これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

06/19
2017

moba (2)

待ったなし!土俵には金が埋まっている

待ったなし!と親方が声をかける。
ゔわっ!の声と共に身体と身体がぶつかる音。
その迫力がすごい。

いかに相手と呼吸を合わせるか。
互いに真剣にいい立ち合いをするかなのだ。
ここ芝田山部屋での稽古の真剣さが伝わって来る。

今回は、力士が18人も稽古場にいた。
すると四股を踏む者もいれば、
腕立て伏せをする者、
柱を相手にてっぽうをうつ者もいる。

それでも土俵の周りには
大きな身体の力士がぞろぞろと。

そこで親方がもう一度
“待ったなしでいけ”の一言。
これはどういう意味なのか。
ただ立ち合いを合わせろと
言っているわけではない。
どんどん申し合い稽古をくり返せということ。

力士たちに相撲を取る機会を少しでも
多くしてあげたい、という親方の想いからの
一言だったのだ。
(それでものらりくらりの力士には、
親方の叱責が…これで緊張感が増す)

やっぱり“土俵には金が埋まっている”からねぇ~
角界は、強い者にはお金もついてくるということ。

どんどん稽古をして強くなれば、
当然、勝つ率も高くなり、番付も上がって行く。

そして、給金相撲で勝てば、
力士褒賞金(成績給)も上がるということだ。
(わかり易い角界なればこその仕組みがある)

さて、私たちのビジネスはどうだろうか。
これほど“地位とお金”という成果には
結びつかないが、しっかりチャレンジし
稽古をした者には、当然結果はついてくる。

常に“待ったなし”の思いで、
多くのチャレンジをくり返せば、
その体験はリスク回避力の増強となり、
ビジネスセンスも磨かれることに。
そして、その実績は次なる
チャレンジ内容に影響し、その結果には
十分反映されるのだ。

すなわち、私たちのビジネスの土俵には、
直接的な“お金”こそは埋まってはいないが、
“ヤリガイ”であり、自分としての“存在理由”は
埋まっているということではないだろうか。

もしかしたら、“お金”より、価値あるものが
埋まっているようにも思えるが…

とにかく、待ったなしのチャレンジを!

moba (1)

身体と身体がぶつかる

moba (2)

迫力

moba (3)

moba (4)

moba (5)

moba (6)

ページTOPへ