これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれるビジネス

11/21
2016

bijimain

“十勝スイーツヴァレイ”の理由

「なっ…ない!」
というシーンはすでに2回連続。
とかち帯広空港の「六花亭」のお土産売り場にあるはずの
どら焼きが売り切れてしまっているのだ。

月1回の北海道出張の帰りのことである。
私がいつも乗る東京行きの飛行機は13時台。
ということは12時過ぎには空港に着いているのだが…、
その時間にはもう売り切れているのだ。
このことだけでも、このどら焼きがどれだけ人気か皆さんにも伝わるだろう。

この「六花亭」のどら焼き、本当に美味しいのだ。
どら焼きで有名な老舗「うさぎや」のものも食べたことがあるが、
やはり私には「六花亭」が一番!
そんなわけで出張の帰りには、
東京で首を長くして待っている人たちのために
どら焼きを買って帰ろうとするのだが…、なかなか難しい。

そんな話を、帰る前日に街中の「六花亭」店舗で話したら、
なんと「今ここでご注文いただければ、空港でご用意しておきますよ」とのこと!
その日につくられたものを空港で受け取れるようにしてくれるという。
(すばらしいサービス!)

小豆や大豆はもちろん、小麦、
乳製品であるバター、チーズ、生クリーム、
そしててんさい糖など…、ここ十勝にはお菓子づくりの素晴らしい食材が揃っている。
そんなこともあってか十勝には共に何十年も続く
人気の大きなお菓子店の2社、先程の「六花亭」と「柳月」がある。

この2社が切磋琢磨して競い合うことで、
より美味しいお菓子が創り続けられているということ。
そして近年、次なるお菓子店もそこに入ろうと
質を追求しながら台頭して来ている。
先日立ち寄り、注目のロールケーキを購入した
「あさひや」もそのひとつなのだろう。
(思わず1人で1本を食べてしまった。ごちそうさまでした!)
うんうん、日本の十勝はスイーツヴァレイといえる地域なのだ。

私と同じく十勝の芽室町出身である「スイーツ親方」こと芝田山親方。
親方がスイーツで注目されたのも、
十勝の美味しい食材でつくられたお菓子を食べて育ったことも
その理由にあると語っていた。
やっぱり、十勝のお菓子は和菓子も洋菓子も本当に美味しいのだ。

この土地だからこそ、お菓子の競合ができる。
そして、切磋琢磨し合うその競合状況が
サービスや質の高さに繋がっているってこと。
私たちのビジネスでも良きライバルを持ち、
多くの中から選ばれるように日々追求を重ねていくことが、
存在理由となり継続に繋がるということだろう。

そして十勝を訪れた際には、
是非皆さんもこの十勝スイーツヴァレイの美味しさを味わっていただきたい!

bijimain

「六花亭」のどら焼きはMr. セイージも大好き!

biji3

良質な素材にこだわりお菓子づくりをしている「六花亭」

biji4

坂本直行氏による草花のモチーフのパッケージも有名だ

biji2

「あさひや」のロールケーキも美味しかった

biji1

皆さんにも是非、十勝スイーツヴァレイの美味しさを味わっていただきたい!

ページTOPへ