これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ありがとう、感謝します

01/23
2017

thxmain

『致知』そして「カンブリア宮殿」から学ぶこと

『致知』という雑誌、読まれている方も多いのではないだろうか?
これは「人間学を学ぶ」というタグラインがついている月刊誌だ。

つい最近発売された2月号の「巻頭の言葉」は、
日本を美しくする会相談役の鍵山秀三郎氏が執筆。

また、数ページめくると株式会社風土
(「土」の右上に点がつくのが正しい漢字)の会長であり
元船井総研会長である小山政彦氏の特集も載っていた。
小山氏とは月刊CDを一緒に発行して14年も経つ。

さらに、「石田梅岩」についての対談記事もあったのだ。
梅岩の「都鄙問答(とひもんどう)」を
さらに分かりやすく解説した本が出版されたそうで、
「石門心学・実践講座」という勉強会を行っている
私としては見逃せない記事だ。

今月号だけでもこれだけ私の知っている方々が見られたのだが、
よくよく考えるとここ1年は顔見知りや
気にかけている人がかなり登場していた。

たとえば株式会社傳來工房の橋本和良社長、
志ネットワークの「青年塾」代表である上甲晃氏。
また、伊那食品工業株式会社の井上修社長、
庭のホテル東京の木下彩社長。
十勝バス株式会社の野村文吾社長、
株式会社八木澤商店の河野通洋社長などだ。

この方々には私のラジオ番組にも登場していただいた。
(番組と『致知』のコンセプトが似ていたからだろうか…)

さらにこのところの「カンブリア宮殿」にも、
私のよく知る経営者たちが何人も登場していた。

株式会社パン・アキモトの秋元義彦社長、
大里綜合管理株式会社の野老真理子社長。
石坂産業株式会社の石坂典子社長、
Spiber株式会社の関山和秀代表、千疋屋総本店の大島博社長もだ。

懇意にしている経営者がこんなにも出演されていたのだ。
(皆さま、いつもお付き合いいただいて、
本当にありがとうございます!)

これは偶然ではない。
私が発信しようとしている価値観や企業経営のベクトルが、
『致知』や「カンブリア宮殿」とオーバーラップしているのである。
時代も社会性を持った企業やビジネスに
注目しているということなのだろう。

(素晴らしいコンテンツを制作してくださってる
『致知』や「カンブリア宮殿」制作スタッフの皆さまも、
ありがとうございます!)

中島流の「パラダイムシフト75」でいうと、
今までのパラダイムである利益や数字さえ良ければ…
という価値観は、これからの時代には選ばれないということ。

これからの75年は、私が発信するところの
社会性あるソリューションビジネスに取り組む企業や
価値観が地球規模で求められていくのだ。

これからのソリューションビジネスとは何なのか?
ということを、現在多くの人が注目している。
だからこそ、上記のような企業が世間で注目されているし、
あちこちのメディアで同時に取り上げられるのだ。
中小企業が目指すべき企業価値観は、ここにある。

thxmain

多くの読者を持つ月刊誌『致知』

thx2

庭のホテル東京の木下彩社長

thx3

十勝バス株式会社の野村文吾社長

thx4

株式会社パン・アキモトの秋元義彦社長

thx5

石坂産業株式会社の石坂典子社長

thx1

中島流の「パラダイムシフト75」

ページTOPへ
ありがとう、感謝します

12/19
2016

bookmain

価値ある本は、まわりの人からの紹介だった

このところビジ達でご紹介している
“目からウロコのおすすめ本”。
その多くは、まわりの人たちから紹介された本なのだ。

たとえば、30年前に「写真の町」を宣言し、
自然や町並みを整えた東川町の町づくりを描いた『東川スタイル』。
この本は、十勝の芽室町で展開するワイナリー構想の関係者でもある
パン屋「カントリーブラン」の主人から紹介してもらったのだが、
芽室町でのワイナリー構想と重なるところがあり、
興味津々で読ませてもらった。

つい最近ビジ達でご紹介した
YKKの創業者・吉田忠雄氏が主人公の『善の循環』や、
天然酵母によるパンづくりを実践するパン屋さんの
『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』は
石門心学で共に学ぶ竹花氏の紹介によるものだ。

そして、出光興産の創業者がモデルの小説『海賊とよばれた男』や、
中国の思想家を描いた小説『晏子』は
( “益は無くとも意味はある”のキーワードが頭に浮かぶねぇ…)
鍵山相談役が「いい本」とおすすめしていて知ったのだ。

そういえば、ビジ達で何度もご紹介した寺田本家の
『発酵道』も、私の講演会でプレゼントしていただいたんだっけ…。
それも沖縄での講演会のときに、
「まさに中島さんの価値観と同じですよ」と言われて
いただいた本だったのだ。

こうして振り返ってみると、心からいいと思える本は
同じベクトルを持つ方々から紹介してもらったものばかり!
これは一体どういうことなのだろう?

私は本を2冊出版し、講演会やラジオなど
様々な場で自分の考え方や価値観を発信し続けてきた。
そうすると、私を知る多くの人たちは、
「この人の価値観はこうなんだ」と認識してくれる。

すると、私の価値観に共鳴した人たちが
いろいろな角度から価値観を補強したり、高めてくれる
価値ある本を紹介してくれることに繋がるのだろう。
(うれしいことである)

そして本を紹介してもらった私も、その恩に応えようと
切磋琢磨してゆくことになるのだ。

改めてここで、いい本を時代を超えて読んでいきたいと思う次第である。
そしてやはり、“価値ある”本はいろんな人たちの
口コミにより拡がってゆくのだなあ!
私の本も、誰かにとっての“価値ある”本として
歩んでくれているだろうか。
そろそろ、次なる本も出したいところだけど…。

book

『東川スタイル』は「カントリーブラン」の延與氏から…

sgt1

『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』は竹花氏から…

sgt1

『海賊とよばれた男』は鍵山相談役から…

bookmain

価値ある本は、まわりの人からの紹介だった

ページTOPへ
ページTOPへ