これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれるビジネス

08/05
2013

biji (4)

続 フランク・ロイド・ライトの仕事道

先日、ニューヨーク・シカゴ視察ツアーを共にした仲間で
自由学園明日(みょうにち)館を見学してきた。

池袋にある自由学園明日館は、
羽仁吉一、もと子夫妻が創立した学園だ。
その校舎は、なんと近代建築の巨匠である
フランク・ロイド・ライト(以下FLW)の設計によるもの。

ではなぜFLWは学校の校舎を建設したのだろうか。

当時、FLWは帝国ホテルの建設のため来日していた。
そこで彼の助手を務めていた建築家の
遠藤新(えんどう・あらた)が
夫妻へ紹介したことがきっかけという。
そして、羽仁夫妻の目指す教育理念に深く感銘したFLWは、
設計を快く引き受けたそうだ。

視察ツアーで我々は、ニューヨークのグッゲンハイム美術館や、
シカゴのオークパークの住宅群などのFLWの建築を見学してきた。
そのためか、明日館の外観を一目みただけでも、
FLWらしい仕事ぶりを感じ取ることができた
(私もつい建築を語れる気分に…)。

住宅地の中に突如現れるその建物は、
幾何学的な装飾モチーフを多用し、
高さを抑えて地を這うような構造の
プレーリースタイル(草原様式)が特徴だ。

建物と周囲の環境が一体化しているような
独創的な空間になっているのだ。

その建物の中にも、FLWによってデザインされたテーブルやイス、
照明などが並ぶ。
その洗礼された調度品は、この空間との一体感を演出している。

このFLWの、空間を含めたデザインへのこだわりや、
細部にまで徹底した作りこみは、
彼の仕事への追求心の賜物であろう。

視察で見た彼のどの作品からもその心意気であり、
こだわりを感じることが出来た。

飽くなき追求心で、デザインや細部へのこだわりを
徹底し続ける姿勢。
それがある種のエネルギーとなって作品に宿り、
訪れる人へ発信し続けているのだろう。

これこそが、FLWならではの“仕事道”であり、
彼のどの作品を見ても「これぞFLW!」と思わせる
魅力の源なのかもしれない。

徹底した仕事をすることが、エネルギーを発信し、
そこに関わった人へ伝えることができるということ!

biji (1)

直線的なデザインが美しい!

biji (2)

え!この椅子もデザインした!?

biji (3)

洗練された美しい空間

biji (4)

家具や窓が一体感を演出している

biji (5)

この窓もオリジナル!

biji (6)

FLWの想いが詰まった空間

ページTOPへ