発した。
ニュートンはリンゴが木から落ちる所を見て
万有引力の理論を思いついたわけだ。

そう、歴史に名を残す発見をした科学者たちの多くは
本来の研究課題ではなく、その途上で巡り合った偶然、
すなわち“セレンディピティ”によって
発見の糸口をつかんでいるのである。

“セレンディピティ”とは本来、偶然性の強いもの。
だが、ビジネスにおいて効果的な施策を思いつくためにも、
いかに“セレンディピティ”を
意識的に起こせるかが重要ではないだろうか。

それではどうすればいいのか?
具体的な話をしてみよう。
たとえば、私がいま展開している
Memuroワインヴァレー構想は、
ある日突然思いついたものではない。

私は以前より、「地元の北海道に役立つことをしたい」と
考えてきた。

それが2010年代に入り、
海外研修で訪れたスコットランドの農場で、
農産物を活かしたカフェやマーケットが
展開されている光景を見たのだ。

また、里山の活かし方を考えているとき
たまたま手に取った『里山ビジネス』という書籍で、
著者の玉村豊男氏が長野の里山でワイナリーを
経営していることを知った。
そしてこれまた偶然、仙台の経営者仲間が
ブドウの苗を植えようとしているという…。

かねてより抱いていた「地元への貢献」という考えが
これらの体験によって具体性を帯びてゆき、
あるとき“セレンディピティ”が起こったということ。
そして、Memuroワインヴァレー構想となったのだ。

やはり、構想を漠然と考えるのではなく
実現するために必要な事柄のX,Yの座標軸をつくり、
自分が課題としているものは何なのか、
それを解決するための条件は
どの辺りの位置にあるのかを明確にしておくことが大切だ。
この明確化が、後々あるタイミングで
“セレンディピティ”を発生させることにつながるのだ。

課題意識を持ちアンテナを高め、
実現したいことに具体性を持たせておく。
これぞ、ビジ達流“セレンディピティ”の招き方なのである!

syn1

海外研修で訪れた『クレイジンズファーム』では“6次産業”を体現していた

syn2

たくさんの体験が、考えに具体性を持たせて“セレンディピティ”が起こったのだ!

synmain

課題の明確化が“セレンディピティ”を招くのだ

ページTOPへ
シナジースペシャル

01/23
2017

risk_7-01

“リスク回避力”こそが人間力に!

その18歳の少年は、渋谷の歩道橋を何往復もし、
ビクビクしながら今日の宿泊場所を探していた。
東京の友人を訪ねたものの、当人は引っ越しており、
宿のあてがなくなってしまったのだ。
なんとか交番の助けを借りて、宿を見つけたのだった…。

実はこれ、44年前の私のこと。(なんと!)
今では渋谷を堂々と歩くどころか、
道玄坂で早朝のごみ拾いまでしている。
なぜここまで堂々とできるようになったのか、
当時と今の違いはなんだろうか?

思えばこの44年間、実にさまざまな体験をしてきた。

若い頃は、なかなかハードなことも多かった。
理不尽な理由で訴えられたときには弁護士を雇い、
最終的には高等裁判所の被告という立場も経験させてもらった。
(もちろん、勝つこととなるわけだが…)
株に詳しくなかった頃には、
仕事関係の人から投資の話を持ち掛けられ、
100万円余りの現金を持ち逃げされる詐欺にもあった。
会社の運営が軌道に乗ってから、
会社を大きくするため優秀な人材が必要だ!
と始めた中途採用でも昔は色々な目にあった…。

そう、44年間のこうした経験とそれに対処するノウハウ、
そして人とのネットワークが今の私には備わっているのだ。

そして、ビジ達でご紹介した『善の循環』や
『海賊とよばれた男』など、苦難にあいながらも、
それらを突破し成長していった
経営者たちを描いた書籍を読み気づいたことがある。

彼ら偉大な経営者たちは、
次々とチャレンジすることによって、
多種多様なリスクへの対処や回避の仕方を自分のものにしていった。
すなわち“リスク回避力”を備えていったということ。

中島流として“リスク回避力”の要素を整理すると
以下の7つになる。
「リスク回避力 7つのファクター」
1.人を観る目がある
2.危険・危機を察知できる
3.対処・手立てがわかる
4.引き返す勇気がある
5.人的ネットワークが充実している
6.リーダーシップがある
7.大局が見れる

いずれも色々な経験やチャレンジによって身につくもので、
この“リスク回避力”を持つ経営者たちは、
今まで築いてきた人とのつながりによって
リスクをより回避できるということになる。

すなわち、究極の“リスク回避力”とは、
人間力や成長力につながるのだ。
もしかしたら、長期的に見て成功するかどうかは、
この人間力であり、“リスク回避力”
にかかっているのかもしれない。

これからの不確実性の時代にこそ、
“リスク回避力”は重要になってくるだろう。
私も究極の“リスク回避力”を目指し、
人間力を高めていきたい!

syn2

“リスク回避力”はさまざまなチャレンジで得られる

risk_7-01

“リスク回避力”の要素を整理すると 7つのファクターに

syn3

『善の循環』の主人公であるYKKの吉田氏も苦難を突破し、成長していった

ページTOPへ
シナジースペシャル

01/09
2017

DSC05568

あの“良心くん”のご主人

「良心くん」という木彫りの小さな人形(?)が、
あちこち旅していることをご存知だろうか。
穏やかな顔で合掌するお地蔵さんのような姿をしている
良心くん(厳密にはお地蔵さんではないのだが…)。

バックパッカーであり、紀行作家であるシェルパ斉藤氏と共に、
世界各国を旅してきた人形なのだ。
そして、この良心くんの活躍がすごい!

