これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

ファインスピリッツキーワード

04/03
2017

keymain

三浦大知のダンスから“風穴ビジネス”

ただ歌い、踊るだけではない。
三浦大知のステージは、今までの“当たり前”とは一線を画している。
歌唱力があり、ダンスパフォーマンスも素晴らしいが、
彼のステージはそれだけでは終わらない。

それまで流れていたBGMが止み、
バックダンサーと寸分違わぬ息の合ったダンスと
アカペラでステージが展開されていく。
そしてついには歌もなくなり、全ての音が止む中で彼が踊り始めると、
観客が「ワーッ!」と大きな歓声をあげるのだ。

これまで多くの人たちが “スゴい!”と評価してきたのは、
モーニング娘。やAKB48、EXILEのようにBGMも歌もダンスも…と
足し算をしていくエンターテインメント。
それが“当たり前”の中、三浦大知はBGMと歌を
ステージから引き算する予想外の展開で、
観客の心をグッと掴んだのだ!

そんな彼のステージをテレビで観た私の頭には、
“風穴”という言葉が浮かんできた。
閉塞感のある業界の“当たり前”に風穴を開け、
新風を吹き込んだ彼のステージ。
それはまさに風穴という言葉がふさわしい。

そういえばこの頃ビジネスにおいても、
“当たり前”に新風を吹き込む
風穴の存在をいたるところで感じるのだ。
中島流に言うと“風穴ビジネス”というわけ!

生活者と生産者の新しく便利なマッチングを展開する
プラットフォームビジネスに限らず、
“当たり前”に挑戦することで評価され、
選ばれるビジネスに成長していく。

たとえば、宅配ポータルサイトの「出前館」。
全国を対象とした出前のプラットフォームを作り、
多くの人たちに活用されている。

また、「airCloset(エアークローゼット)」は、
月額ファッションレンタルサービスとして
ファッションとの出会いを提供するだけでなく、
洋服の購買意欲を高めることにも成功している。
結果として150を超すファッションブランドが、
「airCloset」のビジネスモデルに協力しているという。

先日のビジ達でご紹介した「農家の直売所」も、
全国の契約農家の農作物を
全国の既存スーパーマーケットで販売することで、
新鮮なものを生活者に手頃に&速く提供するシステムをつくり上げた。
すると、流通が単純化されたことで
お客さまの反応が農家にも伝わるようになる。
農家はこれからの生産にお客さまの反応を活かすことができ、
より高い評価につながっていくというわけだ。

三浦大知のダンスと同じような、
これまでの“当たり前”に新風を吹き込む“風穴ビジネス”。
今後さまざまな経営者が新しい発想をしていくことで、
“風穴ビジネス”はさらに増えていくだろう!

keymain

三浦大知のステージは、“当たり前”に風穴を開けた!

key2

「出前館」を運営する夢の街創造委員会株式会社の中村社長

key1

株式会社エアークローゼットの天沼社長

biji4

「農家の直売所」も“風穴ビジネス”と言えるだろう!

ページTOPへ