これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

はなまるア・ラ・カルト

03/04
2013

ara

“見・投資”流 ワークライフバランス

日本人の平均睡眠時間をご存じだろうか。

20代は約7時間半。
30代は約7時間。
40代・50代は約6時間半。

「おいおいおい。」と私は思うわけだ。
若者よ、たっぷり寝ている場合じゃないぞ、と。

「鉄は熱いうちに打て」とはよく言ったもので、
20代はビジネスシーンにおいて
もっとも吸収力があり、
柔軟にものごとを学べる時期。
だからこそ、この時期に集約して多くのことを
学ぶべきだと思うのだ。

こんなことを考えながら、心の中で若者へ
エールを送っていると、
このところよく耳にする「ワークライフバランス」
という言葉が頭を過ぎった。

「ワークライフバランス」とはご存じのように、
仕事と生活をバランスよく調和させ、
各々に合った生き方を実現する概念のこと。
(その解釈のほとんどは、
「働き過ぎに注意」って感じ!?)

だが、ちょっと待て。
本当にその時々の仕事と生活の
バランスを考えるだけでいいのだろうか?

20代の時に努力を集約することで、
質の高い学びが得られるというように、
その世代に合った
適切な生き方(仕事と生活のバランス)を
するのは大事なこと。

しかし多くの人たちが語るワークライフバランスは、
世代に関係なく、仕事と生活のバランス! と
発信するだけ。

これには意義アリ!

先を見通し、その世代に合った
適切な時間を投資する。
まさに私が提唱する“見・投資”の
理念を盛り込むことで、
真のワークライフバランスは完成するのだ。

この理念の重要性は、「秋山木工」からの
教えが裏付けてくれた。
僭越ながら、私が勝手に考えさせて
いただいているステージ名とともに
「秋山木工」のワークライフバランスを
紹介したいと思う。

まず入社してから4年間は、「丁稚ステージ」。
1日15時間以上(?)を費やし
丁稚として修行に励む。
これは、職人にとって最も大事な
「人づくり」を若いうちに徹底しようという取組だ。

20代前半では、この膨大な時間投資を経て、
このステージをようやくクリアすることができる。

そして、次なる20代後半から30代にかけては
「発揮ステージ」。
ここでは1日10~12時間程度を投資し、
学んだことを職人として実践。ひたすら経験を積む。

次の40~60代は「大志・育成ステージ」。

このステージは、投資時間自体は
8~10時間程度でいいだろうが、
残りの時間を人と会ったり、本を読んだりと、
先のために仕入れをしないといけない時期だろう。

また、経験を積んだ中年だからこそ
できることを考え、
次世代の育成も担っていくステージでもある。
“中高年よ、大志を抱け!”ということ。

このように、ワークライフバランスに、
“見・投資”という概念を加えると、
当然、世代によって仕事にかける
時間は変わってくる。

ビジネスステージにおける40年という長い年月。
“見・投資”のあるワークライフバランスを
意識して実践することで、
そのプロセスで得られる貴重な経験やノウハウを、
より有意義なものとして吸収していこう。

いくつになっても人から期待される
自分でいたいからねぇ~

ara

仕事道の極意から相乗効果!

ara1

バランスが大事! とは言うが…

ara2

しっかりとしたビジョンはある?

ŽdŽ–“¹

これからも成長あるのみ!

ページTOPへ