これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

シナジースペシャル

06/12
2017

syn1

サンフランシスコと“禅”

「ハングリーであれ、愚かであれ」
アップル社創設者の一人である
スティーブ・ジョブズ氏の言葉だ。

海外と“禅”の組み合わせを意外に
感じるかもしれないが、これはジョブズ氏が
曹洞宗の教えから影響を受けた言葉なのだ。

海外研修で先日訪れた、
サンフランシスコ・ベイエリアにも
禅との深い結びつきが感じられた。

私は今回ベイエリアで、レス・ケイ氏という
“Kannondo”の住職にお会いすることが出来た。
(日本のいわゆる“観音堂”である)
なぜ彼はベイエリアにKannondoを建て、
そこで様々な経営者が座禅を組み、話を聞くのか。

今から60数年前、仏教学者の鈴木大拙氏が
禅の必要性を海外に説いて回り、
曹洞宗の僧侶である鈴木俊隆氏がサンフランシスコに
禅を学べる場所をつくった。

おそらくレス・ケイ氏は、鈴木俊隆氏のつくった
禅の施設に通い、ベイエリアでKannondoを建てるに
至ったのだろう。

彼は、貴著『ZEN at WORK』で
禅が仕事と人間関係に通ずるものとして、
その活用方法を説いている。
(残念ながら全文英語だったのだが…)
人間関係で迷ったとき、その答えを
与えてくれるのは禅だという。

実はレス・ケイ氏はIT企業のエンジニアとして
活躍していた頃もあり、
その経験も交えて書かれている。

サンフランシスコ・ベイエリアを見て周ったとき
地球規模で社会のバランスが崩れていると感じた。

合理主義や経済優先主義が台頭することで
どうしても社会やビジネスには偏りが出てきてしまう。
すると人々は、無意識の中にも
必ずやバランスをとることを考える。

実は社会だけでなく人の
精神バランスにもアンバランスが…
すなわち、そのアンバランスの修正のために
禅が活かされていると考えていいだろう。

また、サンフランシスコ周辺では、
人々のオーガニックへのこだわりを強く感じた。
なぜ人々がそこに行きついているのか。
それは、主たる医療だった西洋医学の
対処療法に行き詰りを感じ、東洋医学を取り込み
漢方やオーガニックへ向かったと思うのだ。

つまり人々が偏りへの修正を行っているということ。
すなわち、“禅”に至っていることは“必禅”だったということ。
(ははははっ…)

東洋医学や、オーガニックへのこだわり、そして禅など、
これらの心身の修正は全て、合理主義から生じた
アンバランスを修正するための手段として
行きついたのではないだろうか。

アンバランスを正し、精神の安定を授けてくれる禅。
これからもサンフランシスコの人々の
精神的な修正に一役買うことだろう。

syn1

“Kannondo”の住職、レス・ケイ氏

syn2

“Kannondo”の前で集合写真!

syn3

『ZEN at WORK』をいただきました

syn4

レス・ケイ氏の声に真剣に耳を傾ける

syn5

座禅で精神を統一!

ページTOPへ
シナジースペシャル

05/15
2017

synmain

シナジーを生む“情熱大力”

日曜の夜といえば「情熱大陸」!
第一線で活躍する人たちを追いかける
お茶の間で人気のドキュメンタリー番組だが…

今回お話したいのは情熱大陸ではなく、
“情熱大力(たいりき)”について。
先日、その情熱を自身の原動力としている方
と話す機会に恵まれた。

その方こそ、海洋冒険家の白石康次郎さん。
24歳からヨットでの単独世界一周に挑戦し、
2度続けて失敗。そのショックは大きかったという。
それでも26歳、3度目の挑戦。
ついに単独無寄港無補給世界一周の最年少記録を樹立し、
それ以来5回の成功を収めている。

さらに白石さんは昨年49歳の時、アジア人で初めて
世界一過酷なヨットレース、
ヴァンデ・グローブへの挑戦を決めた。
この挑戦にはとにかく多くの費用がかかるが、
もちろん白石さんだけでは
その費用を全額用意することは出来ない。

そこで諦めることなく、経営者の方々に
「私のヨットレースを応援してほしい!」
と呼びかけたところ
(なんと!)3億円を超える出資金が集まったのだ。

経営者の方々は、企画書も読まず
白石さんの話だけを聞いて、
夢への情熱に心を動かされて出資をしたということ。

結果的にレースは途中棄権することに
なってしまったのだが…。

思えば私が当時27歳で
クリエイティブの仕事を創業したころ。
実績も実力もなかった私に仕事を
任せてくれるお客様がいた。

それはどうしてか?

