これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

07/11
2016

mawatteru

それ、回ってる!?

「それ、回ってる!?」なんていう
タイトルだけど、実は今回は、
“タテの発想”についてのお話なのだ。

ビジ達で何度も登場するこの“タテの発想”とは、
隣(ヨコ)の庭を気にするより、
自分の行くその先(タテ)を考えなさい、
ということ。

「回ってる」ってことは、
予定通り次なるところに進んでいるか、
循環しているかってことなのだ。

たとえばお金について考えてみよう。
これは回ってこそ役に立つもの。
長期にストックしてはダメなのだ。
誰に、何に、お金を使うのか。
より意味のあるところに、意味のある使い方をすることが
「回ってる」お金の使い方と言えるのだろう。

お金に限った話ではなく、
私が展開しているMemuroワインヴァレー構想もそうだ。
この構想を現地でプレゼンし、発信することで、
賛同者が現れ、農家や関係者が動く。
そして、ひいては町の人々の気持ちにも作用していく。
つまり伝播していくということ。
皆がこの構想で何らかの役割を担っていて、
次の展開へ向かって進んでいる。
これはまさに“回っている”ということ。

ポイントはヨコじゃなくて
タテに回ってるってところなんだよねぇ。
ヨコにいくら回っても前には進まない。
タテに回るからこそ前進(成長)出来るのだから。

次なるステージに向かっているか。
次なる世代に受け継がれているか。

うーむ、そう考えた時に、
私たちの会社の経営においても、
「回ってる」という発想はやっぱり大事なのだろう。

今春、1年目の新入社員が入った会社も多いだろう。
すると今まで新入社員だった人たちは2年目となり、
押し上げられるように次なる役割が出来る。
これもタテに回っていくということなんだけれど…。

つまり、そういうふうに組織がきちんと
循環しているかどうかが大事ってこと。
立場がかわり、役割がかわり、
次のステージで、次なる役割を演じられる組織こそ、
活きた組織となり、“タテの経営”へとつながるのだ。

去年の自分より、今年の自分は確実に成長している。
そして、今年の自分より来年の自分はまた成長していく。
これも回ってるってこと。
同じように回っているようで、
実はスパイラルとなっていて、
更なるステージで回っていく。

すなわち go around !(回って行く!)ということ。

人間関係だって回って行くべきだろうし、
事業だって回って行かないと成長しないし…、
私たちのあらゆるものが回って行くことが本来であり、
摂理だということなのだ。

この「回って行く」という考え方、
どんなことにでも当てはまりそうな気が…。
さて、ここでみなさんにも聞いてみよう。

それ、回ってる!?

mawatteru

大事なのは回って行くこと!

biji (1)

「タテの経営」のすすめ

ページTOPへ