これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

05/01
2017

mobamain

里山と共に生きることは、“予定調和”!

「さぁ畑を丹精するぞと思って腕まくりをしていても、
週末に限って大雨で世話ができないときもあるし、
こだわりの野菜でこだわりの料理をつくり、
こだわりの食器で食べたくても、草刈りが忙しくてヒマがなく、
干物とごはんで済ませるときもある。
そんなときにいちいち“わたしの考え通りの生活にならない”と落ち込んでいては、
夕日の美しさが目に入ってこなくなります」
と語るのは、東京の都会の暮らしと南房総市での
里山暮らしの両方を並行して体験している馬場未織氏。

うれしい話だねぇ~。
おっしゃる通り!里山での自然相手の暮らしは、
私たち人間の都合に合わせてくれないが、
そこにはたくさんのめぐみも与えてくれる。
私たちが自然の一部であることを度々教えてくれているのだ。
(毎年のように起こる自然災害も…)

私が「里山と生きる協会」設立に行き着いた理由がここにある。
人はやっぱり、出どころもこの地球の自然の中からだし、
都会に暮らしていたとしても生活のベースの基本は自然の中なのだ。
人が里山で畑を耕す行為も、
田んぼで稲をつくることも“予定調和(?)”ということ。
この里山との関係を継続することが、
日本としての自然の美しさを含めた“めぐみ”を受け続けられる理由となるのだ。

また、馬場氏は南房総市で里山暮らしを体験していると、
いつの間にか“大地と関わりたい”と思い、
生きものとして暮らすライフスタイルは、
生い立ちの中で漠然と欲してきたものではという思いに至るのだと。
そして、一番自分を駆り立てる
気持ちの根底には“この美しい風景を損ないたくない”
という思いからなのでは…というところに至ったという。

これぞ「里山と生きる協会」応援者となるべき人の言葉。
(まだ、連絡してないんだけど…誰かつないでください!)

また、この馬場さんの『週末は田舎暮らし』の中には、
東京から長野に移住したジャーナリストのこんな話も…。

「田舎で自然相手の生活をしていると、
自分以外のものに対してセンサーを働かせて関係をつくりながら過ごすことが多い。
そして何があろうとも自然にはいちゃもんがつけられない。
自分が自然に対して折り合いをつけていくほかない。
そのような自然相手の生活を失ったことが、
都市社会のクレーム体質になっているのではないか」と。
うんうん、理解できる。

てことは、都会の人たちが里山と深いつながりを持つことで、
あのエスカレートするクレーム体質もどうにかなるのかもしれないのだ。
もちろん、時間はかかるんだろうけどねぇ~。
日本人として、この美しい日本で暮らしていくには、
里山を守り、里山と共に暮らして行くことが大切ということなのだ。

そこで、私たちができることから里山を応援しよう!
7月6日の里山と生きる協会発足記念フォーラムに是非、参加を!

mobamain

『週末は田舎暮らし』馬場未織氏著

里山志向の目覚めフォーラム170308-1

7月6日の里山と生きる協会発足記念フォーラムに是非、参加を!

里山志向の目覚めフォーラム_170322-2

αクラブのページからもお申込み可能です

ページTOPへ
シナジースペシャル

05/01
2017

syn1

あなたは好きですか? 江東区

「あなたは好きですか? 江東区」
こんな動画を、我が社の現社長山田氏に見せてもらった。

江東区ならではの人情味あふれる下町情緒、
イベント、地域性などを1分間でアピールしたこの動画。
江東区が主催する「熱いまちKOTO動画アワード」という
動画コンペでグランプリをとったのだが…な、なんと!
この動画の制作グループのリーダーが、山田氏なのだ!

トロフィーを誇らしげに持ってきてくれた山田氏が
このようなアワードでグランプリを獲るのはこれで2度目。
じゃあ、結構応募しているのかと思いきや…
動画コンペに参加したのも2回目だという。
それじゃあ勝率100%の10割打者ということだ!
(やるねぇ~!)

