これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

はなまるア・ラ・カルト

04/07
2014

ara1

春爛漫の理由

「ほんの~ち~いさな~できごとに~♪」
チューリップの「サボテンの花」の
鼻歌が出てくるほどに外はすっかり暖かくなって、
春爛漫を感じるこの頃である。

今の家に引っ越したとき、祝いにいただいたサボテン
(100円ショップでの)も、1、2センチだったものが、
今ではまんまるく10倍ほどの大きさになり、
何と綺麗なピンクの花をたくさん咲かせるまでに
なったのだ(そこで先程の歌となったわけだが…)。

では、なぜここまで見事な花を咲かせるほど
成長したのだろうか?
もちろん、南向きの出窓が日当たり良好で、
こまめに換気をしていることも要因なのかもしれない。

しかし、私がここでお話したいことは
そこではなく、重要なポイントは
目に見えない環境なのでは、ということ。
実際、私はすでに何度か鉢を替えてあげたりして、
根に良い環境を演出しているのだ。

私自身にしても、同様のことが言える。
この家に住んで6年経つのだが、
とても住み心地がよくて、
いつも帰りたくなる環境なのだ。
それはなぜか?

きっとサボテンの土壌の話と同じことで、
手入れをしている環境こそ、家に帰りたくなる理由となる。
これはまさに、物事の本質や重要な部分は、
隠れたところ(根?)にあるということなのだろう。

「奇跡のリンゴ」でお馴染みの木村秋則さんが
言ってる通り、目に見えないところを。
どう演出してあげるかが肝心なのだ。
通常は、ついつい目に見える花や茎ばかり見て
対応してしまいがちだが、実は鉢の中であり、
根がどんな状態かを察知することが重要なのだ。

目に見えないという点では、部屋の空気の状態にも
同じことが言えるだろう。
目に見えない空気感が花たちに影響して、元気になる。
それはもしかしたらビジネスも同じで、
社内に“陰”の空気が流れているか、
“陽”の空気が流れているかで、
事業の業績にも大きな影響を及ぼすのではないか。

4月を迎え、我が社にも新入社員が数人入ってきた。
彼らが将来、大きな花を咲かせる人材に成長できるかどうか。
それもまた、目に見えない土壌や空気感に
かかっているに違いない。

ara1

土壌の良さが咲かせたサボテンの花

ara2

日当たり良好で毎日活き活きしている観葉植物

ページTOPへ