これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

07/18
2017

mobam

“変えるなら奥さんよりも壁の色!”

清澄白河で久々に目にした例の
キャッチフレーズ。
奥様を“取り替える”ことは、
そりゃ大変だからねぇ。

いまどきなら…
“変えるなら旦那よりも壁の色”となるのかもしれない。
そりゃ、クルマ買うにしても旅行に行くにしても、
決定権は奥様にあるわけでして…

えっ、このキャッチコピーは
奥様を取り替えるという意味ではない!?
夫婦で喧嘩をした時、周りの模様(壁)を
変えることで雰囲気を変え、
仲をとりもつ役割を果たしたい…
という意味だと佐々木社長が語っている。

佐々木社長とは…
このキャッチフレーズの発信者であり、
外壁塗装とリフォームを手がける
“株式会社ささき”の社長さんである。
ただ、このキャッチコピーを創ったのは、
先代(父)だとか。

まぁ、本来の意味はともかく、このインパクトある
キャッチフレーズはかなり受注に貢献しているようだ。

先代は、とにかく新しいものを開発することが
好きな発明家で、いくつもの商品特許もとっているという。

やっぱり、他に追随するのではなく、
常に自社オリジナルの発想を追求し、
チャレンジし続ける企業が
選ばれるということなのだろう。

中島流の法則
“相乗効果はチャレンジの二乗に比例する”ということ。

それにしても、このキャッチフレーズは、
もう何十年使っているのだろうか!?
誤解されることが多いと佐々木社長は語っていたが、
結果として多くの人たちに注目され受注に
つながるわけだから素晴らしい。

“変えるなら奥さんよりも壁の色”
う~ん、やっぱり多くの人の目にとまり、
思わず読んでしまい、くり返し読んで
みたくなるこのフレーズがスゴい!
(奧様方の反感を買いながらもだけど…)

こんな人の気を引くキャッチフレーズで思い出すのは、
30年前くらいの“としまえん”の傑作広告
“プール冷えてます”くらいだろうか。
ちょっとした誤解であり、食い違いこそが
人の気を引き記憶に残すということ。

ここまでAIが進化してくると、
まさにこのような人の気を惹きつけられる
キャッチフレーズがAI広告マシンから
次から次へと生み出されるときが来るかもしれないのだ!?

いや、もしかしたら“変えるなら壁の色よりも奥様!”
というマッチングサイトが出現するかも…
まぁ~すぐ炎上するだろうけど…

moba

なんども読み返してしまう

moba2

“相乗効果はチャレンジの二乗に比例する”

ページTOPへ