これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

03/04
2013

そのマンゴプリンそんなに美味しいですか?

私「この“メロ”ってどんな魚なんですか?」
ゴムっぽい前掛をしたスタッフ「メロはメロだよ!」
私「…………。」

なんだ、この対応は! と、怒りが。
でも、なかなかはっきりと言えないタイプの私は、
何も返さず、その売場に背を向けて帰路についたのだ。

実は、メロは通称銀ムツのことなのだが、
法律の改正により原産地などの
名称表示をしなければならず…
ということで、デパートの地下食品売場での
先程のやり取りとなったのだ。

それからというもの、私はその魚売場は
あえて避けるように。

実は、スーパーマーケットでも
デパートの食品売場でも、
このお客さまとの接点こそが、一番大切なところ。
当然、レジもその接点のポイントとなるわけで…。

いまどきの売場は、セルフサービスが多く、
お客さまとの接点は、かなり限られている。
だからこそ、その接点がお客さまとの大切な
コミュニケーションの場となるのだ。

レジでは、「お待たせいたしました。
〇〇カードはご利用ですか? 失礼いたしました」。
お客さまと目も合わせず、
マニュアル通りの言葉を投げかける。
ほんとにこれでいいの?

お客さまとの接点ということは、
対応次第では、よりいい関係も築けるということ。

実は、しばらく前に、あるスーパーマーケットで、
レジのお姉さんが私を見て、こんな投げかけをしてくれたのだ。

レジのお姉さん「そんなにそのマンゴプリン美味しいんですか?」
私「まぁね、これを冷凍庫で冷やして…………」
レジのお姉さん「私も試してみよう~っと」

私とのこのやり取りで、
いま買ったばかりのマンゴプリンを
彼女にプレゼントしたくなったほど心が動いたのだ。

接点が少ないからこそ、その接点が大きなポイントとなるってことだ。

それほど美形ではなかったお姉さんだったが、
すご~くチャーミングに見えたのはもちろんだ。

Exif_JPEG_PICTURE

マニュアルのみでは寂しい

Exif_JPEG_PICTURE

心のあるレジ係りを目指して

ページTOPへ