これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

02/10
2014

key (1)

“経営をデザインする”

「こんにちは!
経営コンサルタントの中島セイジです!」

これまで私は幸いなことに、
多くの経営者の方と出会い、
時には取材、時にはアドバイスを
させてもらってきた
(その数ざっと1,000人以上だろか…)。

そんな方々とお会いする際に、
いつも名乗っていたのが
“経営コンサルタント”という肩書き。

しかし、親しい経営者からは
「コンサルタントってなんか怪しいよ…」
「あんまり信用できる印象は受けないな…」
なんて(時々)言われることもあった。

確かに自分の中でも
“コンサルタント”という言葉に、
少し違和感を感じてきたことも事実。

そんな中、最近私がパーソナリティを務めている
ラジオ番組のInterFM『BUSINESS LAB.』や、
BRT(Business Round Table)という
10人くらいの経営者同士のアドバイス会議を通して、
私はあることに気づいたのだ。

それは、その経営者の性格、やりたいこと、
好きなこと、特技、思考の仕方など、
経営のやり方はまさに人それぞれだということ。

そして、その会社の規模、社歴、
もちろん業種業態によっても、
要求される経営方針はバラバラ。
同じケースなどないのだ。

つまり、経営は「百人百様」。
そして、「百社百様」ということだ。

各経営者がどのような経営手段をとるかは、
違って当たり前。
そもそも、ある決まったパターンに
落とし込もうとすること自体が難しいのだ。

そこで私は、
これから自分をこう呼ぶことにした。

「経営デザイナー」

文字通り経営をデザインするということ。
今までのように、
コンサルティングするというよりは、
それぞれの会社、経営者に合わせて、
経営を“デザイン”していこうと考えているのだ。

すなわち、組織づくり、
人づくり、お客さまづくり。
そして、事業戦略やブランディングをも
デザインするということ。

複雑化する経営には、
いろいろな要素が絡み合ってくる。

しかし、それぞれの企業には、
必ずその時に合致した経営の仕方がある。
経営はバランスであり、
ある意味ではセンスなのだ。

あらゆる角度から経営を考え、
経営者が自分や会社としっかり向き合って
“経営をデザイン”することを手助けする。

さて、これからは“経営デザイナー”として、
あらゆるところで発信していくぞ!

key (1)

今までは経営コンサルタント…

key (2)

これからは“経営デザイナー”だ

ページTOPへ