これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれるビジネス

07/14
2014

biji (1)

Mr.カルミネ流アグリツーリズム

1987年、日本でイタリア人オーナーシェフとして
レストラン「カルミネ」をオープンした
カルミネ・コッツォリーノ氏。

料理人として約30年日本で腰を据え、
いろいろなチャレンジをしてきた。
先日、そんなカルミネ氏とお話する機会があった。

カルミネ氏の次なる挑戦は「アグリツーリズム」だという。
これは、都会の人が農業体験をしながら
休暇を過ごす新しいライフスタイルなのだが、
近年、需要が増加しているそうだ。

カルミネ氏は「日本でのアグリツーリズムは
もっと盛んに行われるべきだ」と話す。

農業は高度成長期に、利益が少ないという理由で
軽視されがちだったため、
現在ではそれを生業とする人が少なくなり、
業界自体が衰退してしまっていると言っていいだろう。

そこで、カルミネ氏は、
あえて自分の出身地のイタリアで
そのアグリツーリズムを実行する準備をしている。

イタリアのフィレンツェ郊外に施設を持ち、
そこでぶどうや野菜などを育てると共に、
ワインの生産にも挑戦しているという。

実は私も2011年のイタリア研修ツアーのときに
その施設を見せてもらい、
ワインの試飲をさせていただいた記憶が…。

この時、施設はまだ試験段階だったそうだが、
最近は本格的な始動に向けて
整備されつつあるという(ぜひ見てみたい!)。

そして、今後はこれらを日本人に向けて
「カルミネ流アグリツーリズム」として
展開していく予定だそうだ。

最近では、野菜を選ぶ際に、
生産者や生産場所を
重要視する人が増えているように、
良質な野菜、良質な農業が
見直され始めているという。

このように、私たちの生活において
“農業”はその重要さを
取り戻してきているのは間違いないだろう。

かつて経済性ばかりを追って
軽視されていた農業が、
現代においてその重要性も再確認され、
ビジネス的進化が求められている。

農業を通じて、私たちの生活全体を振り返ることは、
今後の日本の食生活の再構築にもつながるのだ。

来年の海外研修ツアーはイタリアとし、
ぜひ、カルミネ流アグリツーリズムを体験してみたい。

InterFM『BUSINESS LAB.』では、
そんなカルミネさんのお話を伺います!
7月20日日曜日朝6:00から!ぜひお聴きあれ!
――――――――――――――――――――――
InterFM『BUSINESS LAB.』
東京76.1MHz・横浜76.5MHz
毎週日曜 朝 6時から好評放送中!
──────────────────────

biji (1)

日本でイタリアン30年!

biji (2)

故郷イタリアでの挑戦!

Exif_JPEG_PICTURE

緑も空気もおいし~い!

Exif_JPEG_PICTURE

広大な大地のおいしいぶどうを求めて

biji (6)

挑戦はまだまだこれから

ページTOPへ