バックパッカーの斉藤氏は、
日本国内外を旅して情報発信することが仕事。
旅先では良心くんのお陰で多くの人たちと
自然にコミュニケーションをとることができるし、
海外であっても言葉や国境の壁を越えて皆が笑顔になるそうだ。
(すばらしい旅の助っ人!?)

先日シェルパ斉藤氏と話をする機会があったのだが、
良心くんの坊主頭を撫でる人も多く、
中には涙を流して喜ぶ人もいるという。

斉藤氏によると、良心くんはちょうど
赤ちゃんくらいの大きさということもあり、
女性たちはまるで赤ちゃんを抱いたような
気持ちになるのではと語っていた。

そして、写真の一角に良心くんを入れるだけで、
存在感あるオリジナルの写真が撮れるのだ。
端にいても後ろ姿であっても写真の演出をしてくれる良心くんは、
斉藤氏のコラムのあちこちに登場する。
(もう斉藤氏は、良心くんから離れられないだろう!? うんうん。)

ぜひ皆さんにも良心くんの活躍を見ていただきたい!
UP BOOKS&MAGAZINESの
シェルパ斉藤氏のコラムをチェックだ。

そんな良心くん、数年前の誕生日に
奥様からプレゼントされたものだそうだ。
ご近所の仏師につくっていただいたそうで、
そこから二人三脚で旅をしている。

ビジ達をご愛読の皆さんならご存知かと思うが、
私にも私そっくりの人形「Mr.セイージ」がいる。
実のところ、Mr.セイージが登場したのは良心くんがきっかけなのだ。

そう、良心くんを見た途端にビビっときた私は、
早速いつも似顔絵でお世話になっている
プレジャー企画(クラウンKの会社)さんにお願いして、
良心くんほどのぬいぐるみをつくっていただいたというわけ。

おかげさまでMr.セイージも、
良心くん同様にいるだけで活躍してくれる存在だ。
海外へ一緒に旅することも多いのだが、
Mr.セイージがいてくれるだけで
現地の方々とのコミュニケーションがとりやすい。

そしてその後のコラムでも、
Mr.セイージの入った写真はひと目を引いてくれるのだ。
ありがとう! 良心くん。
ありがとう! Mr.セイージ。

彼らはかけがえのない旅の友であり、
言葉の壁を越えたコミュニケーションツールであり、
写真の演出家でもある。
ずばり、私たちを豊かに演出する、
相乗効果のかたまりのような存在なのだ。

斉藤さん、良心くんを大切にしましょう!
私もMr.セイージを大切にします!

syn2

photos by sherpa saito

syn1

photos by sherpa saito

DSC05559

旅先では良心くんが大活躍する

DSC05568

私もMr.セイージを大切にします!

ページTOPへ
シナジースペシャル

11/21
2016

synmain

“人事を尽して、天命を待つ”が極意

Memuroワインヴァレー構想のため、11月も北海道・十勝へ!
いつもなら出張中は休む間もなく奔走しているのだが、
農繁期だったこともあり、
今回はたまたまフリーの日曜日が1日あったのだ。

折角のフリーの時間、有効活用せねば! ということで
母を見舞い、実家にも顔を出し、
ワイナリー構想関係者のパン屋さん(カントリーブラン)にも。
さらに、(以前、ビジ達でもご紹介したが…)
先日40年ぶりに再会した高校の同級生にも会い、
今回のワインヴァレー構想について
しっかりコミュニケーションさせてもらった。

そしてこれまた高校の同級生である、
スポーツ店を営む友人と話していたところ、
な、なんと! またしても! 同級生を紹介され、久々に3人で話をすることに。
そして最終的には、同級生のご子息と
東京でビジネスの話をする運びとなったのだ。
このように、ほんの数時間のうちに3人の同級生と
しっかりコミュニケーションできた。

さらにさらに、ワイナリー予定地に
私の母がお世話になった方の家があるので
そこも訪問し、今後の話をさせてもらった。
そして最後は帯広で夜の屋台村へ行ったのだが、
偶然となりに座った人は首都圏で会社を経営しているという。

本当に様々な人との出会いがあった1日だった。
(実はこの日はフリーだったこともあり、
「人とのコミュニケーション」をテーマに
時間を有効活用しようと動いていたんだよねぇ…)

と、ここでタイトルの“人事を尽して、天命を待つ”につながるのだ。
中島流に「人と会うこと」を分析すると、次の5つの効力がある。

1.人と会うことで、関係の深化につながる。
2.人と会うことで、次なる出会いにつながる。
3.人と会うことで、情報が入ってくる。
4.人と会うことで、情報の発信ができる。
5.人と会うことで、気付きや次なる発想が生まれる。

今回においても、人と会うことで関係が深まり、
それが最終的に、同級生の子息との出会いにつながった。
また、地元の人と話すことで、
ワイナリー構想の情報発信ができるとともに
地元の人の現状であり、今後の課題も見えてきた。
こうして得た気づきから、さらなる構想への発展も見えてきた。

まさに、これらは人と会うことで得られた効力だろう。
“人事を尽して、天命を待つ”とは、できることを全てやったら
あとは天に身を任せる、という意味の言葉だが、
中島流としての“人事”とは、
人との関係においてできることを十二分にするということ。

すなわちコミュニケーションをやり尽し、
あとは天から与えられた運命に従い、心を労しない。
私もコミュニケーションの重要性を改めて心に刻み、
日々の出会いを大切にしていこう! と思ったのだった。

syn1

美味しそうなパンに囲まれて…

syn2

人と会うことで沢山の効力が得られるのだ!

ページTOPへ
ページTOPへ