これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれるビジネス

12/01
2014

biji (3)

“敢えてSpirits”が選ばれる

「普通のことをしても褒めてもらえない」
ある時、こんなフレーズがテレビで紹介されていた。

今注目されているミュージシャンである
べーシストのKenKen氏を紹介する番組だった。

今でこそ、いくつものバンドをかけもちする
人気ミュージシャンであるKenKen氏。

音楽を志すきっかけは、8歳のときに見た
海外ミュージシャンのビデオだったという。

ミュージシャンを目指し始めた
KenKen氏は、実は音楽一家の出身。
ならばギターなんて弾けて当たり前…
という反応しかされなかったそうだ。

「だったら、人の倍以上やってやる」
という気持ちで練習に打ち込み、
その結果才能を開花した。

そしてKenKen氏は
多くのミュージシャン仲間からも
その実力を認められるようになったという。

私がそこでふと気づいたのは、
音楽一家という厳しい環境にいたからこそ、
通常以上を求められ、試行錯誤したのではないか。

それによって自分の可能性を最大限に
発揮できたのではないかと思うのだ。

どんな環境であっても、
より高いレベルを目指して「敢えて○○をする」。

厳しい条件があるからこそ、
自分なりの努力を重ねて能力やノウハウを
身に付けることができるのだ。

この“敢えて”を選べる精神(=Spirits)があれば、
新しい段階へ進んだ自分に出会うことができるのだ!

先週ご紹介した飴細工師の
Candy Miyuki氏も同様だろう。

シングルマザーとして子どもを育てていくことを考え、
技術力と演技力さえあれば男女関係なく
能力が発揮できる“飴細工師”を選んでいる。

その結果、ディズニーワールドで働くという機会を得て、
さらなるレベルアップを可能にしている。

KenKen氏のように音楽一家に生まれながらも、
家族以上のミュージシャンを志すことや、
Candy Miyuki氏のように女手一つで子どもを育てること。

これらは一見選択肢の限られた環境に思えても、
「敢えて○○をする」という選択により、
より上質な自己実現につなげることができるのだ。

これって、実はうちの会社にも
当てはまることがあるのだ!

弊社はコーポレートコミュニケーションを
テーマにした制作会社だ。
そしてそれだけではなく、
「プランニング」も含めた、
責任あるビジネススタイルを徹底してきた。

そのお陰か、少しだけ、
より皆さまから選ばれる会社になれている気がするのだ
(まだまだ発展途上だが…)。

自分が試行錯誤するために
厳しい環境・状況を“敢えて”選ぶ。

その“敢えて”Spiritsを持ちながら努力を続ければ、
選ばれる理由につながっていくのかもしれない。

biji (3)

“敢えてSpirits”をお持ちのCandy Miyuki氏

ページTOPへ