これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

12/24
2013

key1

「即今・当処・自己 “そっこん・とうしょ・じこ”」

即今…「いつやるの?」「今でしょ!」
当処…「どこでやるの?」「ここでしょ!」
自己…「誰がやるの?」「自分でしょ!」
「即今・当処・自己」は、
大まかに言うとこんな意味の禅語だ
(ちょっと大まかすぎる!?)。

禅語とは、禅宗の心を説いた言葉のこと。
私がこのところ禅語に興味を抱いているのは、
友人である島津清彦氏の著書
『仕事に活きる禅の言葉』に出会ったからだ!

その本の中では、NBAのシカゴ・ブルズや
ロサンゼルス・レイヤーズを率いて、
監督として歴代最多の優勝回数を誇る、
名将フィル・ジャクソン氏が
取り上げられていた。

「勝ち負けにこだわるのをやめて、
一瞬一瞬のできごとに集中させれば、
物事は得てしてうまく運ぶものだ」

一瞬の判断を求められる
勝負事の世界において、
この境地に至るのは
さすがに難しいことだろう。

彼の采配のベースにはこの一言に
代表されるような禅の心があり、
それを活かしたチームづくりを
意識していたというのだ。

数ある禅語の中で私が惹かれたのがもう一つ。
「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」

毎日を過ごしていれば
当然いいことも悪いこともある。
しかし、自分がいる環境に逆らわずに、
その中でできることに
真っ直ぐに対峙していけば、
どんな日でも新鮮でいい日だということ。

そしてつい先日、親しくしている経営者が
創業40周年のイベントで、
今後会社が進むべき道として
二宮尊徳の言葉を語っていた。

「この秋は雨か嵐かしらねども、
今日のつとめに田の草を取るなり」

秋になると雨や嵐などいろいろな不安はあるが、
それよりも今できる草むしりをとにかくやっていく。
過去や未来を気にするあまり
今をおろそかにしてはいけない、という意味だ。

私は日々の生活において
自分なりのルールを決めている。

たとえば、どんなに時間がない時も、
たった10分だけでも
いつもの通り掃除をしている。

日常の一つひとつをきちんとこなしていれば、
いつも平常心でいることができ、
予想外のことが起きても
余裕をもって対処できるのだ
(どんなに急いでいても洗面所や台所を
綺麗にしてから出かけるのも、
それなのかも…)。

今回挙げた3つの言葉も
大枠の意味は近いところにある。

目の前のことを大切にしていけば、
必ず明日は拓けていく。
きっとそれはビジネスにおいても同じなのだろう。

いつの時代も、物事の真理は
同じところにあるんだなぁ…としみじみ!?

key

島津清彦氏・著 『仕事に活きる禅の言葉』

ページTOPへ