これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

05/11
2015

moba (2)

「未来Pad」が教えてくれた“存在価値”

大勢の人を目前に、
熱く講演をする人の姿が映し出された。
思わず「え?」と声が出てしまった。

カラダの線はいまと変わらないようだが、
画面に映るその人物の顔のシワを眺める。

白髪でヒゲも白いようだが、
これはまさか自分…?

一方で「未来Pad」を覗き込む、
いまの自分の姿は、黒い髪をなびかせ、
鼻の下にたくわえたヒゲも黒々としている。

実はこの話…30年前の私が「未来Pad」を通じて、
いまの私の姿を見たら、
きっとこんな感じだろうと仮想した話!

未来をもし見ることができたなら…?
見たいようで、見たくないかもしれない。

実際に30年前の自分といえば、
デザインを中心とした広告制作会社を創業して
3年が経った頃だろうか。

独立してから、
あまり時間が経っていなかったあの頃。

30年後に会社がこのようになり、
私も公演やセミナーの仕事もしている姿は、
想像できなかっただろう。

よ~く思い出して振り返ってみると、
当時は目指している
明確なヴィジョンってなかったような…
(全くなかったわけではないが…)。

なかったというより、
とても漠然としていた。

名誉や地位、会社の規模でもなく、
追い求めていたことといえば、
いい会社で在りたい、いい仕事をしたい!
ということ。

つまり、存在価値のある会社になろうという
気持ちが大前提だったのだ。

「未来Pad」のエピソードを通じて
30年前の自分に思いを馳せることで、
過去の自分がなにを目指して
ガムシャラに走っていたのか
思い出すことが出来た。

目指す途中にはもちろん、
予想だにしないトラブルや失敗は多くあった。

順調に前進ばかりして、
現在まで到達できたわけではない。
“三歩進んで、二歩下がる”の繰り返し。

それほど大きな仕掛けもせず、
ビジネスモデルもなく、
ペースは遅めだったかもしれない。
しかし、常に自分たちの実力を蓄えようと、
可能性を信じながら
仕事に取り組むことを徹底してきたのだ。

この仮想の「未来Pad」の話を通して、
改めて頭に浮かんだのは、
二宮尊徳が残した言葉の「積小為大」。

時間はかかったとしても、
まずは小さなことから積み重ね!

地位や名誉ではなく、
これから多くの企業が求めなくてはならないのは
“存在価値”だと思うのだ。

確かに時間がかかると思うが、
時間をかけて存在理由を宿らせれば、
その企業は崩れにくいはずだ。

自分たちの本当の価値を求めて、
小さなことからコツコツと!

そうすれば長く続けられ、
多くの人から支持されることになるはずだ。

実際に「未来Pad」のような
未来を見る道具が今後登場するかはわからないが、
先にある自分たちの素晴らしい姿を想定して
日々“積小為大”だ!

key (1)

ヒゲも髪も黒々としていた、あの頃

key (2)

もし自分の未来が覗けるとしたら…?

key (4)

30年後の自分を見たら、ビックリするだろうなぁ

key (3)

こんな未来が訪れる日も近い!?

ページTOPへ