これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれるビジネス

11/14
2016

bijimain

さいちの行列の理由(わけ)

また行列ができていた!
お店の前にも、中にも、駐車場にも…。
コンビニほどの小さなお店の「さいち」は連日大賑わいで、
年間7~8億円の売上があるそうだ。

さいちは仙台の秋保温泉にあるスーパーマーケットで、
私はもう15年(?)ほど前からしばしば通っている。
このときも4つある駐車場はほぼいっぱいで、
変わらない人気ぶりが伺えた。

早速店の中を覗こうと近づいたら、
なんと入り口で既に8人ほどのお客様が並んでいる!
祝日とはいえ、こんなのは初めて。

中へ入ると、店のメインであるお惣菜、お弁当、
おはぎが並ぶ通路はひときわ混雑していた。
店内でも順番を待たないと、
ここのおはぎを買うことができないのだ。
私はここを「さいちの銀座通り」と名付けている。

この「おはぎ」は1日平均5000個、
春と秋のお彼岸には、なんと1日で2万個売るそうだ。
小さなスーパーの「さいち」は、
なぜここまで繁盛店になったのだろうか。

その昔、さいちには250~300のお惣菜のマニュアルがあったそうだ。
ところがある日、マニュアルで作られた
きんぴらごぼうを食べたお客様が、「昨日のは塩辛かった」と
社長の奥様である専務に伝えたという。

専務が早速担当スタッフに確認したところ、
「マニュアル通りに作りました」という答え。 

この出来事を受けて、社長と専務は
朝の5時くらいまで話し合ったという。
そしてその結果、300種のお惣菜マニュアルを
すべて捨てるという決断となった。

つまりマニュアルがあることで、スタッフは
自分の作ったお惣菜の味に責任を持たないようになってしまった、
という結論に至ったのだ。

この決断により、当然手間はかかるようになったが、
お惣菜もおはぎもさらに美味しくなったという。
スタッフが味に責任を持ち、新人にもそのコツを
きちんと教えてくれるようになったからだ。

選ばれる理由には、目先のことに惑わされない
思い切った決断が大切だということ。

株式会社イエローハットの創業者である鍵山秀三郎氏は、
「価格だけが競争ではありません」と
ほかの要素の大切さを語ってくれている。

そして、吉田カバンの吉田吉蔵氏も、
人件費の安い外国に頼らず、
職人を育むために国内だけで製造を行うと決断した。
 
このように、目先の利益や効率、お金、
経済だけではない決断が、選ばれる理由になっているのだ。
そしてさいちの行列も、その当時の経営者の決断によるもの。
この美味しいおはぎの味も、その時の「英断」のお陰なのだ。

biji1

仙台の秋保温泉にあるお店「さいち」

biji2

こんなに行列が…

biji3

お彼岸には1日2万個も売れるというおはぎ

biji5

店内にも順路があるほどの人気ぶり

biji4

経営者の「英断」が大繁盛店へと導いたのだ

ページTOPへ