これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

06/24
2013

moba (1)

“二度目の正直”が使える!

毎朝のゴミ拾い。

タバコの吸殻も爪楊枝も拾う。
アメの小分け袋もガムも数多く拾う。

ガムは今朝のように雨が降った後が拾いやすい。
表面が硬化し、ねばつかないからだ。
タバコは逆に水分によりふやけてしまい、
くずれて拾いにくい。

ゴミ拾いのポイントは、まずは目についた
大きなゴミをさささ~っと拾う。

ところが、まだまだ細かいタバコの吸殻やガム、
楊枝などが残っていることに。
そこで、もう一度同じところを細やかな目を
持って拾うのだ。

これを中島流では“二度目の正直”という。

そう、この二度目により、そのゴミ拾いの
精度がグ~ンと上がるのだ。
それでいて、効率もよくスピーディ。

私は、この“二度目の正直”ルールを
いろいろな場面でよく活用する。

例えば、私たちの業界では、「校正」という作業がある。
まずは“素読み”。

すなわち、原稿と照らし合わせず読む
(声に出すように)ことによって、
マクロ的な問題点に気づいたり、
基本的間違いを見つけることができたりする。

デザインをしたり、原稿を書くときもそうだ。
まずは一度、勢いを持ってあらかたを仕上げてしまう。

そして二度目は、細やかな気づかいで
その目的に向け着地させる。
もちろん、その精度を上げるため、
三度目があってもいいのだが…。

この“二度目の正直”ルールは仕事だけでなく
さまざまな場面で活用できる。

先程も語ったように、“一つずつ完ぺきにしていく”より
精度も上がり、効率も素晴らしくいいのだ。

昨日の“宝塚記念”も、このルール“二度目の正直”を活用すれば、
応援していたゴールドシップに行き着くし、
2着をあれこれ考えるより、総流しとなるし…歓喜のウハウハだったはず。

何で、後楽園も浅草のWINSも素通りしてしまい、
買うの忘れたんだろう…ブツブツ。

では、ゴールドシップの“三度目の正直”を期待して…


moba (1)

毎日毎日拾っても、ゴミはなくなることを知らない

moba (2)

雨の日も風の日もやるぞ!

moba

歓喜のウハウハ・・・どこえやら

ページTOPへ