これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれるビジネス

12/17
2012

Exif_JPEG_PICTURE

虎屋の応対

サービスが高く評価されている店はたくさんあるが、
時には過剰なまでのサービスが目立つところもある。

接客(応対)において最も大切なのは、
相手に気持ちよく
帰ってもらうために“礼を尽くす”
ことではないだろうか。

室町時代から続く老舗和菓子メーカー・虎屋。
経営理念は「おいしい和菓子を喜んで召し上がっていただく」。

ワンフレーズのシンプルな理念を
徹底しているからこそ、
お客さまにもその心が自然に伝わり、日本を代表する
一流のメーカーとして500年も愛され続けているのだ。

そのおもてなし精神はお客さま相手だけではない。
先日、ある打合せのために17代当主(黒川光博社長)の秘書室を訪ねた時のこと。

秘書と思わしき女性の案内で応接室に通される最中、
ある部屋でたくさんの絵を動かしているのを
たまたま目にした。
興味を持った私が尋ねると…。

「昨日まで展示をやっておりまして、
今朝から搬出作業をしているんです。
すみませんねぇ、お見苦しいところを
お見せしまして…」
と気遣ってくださった(私としては全然見苦しくなんてなかったのだが…)。

その後応接室で待っていると、
お茶請けとして出されたのは
可愛らしいゆずの生菓子。
さすが、日本を代表する虎屋の和菓子は雅やかで目を喜ばせてくれる。

さらに、帰りには打合せ相手の方々が
エレベーターで一緒に下まで降り、
私たちが出ていくまで見送って
くださったのだ(さすが!)。

案内されてからお見送りを受けるまで
非常に丁寧な応対をしていただき、
お陰で私は気持ちよく虎屋を後にすることができた。

サービスへの評価が高いホテル、ザ・リッツ・カールトンの
接客対応はすばらしいが、日本人の私としては、
日本の“礼を尽くす”応対が
やっぱり1番と思えたのだ。

きめ細かく“礼を尽くす”応対(おもてなし)の精神は
日本ならではの文化であり、
まさに一流と言えるだろう。
味や形こそ変われど、いつの時代も虎屋の心は変わらないということ。

ここ数十年のうちに日本はずいぶんアメリカナイズされ経済優先型の発想が定着してしまったが、
古くからこの国に受け継がれている価値観を
見直すタイミングが来ているのないだろうか。

新しいステージに立つためには、
日本に伝わる本当に大事な価値観を見直すことも必要なのだ!

Exif_JPEG_PICTURE

ゆずの生菓子

Exif_JPEG_PICTURE

日本を代表するメーカーだ。

Exif_JPEG_PICTURE

老舗の味を守り続ける

Exif_JPEG_PICTURE

偶然見つけた対談記事!

ページTOPへ