これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれるビジネス

11/05
2013

biji (4)

50人の「仕事道」を発信


「仕事道」を歩み、「経営道」に行き着く。

2012年1月からスタートしたInterFM『BUSINESS LAB.』。
実は、放送が始まってもうすぐ丸2年が経とうとしている。

この間、番組に登場してくれたゲストの方々は実に50人。
しかも、そのほとんどが今を輝く経営者の方々なのだ。

幅広い年齢層の経営者の方たちに、
まさに“意味のある話”を毎回語っていただいているのだが、
ふとその方々を思い浮かべると、
私の頭にある共通点が浮かんできた。

それは、それぞれではあるが“仕事道”を歩んでいるということ。
ビジネスの追及の仕方、働くスタッフへの考え方、社会貢献への意識。
どの経営者の方も道に辿り着き、道を歩んでいるということだ。

若い経営者の代表で言うと、
『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』で
有名な株式会社ユーグレナ出雲充社長。

弱冠33歳にして、すでに浮き沈みの激しい、
厳しい経験をしている経営者のうちのひとり。
まさに“ジェットコースターのような日々”を乗り越えてきたのである。

年輩の経営者で言えばやはりBOOK OFFの創業者であり、
俺の株式会社の坂本孝社長だ。

「2勝10敗」と本人が語る通り、多くの“失敗”も経験してきたという。
しかし、どんな困難や試練の中にあっても、
次なるチャンスを待ちながら
新たなステージへと進んで行くところがスゴイ。

彼らをはじめ、ゲストで登場してくれた経営者の方々は、
ただ儲けたい、会社を大きくしたい、名声が欲しい
などといった発想で経営している人はまずいない。

いろいろと大変な思いをしながらも社員のことを考え、
“継続”を意識し、仕事を通して社会貢献を考える
といった価値観を持っているのだ。

それこそ私中島がずっと語ってきた「仕事道」。
いや、もっと言えばその先にある「経営道」なのである。

「いい仕事のできる会社にしようとすること」
「きちんとした組織をつくろうとすること」
「社会に役立つ会社にしようとすること」
「継続できる会社にしようとすること」

やはりビジネスは“道”として考えなければいい経営はできないし、
継続も難しいということ。

ビジネスを展開しながらも「仕事道」を突き詰めていくと、
いずれ「経営道」に行き着く。
そんな選ばれるビジネスを
これからもゲストと共に発信し続けようと思うのだ。

次回の放送もお聴き逃しなく!

────────────────────────────────
  InterFM『BUSINESS LAB.』
  東京76.1MHz・横浜76.5MHz
  毎週日曜6時から好評放送中!
────────────────────────────────

biji (1)

俺の株式会社 坂本社長

biji (2)

株式会社ユーグレナ 出雲社長

biji (3)

さまざまなゲストの方が登場してくれた…

biji (4)

「仕事道」は「経営道」へと行き着く

ページTOPへ