ところで、彼は今回の「チャレンジ」で
どのようなことを得ただろうか。
私が考えるに、次のようなことを得たと思われる。

まず動画コンペにチャレンジするにあたり、
映像を撮る人、ストーリーを考える人、音楽をつくる人、
編集をする人…などなど、多くの人を巻き込んでいる。
つまり、人的ネットワークを得ている。
次に、音楽や動画編集などさまざまなスキル・知識・ノウハウを得ている。
さらに、江東区のことや、動画制作についての知識を得ている。
さらにコンペに参加した経験やグランプリを獲得した実績、自信を得ている。
そしてコンペ出場を通じ、審査員のテリー伊藤氏や
江東区長とも会い…というように、
次につながる出会いを得ている。

つまりこのチャレンジによって、
人的ネットワーク、スキルやノウハウ、知識、
経験・実績・自信、新たな出会い…
こんなに多くのものが得られたのだ。

さて、山田氏は日々のチャレンジを大切にし、
江東区の動画コンペグランプリにつながったわけだが、
これはまさに私が過去にお話ししてきた
「チャレンジは“リスク回避力”につながり、
そのリスク回避力が次なる大きなチャレンジにつながる」、
の体現なのではないだろうか!?

そしてやがて彼のチャレンジは、
“Think Global, Act Local”により、
ビジネスにとどまらずもっと大きな、
社会貢献のためのチャレンジにもつながるかもしれないのだ。
これは先日紹介した、物事を広く見渡す3次元的視点に
時間軸という4次元の目線を加えた、
中島流“3×4メソッド”を表しているといえるだろう。

やはりチャレンジの積み重ねこそが、
新たな道を切りひらいていくということだ!
さて、冒頭でお話しした動画、今後は区内外で活用され
江東区をアピールしていくという。
次は、どこで出会えるだろうか…!?

syn1

動画アワードのトロフィー!

syn2

江東区報にも大きく掲載

syn3

一番左が弊社社長の山田氏だ

ara4

リスク回避力が次なる大きなチャレンジにつながるのだ!

ページTOPへ
はなまるア・ラ・カルト

05/01
2017

ara1

“ブランディング1.3”

1mの棒の後に1m20㎝の棒を置いてみる。
意外に思われるかもしれないが、
その差をすぐに認識できる人は少ないという。

これが「1.3倍の法則」であり
人は脳で判断する時、比較対象に
1.3倍以上の差がないと
その違いを認識しにくい、というものだ。

先日、石川県にある和倉温泉に行ってきた。
一般的に和倉温泉といえば、
“加賀屋”という名が出てくるのだが…
私が訪問したのは多田屋。
業界通の知人からお墨付きがあり、宿泊したのだ。

その際、若旦那に話を伺ったところ、
この温泉地において加賀屋の存在は
とにかく大きいという。
がしかし、多田屋もその近くの立地ながら
どうにかその存在をアピールし、
お客様に選ばれているそうだ。

その理由は一体何か?

その若旦那は6代目。
和倉温泉においては、
加賀屋との差別化が重要だという。
(なんと、多田屋からほんの1、2分の場所に
加賀屋があるのだとか…)

そこで、多田屋のブランディングに打ち出したのが
「都会の喧騒を忘れて、
能登湾の静寂に身も心も委ねてほしい。」
というコンセプトだ。

加賀屋が大きな器を持つ
煌びやかなイメージの旅館だとすると、
多田屋は海を観る目線に合わせたような
シックで閑静な旅館。
だから、目の前に広がる能登湾から、
美しい夕日を堪能できることがアピールポイント。

つまり、静寂な温泉宿を楽しみたい人たちには
もってこいのスポットなのだ。

ここで“ブランディング1.3”が活きてくる!

たとえ概念・イメージ的なものでも、
1.3倍以上の差別化をしっかり図らなければ
その差を認識してくれないということ。

たとえば、ヨーロッパやアメリカの方々が
多く宿泊している庭のホテル東京。
アプローチや中庭の和のイメージだけでなく、
各部屋の茶器や障子など、こだわりの内装でも
他のホテルとは1.3倍以上の違いを伝えている。

つまり自分たちが1.3倍くらいの
差をつけたつもりでも、お客様にしっかり
その差が伝わっていなければ無意味なのだ。
・・・ということは、1.5倍を目指す位がちょうどよく
結果1.3倍位に落ち着くということだろう。

この“ブランディング1.3”をしっかり意識することが、
ビジネスを成功に導く展開といえそうだ!

ブランディングにも「1.3倍の法則」は活きているのだ。

ara1

和倉温泉「多田屋」6代目主人 多田健太郎社長

ara2

差別化を図ることで、ブランディングに成功している

ara3

木下彩社長の「庭のホテル東京」も“ブランディング1.3”の一例だろう

ページTOPへ
ページTOPへ