これからの選ばれるビジネス!

これからの選ばれるビジネス!中島セイジのビジネスの達人

HOME

ビジネスの達人

モバイルショット

09/09
2013

写真

2020年 東京から何を発信する?

2020年「東京五輪」決定。
1964年東京五輪から56年。
再び東京での開催が決定した。

ワーイ! ワーイ。ヤッター!
と日曜の早朝、どのテレビもブエノスアイレスから中継していた。

もちろん、小躍りこそしないが私も
“よかったねぇ~”と思ったのだが…、
なんとそのテレビに見入っていたがため
日曜早朝の自分のラジオ番組を聴かずに終わってしまったのだ。

あちゃー、それほどオリンピック招致を
気にかけていたわけじゃなかったのに…。

まぁ、自分のラジオ番組を聴けなかった話はともかく、
土曜夜の日本のプレゼンテーションに不満が!

確かにどのプレゼンターの話も小気味よく
頑張っていてよかったのだが、
何かプレゼンに“不足”があるように思えてならないのだ。

東京は安心安全だよ、コンパクトなオリンピックを実現するよ、
いまどきの技術も活かした会場であり、発信もするよ、
観光名所だってこんなに…。

そして滝川クリステルのフランス語でのプレゼンですと言いながらの
日本語での“お・も・て・な・し”は面白かったしよかった
(滝川クリステルが私好みという感もあってか?)。

これは日本ならではの文化であり価値観“おもてなしの心”を
活かしたオリンピックとしますよ、と伝えたかったのだろう。
これはGood!

バスケットボールで遊ぶ子供の物語映像も
完結編もありよかったのだが(子供たちの夢)、
もっとしっかり、この東京オリンピックで世界に何を発信、
そして貢献していくのかを伝えてほしかった。

1964年の東京五輪は、日本の経済的復興が大きな目的だった。
当時小学校4年生の私も、
その後の日本の発展を目の当たりにしてきた。
しかし2020年日本は、それを1番に掲げる立場ではないはず。
今後の世界のために、“オリンピックという地球規模の祭典を通して
どんな貢献をしていくのか”だろう。

ライバルだったマドリードもイスタンブールも、
さすがにそこを大きく掲げる立場ではないと思うからだ。

私たち日本はこの東京五輪を通じて、
今後の世界の平和と人類の幸福のために
日本ならではの○○○をテーマに…
なんていうプレゼンをしてほしかったなぁ~。

ところで2020年、あなたは何歳になってる?
7年後だから私は…えっ65歳! 年金受け取り年齢だよ…。
まだ、走れてるだろうかぁ~もう、ボルトも走ってないだろうなぁ~。

moba1

祝・東京五輪開幕決定!

moba2

マスコミも大盛況

ページTOPへ