これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれるビジネス

01/20
2014

biji1

モンベルの“好きこそビジネスの上手なれ”

「実は、銀幕デビューしたんですよ」

株式会社モンベルの展示会で、
代表取締役会長 辰野勇(たつのいさむ)氏が
嬉しそうに発した言葉がこれ。

今年6月に公開予定の、家族をテーマにした
映画「春を背負って」に出演したという。
この映画は立山連峰が舞台となっており、
山小屋を中心に人間ドラマが繰り広げられる。

山が舞台の映画とあっては、
登山家としてアイガー北壁登頂の実績のある
辰野氏が嬉しそうに話すのもうなずける。

そんな辰野氏が1975年に設立したモンベルは、
もうすぐ40周年を迎える。

現在こそ「山ガール」といった言葉が
生まれるほど登山への人気が出てきたが、
設立当時はあくまで趣味の世界だった。

そのため、良質な登山用具はあまりなかったそうだ。
そこで辰野氏は自身の経験や知識を活かして、
本当に合理的・機能的に使える
登山用具をつくりたいと思ったという。

ここで辰野氏が大切にしたことは、
「何を作ったら売れるか」ではなく
「自分だったら何が欲しいか」という発想だ。

登山家の自分が便利だと思うこと、
欲しいと思うことは、
他の登山家にも共感してもらえるはず。

そういう思いで作った寝袋は、
多くの人から愛用されており、
現在も定番の人気商品となっているという。

今回のビジ達でも紹介している
株式会社フラットフォー代表の
小森氏と共通するところが多い。

自分が欲しいもの、
あったらいいなあと思うものをつくり続けていたら、
ビジネスになっていたという。

大のビートル愛好家でもある小森氏は、
趣味が高じた仕事だからこそ、
同じ愛好家の心をつかむサービスや
商品を作ることができているのだろう。

まさに“好きこそビジネスの上手なれ”。
始めから戦略的な売り方を考えるのではなく、
まずは「好きだから」「これがやりたいから」で始める。
だからこそ飽きずに続けられるということ。

好きなことを仕事にしているからこそ、
楽しんで仕事ができるし、
良いアイデアが生まれ、
長く人々から求められる。

辰野氏も小森氏もなんとシンプルかつ
根元に迫ったビジネスを
展開していることだろう。

“好きこそビジネスの上手なれ”。
やはりこれこそ“ビジネスの極意”
なのではないだろうか。

そういう私も、好きでこの業界に入り、
好きなプランニングや
コンサルティングをしているのだ。
だから30年以上続けてこれたのかもしれない。

biji

趣味が高じて映画にも!

biji1

登山好きは必見!?

biji2

今年6月に公開予定!

ページTOPへ