これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれるビジネス

06/10
2013

biji (1)

チャレンジ&チャレンジの真田ビジネス

例えばあなたが、1,000万円プレイヤーだったとしよう。
しかし、自分の今歩いている道とは
別の方向へ時代が進んでいこうとするとき、
どうするだろうか?

モバイルオンラインゲームやスマートフォンアプリ、
ソフトウェアを開発・提供している
KLab(クラブ)株式会社の真田哲弥社長は、
かつてこの場面でこう選択した。

給料が例え1/10になったとしても、次代に台頭する業界へ転向しよう。
そこで得た知識と経験が、必ずや次なる展開に奏功するはずだ!

これが、今回のタイトルにもなっている
真田社長の「チャレンジ&チャレンジ」なのだ。

最初のチャレンジは「転向」。
1950年代にIBMが大型コンピューターを開発、
スティーブ・ジョブズとビル・ゲイツという
ITの両雄によって家庭用PCが普及し、
さらにはモバイル端末へと移行していく。

かつてコンサルタント系の事業を営んでいた真田社長は、
この流れを既に20年以上前に見通していた。
そして、時流は間違いなくインターネットであり、
モバイルブラウザの開発などを手掛ける会社へ入社したのだ。

大学生時代から既に起業していたという真田社長は、
その時初めてサラリーマンを体験する。
もちろん給料は大幅に下がるが、
それでもインターネット関連会社で培われる知識と経験が
この先必要になるから、と転向を決断したのだ。

ロングレンジで物事をとらえ、
自分が何で社会に役に立つかしっかりと見通さなければ、
このようなチャレンジはできないだろう。

当時、現在のスマホの先駆けとなる開発に関わっていた真田社長は
既に“世界”を見ていたのかもしれない。

そして、新たな業界への飛び込む決断をするわけだ。

真田社長が1年ほどのサラリーマン時代を経てIT企業を設立した時、
まだインターネット業界は
決まったビジネスモデルも無いような状態だった。

そんな業界に飛び込むということは、
「こうすれば、このくらいは儲かるだろう」という
目算すらつけられない訳で、これはかなり大きな賭けだっただろう。

しかし、時流は間違いなくこの業界にある。
彼は自らのビジョンを信じ挑戦した。

これらの2つのチャレンジにより、
見事真田社長は一部上場のKLab株式会社を展開するに至ったわけだ。

彼曰く、「時流に乗らなければ明日は無い」。
そして、チャレンジをしていかなければ
多くの人々に選ばれるビジネスにはなっていかないとのこと。

それにしても20年も前からモバイル、
しかもブラウザではなくアプリへ移行していくと見通していたとは…。

そんなスゴイ真田社長は、
来週16日・再来週23日の「BUSINESS LAB.」に登場する!
チャレンジ&チャレンジの真田ストーリーをぜひ聴いてほしい。

  ──────────────────────
  InterFM『BUSINESS LAB.』
  東京76.1MHz・横浜76.5MHz
  毎週日曜6時から好評放送中!
  ──────────────────────

biji (1)

KLab株式会社の真田社長が「BUSINESS LAB.」に登場!

biji (2)

ページTOPへ