これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

はなまるア・ラ・カルト

06/09
2014

ARA (3)

ジェントルマンズ・クラブの格式

イギリスと言えば、
数々の格式高い紳士の文化や歴史、
品格が知られているが、
その中でも、それを肌で感じられる場所が
“ジェントルマンズ・クラブ”だろう
(実はその存在をあまり知らなかった私なのだが…)。

その一つに“ナショナルリベラルクラブ”
という130年以上の歴史を持つ
ジェントルマンズ・クラブがある。

通常ならば、
私たちのような海外研修で来る短期渡航者は、
足を踏み入れることができないほど
格式高い場所である。
だが、幸運なことに、今回のガイドの方が
ナショナルリベラルクラブの会員だったこともあり、
訪問することができたのだ。

一歩踏み込んだそこには、
宮殿のような高い天井とイギリスの歴史を感じさせる
装飾や絵画、銅像など、格式の高さを
感じさせるものばかりが鎮座していた。

かつては、貴族階級の政治家や
ノーベル賞受賞者のような
イギリス紳士のVIPが、
密会や議論を繰り広げたり
するような場であった。
さらに、女性の入店が
許されていなかったという。

しかし、時代が変わり、
今では女性はもちろん
中産階級の人たちも、
夕食やパーティーの会場として
利用するようになったという
(もちろん、会員の存在は必要だが…)。

私たちが訪れた時は、70代と思える
紳士6~7人がソファーでお茶を飲みながら
話し合いをしており、
その光景はイギリス紳士を
代表するような様相を呈していた
(思わず、私たちのための
“仕込み”かと思ったほど! ? )。

その後、私たちは老舗の“パブ”
にも行ったのだが、そこにいる紳士たちも、
ナショナルリベラルクラブにいた人たち同様、
うるさい声をあげることなく、
穏やかにコミュニケーションをとっていた
(私が日本でいつも行く喫茶店とはえらい違いだ)。
そして、ある5~6人の紳士グループは
約2時間ほど立ったままで会話を楽しんでいた。

ロンドンでは、ジェントルマンズ・クラブにいる
人もパブにいる人も、自分がどうあるべきか、
またどう振る舞うべきかの
紳士としてのマナーを…
いや、誇りを持ち合わせているということだ。

彼らは、次の時代にもその誇りを
継承していくことが、
自分の存在理由と感じているに違いない。

そうした意識がジェントルマンズ・クラブや
パブの“品格”として表れている
のではないだろうか。
重厚感のある建物や装飾の力にだけ
頼るのではなく、イギリスの格式高い雰囲気は、
そこにいる人たちによっても支えられ、
これからも継承されていくのだろう。

日本人にも“日本の品格”を意識して
次に繋げてもらいたい。
まずは、私自身から品格を…。

ARA (4)

ナショナルリベラルクラブ正面口

ARA (3)

店内に鎮座する格式高い像

ARA (2)

クラブの食事スペース

ARA (1)

クラブのバルコニー

ページTOPへ