これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

はなまるア・ラ・カルト

10/07
2013

ara (3)

“惻隠の情”

講演会参加者は800人、名刺交換には100人の列…。
そんな大人気の鍵山相談役の講演会の数日後に、
なぜ木南社長は鍵山相談役から
御礼のハガキをもらうことができたのだろうか。

9月に開催した鍵山塾。
そこでゲストとして招かれた
株式会社新宮運送の木南一志社長に、
鍵山相談役の出会いの話を聞くことができた。

当時、掃除に興味を持ち、鍵山相談役の講演会に参加した木南氏。
800人にも上る参加者がいた講演会では、
鍵山相談役と名刺を交換するために100人の列ができていた。
そこで、木南氏も名刺の交換をするのだが、
なんとその3日後に鍵山相談役からハガキが届いたというのだ。
あの大人数の中で、なぜ自分に…と木南氏は思ったという
(鍵山相談役曰く、名刺交換の際にピンときた人だけに
ハガキを出しているという)。
これが、木南氏と鍵山相談役との出会いだったそうだ。

木南氏がガンを患った際には、
入院中に鍵山相談役からプロポリス(健康食品)と
書籍の「晏子」4巻が届いたという。
木南氏は「なぜ私ごときに一部上場企業の創業者が
ここまでしてくれるのか?」と感動したそうだ。
そのとき、鍵山相談役を動かしたものは、
“惻隠の情”だったのではないだろうか?
(私が勝手に思っているだけですが…)

“惻隠の情”とは、相手(他人)のことをいたましく思って同情する心。
弱者をいたわる思いやりの心を目指す、
武士道の真骨頂ともいえる教えだ。

これは「孟子」から来ている言葉で、
もともと人の中に自然に備わっているという。
その心に従って行動することにより、
やがては人の最高の徳である“仁”に通ずる、とされている。

また、“惻隠の情”は、人を変える力があるという。
入院中に鍵山相談役から受けた“惻隠の情”は木南氏を感化させ、
思いやりをもって行動を起こすきっかけになったのだ。

それを表す事件が、2012年に起こった取引先である
化学会社の爆発事故という出来事だ。

化学薬品をトラックで輸送するという
仕事が多かった木南氏の会社では、その事故により、
売り上げの6割を失うという大きな痛手を負った。

苦境に立たされた取引先や仕事が無い社員を見て、
木南氏の中に芽生えた発想は、掃除。
取引先の化学会社の周辺を仕事が無くなった
運転手たちと共に早朝掃除をしたのである。

そして、その運転手たちの一定の給料も
保証するという決断を下したのだ。
これは、まさに“惻隠の情”ではないだろうか。

自らが苦境に立たされた際に鍵山相談役から受けた思いやりや、
その後の鍵山相談役を信じて行う徹底した掃除から、
その心は感化されていたのだ。

そして1年が経った現在では、
その化学会社からの仕事も半分ほどまで復活しつつあるそうだ。

現在の社会(ビジネス)においては、
このような“惻隠の情”を発信していくことは難しいのかもしれない。
つい自分のことや会社の売り上げにばかり目が行き、
大変な状況の人たちを思いやる心を忘れがちだ。
そんな時代だからこそ、ビジネスにおいても、
“惻隠の情”が必要とされているのかもしれないのだが…。

う~ん、なんにとっても難しい概念なんだよねー。
もっともっと精進しなきゃ。


ara (1)

やはり奥深い掃除道!

ara (2)

木南氏のエピソードに一同共感

ara (3)

難しいけど大切な”惻隠の情”!

ara (4)

ページTOPへ