「こんな会社をつくりたい」
「こんな仕事をやりたい」、と
「志」を語っていたからではないだろうか。
それを聞いた人が、だったら…と仕事を任せてくれた。
今思えば、そこにあったのは
“未来への情熱”だったのではないだろうかと思う。

知識や情報が蓄積され、
ノウハウや人的ネットワークなどが
出来上がるまでには、膨大な時間を有する。
もちろんあれこれと実績をつくるには、
もっと時間が必要だろう。
しかしそれを待っていたら、
ビジネスは永遠に前に進まないのだ。

私や白石さんの周囲の人たちは、
実績も実力もなかった私たちの
情熱を評価し、その思いにかけてくれた。
つまり情熱は、人を動かすほどの
凄い力を持っているのである。

これこそが“情熱大力”!
情熱には、時間をかけて構築するものを
超える力があるということ。

ときには知識や実績をひけらかしても
人の心を動かすことはできない。
私たちが本当に大切にすべきなのは
志や情熱をもってことに当たれるかどうか!

シナジーを生むのは、まさに“情熱大力”なのである。

syn1

白石さんの相棒「Spirit of yukoh」

syn2

海洋冒険家の白石康次郎さんと

syn3

“未来への情熱”に燃えている!

ページTOPへ
シナジースペシャル

05/01
2017

syn1

あなたは好きですか? 江東区

「あなたは好きですか? 江東区」
こんな動画を、我が社の現社長山田氏に見せてもらった。

江東区ならではの人情味あふれる下町情緒、
イベント、地域性などを1分間でアピールしたこの動画。
江東区が主催する「熱いまちKOTO動画アワード」という
動画コンペでグランプリをとったのだが…な、なんと!
この動画の制作グループのリーダーが、山田氏なのだ!

トロフィーを誇らしげに持ってきてくれた山田氏が
このようなアワードでグランプリを獲るのはこれで2度目。
じゃあ、結構応募しているのかと思いきや…
動画コンペに参加したのも2回目だという。
それじゃあ勝率100%の10割打者ということだ!
(やるねぇ~!)

ところで、彼は今回の「チャレンジ」で
どのようなことを得ただろうか。
私が考えるに、次のようなことを得たと思われる。

まず動画コンペにチャレンジするにあたり、
映像を撮る人、ストーリーを考える人、音楽をつくる人、
編集をする人…などなど、多くの人を巻き込んでいる。
つまり、人的ネットワークを得ている。
次に、音楽や動画編集などさまざまなスキル・知識・ノウハウを得ている。
さらに、江東区のことや、動画制作についての知識を得ている。
さらにコンペに参加した経験やグランプリを獲得した実績、自信を得ている。
そしてコンペ出場を通じ、審査員のテリー伊藤氏や
江東区長とも会い…というように、
次につながる出会いを得ている。

つまりこのチャレンジによって、
人的ネットワーク、スキルやノウハウ、知識、
経験・実績・自信、新たな出会い…
こんなに多くのものが得られたのだ。

さて、山田氏は日々のチャレンジを大切にし、
江東区の動画コンペグランプリにつながったわけだが、
これはまさに私が過去にお話ししてきた
「チャレンジは“リスク回避力”につながり、
そのリスク回避力が次なる大きなチャレンジにつながる」、
の体現なのではないだろうか!?

そしてやがて彼のチャレンジは、
“Think Global, Act Local”により、
ビジネスにとどまらずもっと大きな、
社会貢献のためのチャレンジにもつながるかもしれないのだ。
これは先日紹介した、物事を広く見渡す3次元的視点に
時間軸という4次元の目線を加えた、
中島流“3×4メソッド”を表しているといえるだろう。

やはりチャレンジの積み重ねこそが、
新たな道を切りひらいていくということだ!
さて、冒頭でお話しした動画、今後は区内外で活用され
江東区をアピールしていくという。
次は、どこで出会えるだろうか…!?

syn1

動画アワードのトロフィー!

syn2

江東区報にも大きく掲載

syn3

一番左が弊社社長の山田氏だ

ara4

リスク回避力が次なる大きなチャレンジにつながるのだ!

ページTOPへ
シナジースペシャル

04/10
2017

synmain

リスク回避力こそ、チャレンジ力

なにやら雲行きが怪しいぞ…!
こんな調子で少々危機感を覚えたのは、
今年で11年目を迎えるリーダーズセミナーだ。
リーダーズセミナーとは、次代のリーダー育成を目的とする体験型セミナーである。

今年は出足がおそかったのか、なかなかメンバーが集まらず…。
1ヶ月をきった頃から、真剣に経営者の仲間たちを訪問・連絡し、
(どうにか!)昨年並みに参加者が揃う目処がついた。

誰にどのように連絡をとるかを考え、
急場を伝え、きちんと誠意をみせる。
すると「だったら…」と対応してくれる人たちがいる。

これは“リスク回避力”が発揮されたといっていいだろう。
つまり経験やチャレンジによって、多種多様なリスクへの対処や、
回避の仕方を身につけていたということ。

周知のように「里山と生きる協会」発足イベントが、7/6(木)に行われる。
これを成功させるには、内容を濃くしていかなければならない。
そこで経営者の先輩方や、お世話になっている人たちに協力をお願いし、
充実したプログラムを計画中なのだ!

