これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

07/07
2014

key4

“量は質に転化する”の実践

「成功者たちの共通点は、
成功していない人たちの嫌がることを
実行に移す習慣を身につけているということである。
彼らにしてみても、
必ずしも好きでそれを行っているわけではないが、
自らの嫌だという感情をその目的意識の強さに
服従させているのだ(E・M・グレー)」

これは、『7つの習慣』という本の中にある、
E・M・グレーが書いた論文の一節。
その内容は「成功者の共通点」について書かれており、
私も共感する部分が多い。
というのは、嫌だ・大変だと思うことを、
私もあえて実践・継続している。
それは「量は質に転化する」という考えを尊重しており、
また、それによっての成長も実感(?)しているからだ。

もっというと“「量は質に転化する」と信じて継続することが、
更なる継続と成長を生む”のである。
継続が生む成長を信じて、
続けることで、更なる成長を促すのだ。

私の場合、以下のような継続の例がある。

・経営者の会「アルファクラブ」22年目
・ビジネスの達人579週目(年数だと12年目!)
・月刊CD「ビジネス・イノベーション」11年目
・インターFM「BUSINESS LAB.」3年目
・週2回のランニングやジムなどの
自己鍛錬30年以上(洗濯物が増えて大変なのだが…)

etc.

その他にもたくさんのことを始めてきたが、
ほとんどが(?)現在に至るまで継続し、
「量」となり蓄積されている。

では、「質」はどうだろうか。
コンサルティングや講演などは、
回数を重ねることで、その内容や話し方、
アプローチの仕方を磨くことができた。
また、22年目を迎えるアルファクラブでは、
様々な経営者との意見交換を行ったり、
自分と同じような経験をした
経営者のブレイクスルー談を聞いたりすることで、
多角的な視点で経営を見ることができるようになった。
それはもちろん、自分の経営を磨くことにも繋がった。
このように、少しずつ質は向上し、
会社も自身も成長しているのだ(本当に、感謝である)。

ここまで紹介してきたように、
ビジネスや自分を磨くための行動を実践し、
量をこなすことで、少しずつ成長していく。
このことを信じて継続を重ねることが、
未来のビジネスや自身の
更なる成長に貢献できるのだ。

すぐヒットやホームランを打つことを
期待したいところだが、
しっかりした基礎がない限り、
継続した成績は残せない。
まずは誰でもできる
“量”から実践していこうではないか。

key1

アルファクラブも22年目!

key2

経営者の声が次なるヒントに

key3

体験型セミナーも数多くの参加者が

key4

継続の成果は少しずつ表れている!

key5

大変な事こそ成功への布石!

ページTOPへ