これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

はなまるア・ラ・カルト

02/18
2013

130210_122249

中島流“前始末”

はっきり言おう! 私はマラソンが嫌いだ!
学生のころからいろいろ運動はしてきたが、
走るのはそんなに好きではなかった。

しかし、なぜだろう。
いつの間にか「走っておかなきゃ…」と
自然に思うようになっているのだ…。

気付けば東京に出てきて約40年。
ランニング歴は35年(?)になった。
つまり上京してからほとんどず~っと走ってきたことになる。
(週に1、2回、約3~5Kmの距離だけどね~)

何が私をそこまで駆り立てるのか。
それは“健康”こそ“前始末”の最たるものだということを何気に知っているからだろう。

前始末とは、何かトラブルが起きてから行う“後始末”とは違い、未然に問題となりそうなポイントをカバーしておくこと。
すなわち、リスクマネジメントなのだ。

私、中島で言えば、クリエイティブな仕事をするための前始末としては、やはり“健康な状態を保つこと”“情報の仕入れをすること”なのだ。
(不健康なときに万全の状態のような良いアイデアなんて出てこないしね~)

常に健康でいれば、
スケジュールも変更することなく、人との約束も守れる。
また、何か突然のトラブルが起きたときも、
迅速な対応ができるのだ。

この基本的な健康要素は、
仕事をする上で、当たり前のようだけど一番重要なのだ。

つい“健康”という言葉を使っているが、
この2文字にはフィジカル面はもちろん、
メンタル面も含まれている。

走ったり、筋トレをすることは、
この両面をうまくフォローすることができるのだ。
もしかしたら、フォローするだけではなく、
アグレッシブさも身につけれるのかも……。

まさに「健康こそ前始末の最たるもの」なのだ。

私はよく会社で、
「もっと運動した方がいいんじゃないの?」
「体を動かした方がいいんじゃないの?」
なんてスタッフに声をかけたりする。

するとスタッフは、
「ランニング嫌いです…」
「冬は寒いし…」「文系だったし…?」

まったく…こういうことを言うスタッフに限って、
度々病気になったり、遅刻をしたり、休んだりする。
結果、人との約束を反故にして、
信頼を失うことにつながる。
そして、本当の勝負どころで力を発揮できなくなるのだ。

やはり中島流の前始末は、まずは“健康”。
健康こそが人として一番重要だというということ。
つまり、基本的な凡事の徹底こそ何より大切なのである。
(運動だけではなく掃除、洗濯も当然そこに入る!)

さぁ、今日はジム行こうか、皇居を走ろうか。
体と心のバランスをとるために一汗かいてくることにするか!

110704_215955

いい汗かいて健康維持!

ara2

体が勝手にジムへと向かう…

130210_122249

皇居ランニングでパシャリ!

ページTOPへ