これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

はなまるア・ラ・カルト

12/10
2012

Exif_JPEG_PICTURE

5代目吉田カバンのご利益

ついに、ついに5代目を手に入れました。パチパチパチ~!
…一体何が5代目なのかって?
実は、愛用している吉田カバン製のリュック(かっこいいバッグ)が
5代目に突入したのだ。

初代を購入したのは、たしか15年前。神田のカバン専門店、
レオ マカラズヤでのこと(その名の通り本当にまけてくれない…)。
そこでこのリュックと出合ってからは、
ずっと同じタイプのものを購入し続けている。

振り返ってみると、2代目は吉田カバンに修理をしてもらい、
大切に使ってきた(今も時々活用している)。

しかし、3代目でまさかの事件!
なんと、バルセロナ旅行中にリュックごと盗まれるという悲劇が…
(きっとバルセロナで大切に使われているはず)。
そんな悲しみをのりこえて再び購入したのが、今使っている4代目になる。

その4代目も4年目を迎えていた今年、
このリュックがもう店頭には並ばないとの話が飛び込んできた。
慌てて問い合わせてみると、
注文がいくつか重なればつくってくれるとのこと。

4代目もだいぶ使いこんできたし、この機会にと
早速表参道のクラチカ(吉田カバンの直営店)へ注文。
先日5代目とようやく対面することができた。

私がここまで愛着を持つのは、とにかく使い心地が
素晴らしいことにある。生地の作りは丈夫だし、
肩にかけても手に持ってみても、抜群の安定感と美しさ。

こんなにも手に馴染むリュックを生み出せるのは、
吉田カバンに掲げられた「一針入魂」という社是が大きなポイントだ。

この言葉には、「使うほどに馴染み、
長く愛用していただけるカバン作りを目指す」という、
創業者の吉田吉蔵氏の理念が込められている。

吉田吉蔵氏がカバン職人の道を歩み始めたのは12歳の時(1918)。
そこから修行の中でカバンを愛し、革を愛し、
それ以来、愛用されるカバンを生み出す職人として生きた。

その思いは創業者亡き後も受け継がれ、
今も昔も、全て職人が一針一針手を
かけて作っている。
心のこもったモノづくりだからこそ、
私にとって手放せない愛用のバッグとなる。

使い心地が良いからこそ、
他のカバンを買う気にもならない。
つまり、バッグという道具については
これさえあれば何の心配もいらないのだ。

だからこそ、日々の生活の中で注力したいことに
全力で挑めることとなる。

この15年間、このバッグのお陰で
多くのことに集中でき、
たくさんのチャレンジをすることができた。
それこそが吉田カバンの“ご利益”。

良いモノづくりはそのモノ自体が
使いやすいだけではなく、
他の要素にも良い波及をもたらすのだ。

Exif_JPEG_PICTURE

PORTERとは、ホテルなどで荷物を運ぶボーイのこと

Exif_JPEG_PICTURE

初代、2代目、4代目も大切に保存(3代目は…)

Exif_JPEG_PICTURE

表参道にある直営店、クラチカヨシダ

ページTOPへ