これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

05/13
2013

mobatop

“士魂商才”の仕事道

「店主、思い切って店員を切りましょうか」
「ならん、ひとりの馘首(かくしゅ)もならん」

1945年9月17日の出光商会重役会議でのやり取り。
ならん! と言ったのが創業者の出光佐三翁なのだ。

石油の販売を主業務としていて、
一切石油が入って来ないとき。
すなわち、仕事がない状況。

そして、戦争に負けたことにより今後、
満州を中心にアジアの出光の各支店から700人、
軍の関係から100人以上の店員が戻って来ようと
している中でのやり取りだった。

誰ひとりもクビにしない、と明確に言い切ったのだ。

その理由は……出光商会の事業はすべてなくなり、
残っているのは借金ばかり。
しかし、わが社には、何よりも素晴らしい財産、
すなわち1000人にも及ぶ店員たちが残っている。
出光の“人間尊重”の強い信念からだ。

まさに“士魂商才”。
武士の心を持っての商いなのだ。

このような決断の繰り返しの結果。

役人が協力、銀行のトップが賛同、軍人も、
そして、石油会社ライバルのアメリカ人までもが、
出光佐三氏の“仕事道”に惚れ込む。

『海賊とよばれた男』は百田尚樹氏の小説だが、ノンフィクション。
もしかしたら、フィクションでもここまでの
素晴らしい決断者が今までいただろうが。

私たちは、ビジネスにおいて、ついつい流されての
決断しかしてないのではないだろうか。
場当たり的決断ばかりしているのでは…。
多くの人たちの平均的決断しかしていないのでは…。

大きなチャンスは、その“決断”によってこそ
現れるのではないだろうか。

打算の決断からは、人々の感動も賛同も生まれやしない。

一見、古く感じられる“士魂商才”は、
先義後利であり、まさしく、これからのビジネスの
“仕事道”と思われる。

──────────────────────

こちらもこれからのビジネス!
“大里の仕事道”がBUSINESS LAB.に再登場!

大里綜合管理株式会社
代表取締役社長 野老真理子さんが登場する放送は、
5月19日・5月26日です♪

InterFM『BUSINESS LAB.』
東京76.1MHz・横浜76.5MHz
毎週日曜6時から好評放送中!
──────────────────────

moba

上巻も下巻も読み終わった!みなさんも是非!

moba2

大里総合管理の野老社長も先義後利

ページTOPへ