これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれるビジネス

11/12
2012

Exif_JPEG_PICTURE

坂本孝流“立ち飲みの店”

先日、ブックオフの創業者・坂本孝氏が
社長を務める、
バリュークリエイトの経営計画発表会に
参加させていただいた。

坂本孝氏が活躍の舞台を飲食業界に
移してからまだ3年ぐらいだが、
バリュークリエイトが展開する立ち飲みの店
“俺のイタリアン”や“俺のフレンチ”は、行列のできる人気店となっている。

先日、日曜日の夕方6時頃、たまたま通りかかった神楽坂店で何と30人の行列。
(もちろん、美味しくリーズナブルな価格設定だからなのだが…)さらには1店舗目がオープンしてから1年と数ヵ月しか経っていないのに、今では首都圏に約10店舗まで拡大しているというから驚きだ。

今回の経営計画発表会では、そんな店で働く
シェフたちの話も聞くことができた。

実はこのシェフたちの多くは、
星のつくレストランや有名店で
活躍していた経験を持つ人たちばかり。
中には有名店の総料理長を務め、独立を考えていた人もいる。

自店を持つことも夢ではない腕を持ったシェフたちに
“俺のイタリアン”、“俺のフレンチ”の
一員になることを決意させたのは、
坂本氏の熱意であり、バリュークリエイトに感じた将来性や志だという。

入社してみると、いろいろなシェフたちとの出会いもあり、それも楽しく刺激的なのだそうだ。
その言葉通り、この会場に集まったシェフたちは、
だれもがイキイキとし、輝いていたのが
印象的だった。

また、発表会では目標のためのバランス表を見せていただいたのだが、
食材の原価率はなんと65%。その高い原価率をカバーするためには、
3回転以上の回転率で展開する必要がある。
それを可能にするのは、凄腕シェフたちとサービススタッフの努力なのだ。

凄腕シェフが生み出す高品質の料理、高原価率をカバーする高回転率。
そして、高回転率を可能にする、サービススタッフの対応と高い厨房生産性。
これは本場のフランス人やイタリア人にはできない、
日本人ならではの業態の実現と言えるのではないだろうか。

今回の経営計画発表会では、坂本社長が語る経営理念である“物心両面の幸福”を意識した、スタッフたちへの配慮を感じ取ることができた。
それがスタッフたちの意識の高さにつながり、
ひいては坂本流の立ち飲みの店が、多くの人に選ばれることにも
つながっているのではないだろうか。

この発表会では、坂本社長の“仕事道”をしっかり確認できたのだ。
私は個人的にも、坂本流立ち飲み店に期待!
そして応援します。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらが坂本社長

Exif_JPEG_PICTURE

本当に立ち飲みなのだ!

Exif_JPEG_PICTURE

高品質のサービスを提供してくれる!

Exif_JPEG_PICTURE

美味しいワインがこの値段!

Exif_JPEG_PICTURE

美味しそうだ!

ページTOPへ