これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

03/28
2016

key1

もっとその先へ“ゴーイングコンサーン”

昔の寿命は「人生60年」くらいだったが、
現代は80年や100年も珍しくなくなってきた。

それと同じように、企業の寿命も100年が当たり前に…
と言いたいところだが、
なかなかそうはいかないのが現状。

企業は半永久的に継続することは社会的責任だと言われており、
そういった「継続企業」を前提とする考え方を
「ゴーイングコンサーン」と言うのだ。
さて、それでは実際の状況はどうだろう?

現代の企業を中島的目線で見ていると、
“短期決戦”を前提に事業展開しているところが
ほとんどに見えてならない。

例えば、“今”の業績を上げたいから、
一時的に安くしてでもとか…。
ひとつの業態がうまくいったから、
すぐ多店舗展開にするとか…。
深夜の外食チェーン店などで問題視された、
“ワンオペ”で営業するとか…。

こんなことをしていて、百年企業になり得るだろうか?
従業員が安心して勤めるには、
30年後も継続するような経営を行わなければならないわけだし、
経営者はそれを目指して当然なのだ。

このような企業の継続をテーマに
話をしていると思い出されるのは、千疋屋総本店だ。
6代目当主を知っていることもあり、
以前取材させていただいたことがあるのだが、
その時は代々伝わる「家訓」についてお話してもらった。

「匆奢、匆焦、匆欲張
(おごることなかれ、
あせることなかれ、
よくばることなかれ)」だ。

これが百年企業になり得た理由であり、
百年企業だからこそ生まれた家訓なのである。
(みんな奢っちゃうし、欲張っちゃうからね~)

私が昨年から展開している十勝ワインヴァレー構想だが、
ぶどうは3年経たないと実がならないもの。

しかも収穫したぶどうが醸造されて
ワインになるには1年は必要だし、
さらに良いぶどうが出来るまでには何年もかかるわけだ。
ワインが長い年月をかけて熟成していくように、
企業はロングレンジで考えなければいけない。

そして、ロングレンジで考えるからこそ、
いま本当に取り組まなければならないことが見えてくるのだ。

今は経済効率の時代が終わり、
「ヒューマン効率」時代が始まろうとしている。
“ヒューマン効率”とは中島流のワードで、
人の本来の営みをベースにしたスピードと考え方のこと。
ビジネスにもこれを取り入れなければ、
地域や従業員から喜ばれる企業になれない。

働く父の姿を見て、
その子供が同じ企業に入りたいと思ってくれたら、
ビジネスマン冥利に尽きるのではないだろうか!

そういった企業をつくるためにも、
ゴーイングコンサーンを目指すのが当然ではないだろうか。

key2

千疋屋総本店はさすがの店構え

key1

ロングレンジの考え方だ

key3

仕事道も忘れずに

ページTOPへ