“リスク回避力”があってこそ、ここまで形になってきている。
その上で色々なチャレンジが出来る。

そこで私は1つの結論に至った。

“リスク回避力が高くなればなるほど、チャレンジ力も高くなる”。
1、2年前であれば「里山と生きる協会」の設立や、
大々的にその発足イベント企画をすることはなかっただろう。
色々なチャレンジの積み重ねによって、
“リスク回避力”が上がったからこそ、
安心して次のステージを目指せることに。

以前“相乗効果はチャレンジの2乗に比例する”という法則を発信した。
行動すればするほど、その経験や出会いにより
相乗効果を呼び寄せることができるというものだ。

これもまた以前“リスク回避力はGRIT(グリット)の2乗に比例する”という話もした。
GRIT(グリット)とはやり抜く力のことであり、
その2乗に比例して“リスク回避力”もあがるということである。

そして今回の3つ目。
“チャレンジ力はリスク回避力の2乗に比例する”。
すなわち色々な経験や人的ネットワークにより“リスク回避力”が増せば、
それが裏付けとなり、次なる大きなチャレンジに
挑もうとしたくなるということ。

つまり“リスク回避力”こそ、“チャレンジ力”であるといえるわけ!

うんうん、確かに。
だから私は迷わずワインヴァレー構想にチャレンジするし、
「里山と生きる協会」の設立にまでやろうとしちゃうんだろうなぁ~。

synmain

リスク回避力こそチャレンジ力!

syn1

リスク回避力

syn2

相乗効果はチャレンジの2乗に比例する

syn4

リスク回避力はGRIT(グリット)の2乗に比例する

ページTOPへ
シナジースペシャル

03/06
2017

synmain

Memuroワインヴァレー構想は “万華鏡プロジェクト”

「アイデアは新しい組み合わせ、まさに万華鏡のようなもの」。
こんな風に例えている本を読んだ。

たくさんの形・色のガラス片が底に入った筒を
プリズムを通して眺めると、
あらゆる種類の美しい幾何学模様を描き出す。
筒を回すだけで、次々と新しいデザインパターンが生まれる
万華鏡のことは、もちろんみなさんもご存じだろう。

さて、その本ではさまざまな情報の欠片を組み合わせて
アイデアをつくり出すことを万華鏡に例えていたわけだが、
ここで私はアイデアではなく、私がいま展開している
“Memuroワインヴァレー構想”のことに考えが及んだ。

“Memuroワインヴァレー構想”は、
まちづくり、ワイナリーづくり、
都会の人と十勝地域を結ぶための「&里山生活」や
アグリツーリズムなどの施策、
それら施策を実現するための十勝の農家や地域の人々、
そして専門家の人たちとのつながり…
というように、実にさまざまな要素から成り立っている。

私には、これらすべての人と地域とモノ・コトなど、
さまざまな要素を組み合わせてつくりあげられる姿が
“Memuroワインヴァレー構想”であり、
まるで万華鏡の複雑で美しい
デザインパターンのように思えたんだよねぇ…。

ある大きな目的を持ったとき、まず万華鏡の筒の中へ
それらに関わる知識やノウハウ、人的ネットワークを入れてみる。
そして、戦略や戦術を考えながら回してみるのだ。
(もしかしたら、戦略・戦術もつなぐ
媒介として入れ込むのかもしれない)

すると、いろいろなガラス片が絡み合い、
きれいな万華鏡の世界が広がるはず。
(まあ~きれいであればいいというわけではないだろうが)
思いもよらない展開、模様がつくりあげられるかもしれないのだ。
そして、そんな風にできあがるプロジェクトを、
中島流“万華鏡プロジェクト”と呼ぼうと考えたのだ!

さらに、万華鏡の中のガラス片たちだけではなく、
デザインパターンを構成するプリズムの形・角度といった仕組みは
そのときの情勢や時代背景といえる。
質の高いプロジェクトを展開するには
当然、それら時代背景を考えた仕組みにも着目しなければならない。

さて、私は“Memuroワインヴァレー構想”を
“万華鏡プロジェクト”としたわけだが、
実は私たちのビジネスそれ自体も、
大きな“万華鏡プロジェクト”
のひとつと呼べるのではないだろうか。

私たちのビジネスがどんなデザインパターンを描くのか…。
美しい模様を演出できるビジネスを、
これからも展開していきたいものだ!

syn1

“Memuroワインヴァレー構想”は実にさまざまな要素から成り立っている。

syn2

“Memuroワインヴァレー構想”は “万華鏡プロジェクト”なのだ!

synmain

おかげさまで着々と進行中

syn1

美しい模様を演出できるビジネスをこれからも展開していきます!

ページTOPへ
ページTOPへ