これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

選ばれるパーソン

07/22
2013

TOPper

ノンポリの市長!? 椎名千収氏

もし自分の住んでいる市の市長が、
「私はどちらかというとノンポリに近いです」
なんてことを口にしたらどうだろう。

この世には、
実際にそんな市長がいるのだからおもしろい!

成東町・山武町・蓮沼町・松尾町の
4町村が合併して誕生した千葉県山武市(さんむし)。
そこで市長をされているのが
“ノンポリの市長?”こと椎名千収氏だ。

本来、ノンポリとは「nonpolitical」の略で、
政治運動に関心がないこと、
あるいは関心がない人のことをいうのだが、
椎名市長は少し違う。

ここで椎名市長が言う“ノンポリ”とは、
明確な政治的主義主張を持たず、
また、党派に所属せず市長をやっているということ。

つまり、主義主張を貫くためや、組織に属すことで、
いま求められていることが見えなくなるような
市長ではないということだ。

実はそんな椎名市長が、まだ旧成東町の町長だった頃、
私は成人式の講演会のお手伝いをさせてもらったことがある。

10年くらい前の話だが、この時すでに椎名市長は、
フラットな立場から地域のことを真剣に考えているという印象。

そして今、山武市の成人式では毎年、
市長も入った職員合唱団が舞台で歌うことになっているという。
それも成人を迎える方々が、中学校の卒業式で歌った歌を
みんなで何度も何度も練習して歌うのだとか。

そこには、あたかもいっぱしの大人になったような顔をしている
新成人に対して、5年前の純粋だった自分、素直な姿勢を
いつまでも忘れないでほしいという願いが込められている。

1年に1度しかないこの発表の場。
しかし、そのためにみんなで一生懸命練習する姿勢は、
自分の持っている力を地域のため、人のためにフル活用しようとする
椎名市長のこだわりとも言える価値観が感じられる。

また、市としてのさまざまな施策を通して、
職員を育むという発想も常に考えているという。

このスタンスこそ、2期目になっても
未だにその地域に住む人や、職員の方々など多くの人たちから
支持される大きな理由のひとつなのだろう。

自分が持っている能力を地域活性化のためにどう活かし、
どう役所の職員たちに残していくか。

最近、ビジネスも“ソーシャル性”が重要という
時代にシフトしてきているとよく語るが、
当然市長の仕事はソーシャル性、地域性無くしてできるはずがない。

椎名市長のようなノンポリに近い価値観は、
自分のもっている能力を全て活用して地域を活性化し、
未来の人たちのためにどう活かすかという、
ソーシャル性が込められている。

だからこそ時代が変化しても選ばれ続けるのだ。

そんな山武市の椎名市長が
7/28・8/4の『BUSINESS LAB.』に登場!
椎名市長の価値観、また市長としてのスタンスが
よ~くわかる話を是非とも聴いてほしい!
お楽しみに~!

──────────────────────
  InterFM『BUSINESS LAB.』
  東京76.1MHz・横浜76.5MHz
  毎週日曜6時から好評放送中!
──────────────────────

per2

その話にはソーシャル性が感じられる

per3

その価値観、スタンスに注目!

ページTOPへ