これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

12/09
2013

noryoku

中島流“脳力ソリューション”

脳の力は、土台となる地頭(OS)と、
これまでに身につけた知識やスキル、
経験値(アプリケーションソフト)で構成されている。

つまり、次なる行動や発言、
ビジネスにおいて成果をあげるために、
理解して意識してほしい発想が
“脳力ソリューション”だ。

もちろん、さまざな本を読んだり
セミナーに足を運んだりして
情報を蓄えることも重要だ。
しかし、それらを有効活用するためには、
情報を処理するOS力をいかに
アップさせるかが大切ということ。

特にビジネスにおいては、
OS力を鍛えないといい仕事もできないし、
成果をあげることもできない。

たとえば企画・編集業界であれば、
あらゆる経験や人から得た情報を活かし、
次の企画に役立てることが求められる。

つまり、吸収した多くの情報を、
OS力によっていかに有機的に
連携し新たなものを創り出せるかが重要だ
(これがなかなかうまくいかないんだなぁ~)。

OS力のレベルが高くないと、
いい結果にはつながらないということ。
では、そのOS力を鍛えるにはどのようにすればよいのだろうか?

私が近頃読んだ本
『日本人が知っておきたい心を鍛える習慣』
(上田比呂志・著)には、
「体力・精神力・能力を鍛錬しなければならない」
「恥をかくことは心の鍛錬に必要」
「過去にすがりつくと新しいものが見えてこない。捨てる勇気も必要」
(あっ、これは私の言葉だった!)など、
思わず納得の言葉がたくさん出てきた。

世間には、結果だけを重視して失敗や
大きなリスクを避けたがる人が多い。
つまり、失敗が怖いがためにチャレンジをしないのだ。

しかし、自ら壁に立ち向かい、
困難を乗り越えるために
どうしたらいいかを自分で考える
「プロセス」こそが糧となる。

失敗なくして成功はない。
失敗してもうまくいっても、
そこには必ず学びがある。
そのプロセスで得る経験や気づきこそが、
OS力を成長させるのだ。

「ここはうまいこと逃げよう」などと考え、
困難を避けて楽な方へ逃げてしまうようでは、
突破するためのスキルや精神力も身につかない。
つまり、OS力もアップできない。

日頃からOS力を鍛錬しておけば、
人間性が磨かれて人生が豊かになり、
多くの人を幸せにする力が得られる。
そして、ビジネスにおいては選ばれる立場になる。
そう、“道”を極めることは、
OS力を鍛えることでもあるのだ!

つまり、結果につなげるための発想と実践が、
中島流“脳力ソリューション”ということなのだ。

noryoku

key2

OS力こそが決め手となる!

ページTOPへ